000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カブリエルの日常

カブリエルの日常

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

カブリエル3

カブリエル3

カテゴリ

フリーページ

カレンダー

ニューストピックス

コメント新着

カブリエル3@ Re[1]:エディ・ヴァン・ヘイレンが逝ってしまった(10/07) としちゃんさんへ 本当に残念です。 青春…

お気に入りブログ

株と競馬で財を成そう ハム太郎ちゃんずさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019年06月28日
XML
カテゴリ:音楽
キリ良くインストが10曲になりましたので、これまでに
使用したZOOM G3のアンプモデリングとセッティング、
そしてサンプル曲をまとめてみました。
 
G3やその後継機の購入を検討されている方に少しでも
参考となれば幸いです(後継機では更なる音質向上が
期待できます)。
 
因みに音源はCreofugaというサイトに置きました。
ここはMP3のみの対応ながら、今のところ高音質で
お聴き頂けます(音源そのものの音質が大したこと
無いのですが・・・)。
ただ残念な事に、楽天ブログではCreofuga上の音源を
埋め込み表示する事が出来ない様です。
 
しかし改めてG3の性能には驚かされます。
機材としてはもう古い物となりましたが、デモ作りでは
今でも十分使えます。
ロングセラーとなったのも納得の逸品です。
 

 
--------------------------------------------------------------
 
【前提】
 
・ギターのピックアップはハムバッキングタイプを使用。
・MTRはBOSSのBR1600CD(古いデジタルMTR)を使用。
・MTR側でのイコライジングはリードギターの低音を少し
 カットした程度(基本的にG3そのままの音)。
・リバーブやディレイはG3でなくMTR側で付加。それ以外は
 G3内のエフェクトを使用(注釈に記載)。尚、全ての
 モデリングでZNR(G3内のノイズリダクション)を使用。
・G3とBR1600CDはUSBでなくアナログケーブルで接続。
  
-------------------------------------------------------------- 
 
【ハイゲイン系】
 
BG DRIVE((Mesa Boogie DualRectifier)
  
・Gain  :  45
・Tube  : 100
・Trebl :  52 
・Middl :  50 
・Bass  :  50 
・Prese :  55 
・Cab   : BG DRIVE 4×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
 
・​Hard luck man​​
 
 ※ギターのピックアップはリアを使用。
 ※この曲に限らず、"Nostalgia"以外の曲であれば
  BG DRIVEを全般的に使用しています。
 
 
DZ DRIVE(Diezel Herbert)
 
・Gain  :  50
・Tube  : 100
・Trebl :  55
・Middl :  47
・Bass  :  51
・Prese :  55
・Cab  : DZ DRIVE 4×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
 
・​Nostalgia
 
 ※ギターのピックアップはリアを使用。
 
--------------------------------------------------------------
 
【クランチ系】
 
BG CRUNCH(Mesa Boogie MkⅢ)
 
・Gain  : 100
・Tube  : 100
・Trebl :  51
・Middl :  42
・Bass  :  59
・Prese :  61
・Cab  : BG CRUNCH 1×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
 
・​Graduate

 ※前半と終盤のアコギをバックとするリード部で使用。
 ※ギターのピックアップはフロント&リアのミックス。
 
 
HW STACK(Hiwatt Custom100)
 
・Gain  :  65
・Tube  : 100
・Trebl : 100
・Middl : 100
・Bass  : 100
・Prese :  50
・Cab   : HW STACK 4×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
 
・​Twilight
 
 ※イントロを始めとするカッティング及び中盤の
  アルペジオ等で使用。
 ※ギターのピックアップはフロントを使用。
 ※アルペジオではVibrato(Depth:40 Rate:30 Bal:72 
    Tone:7)を掛けています。
  
 
MS 1959(Marshall 1959 Plexi)
 
・Gain  : 100
・Tube  : 100
・Trebl : 100 
・Middl : 100
・Bass  : 100
・Prese :  50
・Cab   : MS CRUNCH 4×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
  
・​Twilight
 
 ※サビ等のハイゲイン部を除くリード部で使用。
 ※ギターのピックアップはフロントを使用。
 
 
VX COMBO(恐らくVOX AC30)
 
・Gain  : 100
・Tube  : 100
・Trebl :  50
・Middl :  50 
・Bass  :  50 
・Prese :  50 
・Cab   : VX COMBO 2×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
  
・​Last voyage
 
 ※最終盤(ギターのみになる所)で使用。
 ※ギターのピックアップはフロント&リアのミックス。
 ※M Comp(THRSH:50 Ratio:1 ATTCK:1)を掛けています。
 
-------------------------------------------------------------- 
 
【クリーン系】
 
FD COMBO(Fender Twin Reverb('65))
 
<セッティングその1>
 
・Gain  :  20
・Tube  :  65
・Trebl :  52 
・Middl :  40 
・Bass  :  52 
・Prese :  60 
・Cab   : FD COMBO 2×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
  
・​Last voyage
 
 ※イントロのカッティング及び中盤部のアルペジオで使用。
 ※ギターのピックアップはフロントを使用。
 ※COMP(Sence:3 Tone:8 ATTCK:Slow)を掛けています。 
 ※イントロではVintageCE(Comp:2 Rate:25 Mix:50)、
  中盤のアルペジオではVinFLNGR(セッティング失念)を
  掛けています。
 
 
<セッティングその2>
 
・Gain  :  20
・Tube  : 100
・Trebl :  50 
・Middl :  50 
・Bass  :  50 
・Prese : 100 
・Cab   : FD COMBO 2×12
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
  
・​The elderly man
・​Bomb
 
 ※随所のクリーンカッティング部で使用。
 ※ギターのピックアップはフロントを使用。
 ※何れもCOMP(Sence:2 Tone:5 ATTCK:Slow)を掛けています。
 
 
Aco.Sim(エレキ→アコースティックのシミュレータ)
 
・Top   :  75
・Body  :  71
 
[サンプル曲(タイトルクリックで開きます)]
  
Graduate​​
  
 ※前半や終盤のアコギによるコード弾きで使用。
 ※ギターのピックアップはフロント&リアのミックス。
 ※M Comp(THRSH:31 Ratio:4 ATTCK:10)及びAir(Size:28 Tone:7
    Mix:77 Ref:8)を掛けています。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2019年06月28日 21時00分10秒
コメント(0) | コメントを書く
[音楽] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.