568647 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛ぶように売れる製造業『日はまた昇る!』

どん底なら穴を掘れ!

■日付

2004年 1月 1日 (木)


■タイトル

2,004年・・・どん底なら穴を掘れ!


■本文

皆さん、明けましておめでとうございます。

2,004年、平成16年の幕が開きました。

新年になって、午前0時過ぎに『バカの壁』の著者養老猛司氏と作家犬養道子氏の対談が放送されていた。

すべて見たわけではないが、二人とも解り易い言葉でテレビ向けに話していたので、私でも理解できることも多かった。

中でも印象に残ったのは、日本人はいざとなった時、いわゆる切羽詰った時に余裕がなくなり、硬くなって動けない人が多いと言うのだ。

もちろん、そこにはユーモアをなど存在しない。

養老氏が面白い話を紹介されていた。

日本人がどん底の時には、きっと良くなるというようなことしか言わないが、イタリア人なら『どん底なら穴を掘れ』と言うらしい。

私は、思わずテレビを見ながら、笑ってしまった。

どん底ならもっと深い底を作れと言うのだ!(笑)。

この開き直った精神は、素晴らしい。

日本人なら悲壮感が表に出てしまうのだろうが、どんな時でユーモアを忘れない、笑いを忘れないというのは、飛躍するための重要なヒントかもしれない。


それから犬養氏もなるほどと思わせることを言っていた。

『決して頑張ってはいけない』

頑張るということは、意識しなくてもやってしまうので、意識して自分を雁字搦めにしてしまうと、むしろマイナス効果になるということだと思う。

これも『どん底なら穴を掘れ』と共通した、力を抜け気楽に行けということだろう。

私が、日記やメルマガを書き始めてしばらくして、頑張らずに気楽にやろうと思ったら、プラス効果になったと思うので、力を抜くというのは、これも大切なことだと思う。

もちろん、なにもしないで、力を抜きっぱなしというのはいけませんが(笑)。


『どん底なら穴を掘れ』・・どん底ならもっと深い底を作れというユーモアと笑いの精神と、『決して頑張ってはいけない』・・力を抜いて気楽にやるという二つは、モチベーションを高めて目標に向かって行く為には、常に忘れてはいけないことだと思う。






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.