006517 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

納得の家づくり

納得の家づくり

2024.07.03
XML
カテゴリ:アート


ベルリン分離派(Berliner Secession)は、ドイツ語圏で活動した芸術家集団であり、1899年にマックス・リーバーマンを初代会長として結成された。彼らは伝統的な芸術に批判的であり、新しいアプローチを模索しました。

展覧会には外国人作家も参加し、一部の国粋的な画家が脱退するなど、展覧会ごとに変化がありました。1910年には表現主義の作品が拒絶され、新分離派が誕生しました。1914年に自由分離派へと発展し、1923年まで展覧会を続けました。

ベルリン分離派はドイツモダニズムの一形態と見なされ、他のいくつかのドイツ分離派(ユーゲントシュティールやミュンヘン分離派など)の直後に発生しました。この運動は、1891年にベルリンで開催された国際美術博覧会をきっかけに始まりました。ベルリン芸術家協会の委員会がエドヴァルドムンクの絵画を拒否したことが論争の発端となりました。

当時のドイツ美術はフランスの影響を受けており、ナショナリズムや政治への関心が高まっていました。芸術家や収集家はフランス自然主義を拒絶し、ドイツ観念論に関心を持ち始めました。

カール・シェフラーなどのベルリン分離派メンバーは、知覚と概念によって芸術スタイルの違いを区別しました。知覚は物理的なものを描写し、これはフランス風の芸術とされました。一方、ドイツ人は概念的な画家であり、アイデアや概念からインスピレーションを得て作品を創りました。

ベルリン分離派のメンバーは表現主義の芸術家や印象派の傾向を持つ芸術家たちとも展示を行いました。彼らは異なる芸術スタイルを持ちながらも、当時の考え方に基づいて作品を制作し、美術の検閲に反対しました。

マックス・リーバーマン( Max Liebermann, 1847年7月20日 - 1935年2月8日)はドイツの画家で、ベルリン分離派の創立者の一人である。彼はユダヤ人実業家の息子で、法学や哲学を学んだ後、絵画を勉強した。ベルリンに戻り、田園の人物や富裕階級の生活風景などを描くようになり、ドイツの印象派の代表的作家となった。

彼は1899年から1911年までベルリン分離派を指揮し、高齢でありながら、ドイツの絵画界で指導的存在だった。ナチスの権力掌握後はユダヤ人の出自によって非難されるようになり、名誉総裁の称号を返上した。彼は1935年に亡くなり、葬儀にはごく少数の人々しか立ち会わなかった。


ヴィルヘルム2世(Wilhelm II., 1859年1月27日 - 1941年6月4日)は第9代プロイセン国王兼第3代ドイツ皇帝であり、1888年から1918年まで在位した。彼は帝国主義政策を推進し、第一次世界大戦を引き起こす一因となった。大戦後、彼はオランダで余生を送り、帝政復古派の運動を支援したが、帝政復古は実現せず、最終的に独裁体制が成立した。彼は1941年に逝去した。ドイツ帝国最後の皇帝である。

ドイツのモダニズム(Die Moderne)は、20世紀初頭のドイツにおける芸術・建築・デザインの運動や思潮を指します。この運動は伝統的な価値観やスタイルを打破し、新しい革新的な方向性を模索しました。ドイツモダニズムは、アール・ヌーヴォーから派生した形而上 Expressionism(表現主義)や建築家ウォルター・グロピウス(Walter Gropius)によるデッサウ・バウハウス校などが有名です。

表現主義または表現派は、感情を作品に反映させて表現する傾向を指す芸術運動です。特に、20世紀初頭にドイツで始まったドイツ表現主義やそれに影響を受けた芸術家や作品を指します。この運動は抽象表現主義などに発展しました。英語では、「表現主義」(Expressionism)と「印象主義」(Impressionism)は語形だけでなく対立する意味も持っています。

印象主義は、19世紀後半にフランスで興った美術運動で、光や色彩の印象を捉えることを重視しています。代表的な印象派の画家には、モネやルノワール、ドガなどがいます。印象派の作品は、主観的な印象や瞬間の情景を描写することに特徴があります。これらの作品は、実際の光の効果や自然の美しさを表現するために、色彩や筆触を自由に使っています。

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch , 1863年12月12日 - 1944年1月23日 )は、ノルウェー出身の画家です。彼は『叫び』の作者として知られ、ノルウェーでは国民的な画家として有名です。


フランス自然主義は、19世紀に現れた文学運動であり、文学作品や芸術作品において現実主義に基づいた描写を重視し、特に人間の本能や環境による影響を強調した文学のスタイルです。自然主義の作品はしばしば社会的な問題や人間の本質を厳しく描写する傾向があります。エミール・ゾラ(Émile Zola)の作品が自然主義文学の代表的な例とされています。

ドイツ観念論は、哲学の分野で重要な学派の一つです。この学派は、18世紀後半から19世紀初頭にかけて、主にカント、フィヒテ、シェリング、ヘーゲルなどの哲学者によって発展しました。ドイツ観念論では、個人の意識や思考、知識、そして現実の本質を理解するための観念(idea)に重点が置かれます。この学派は、理性、自己認識、歴史的発展などの概念を中心に、人間の認識能力や宇宙の本質について探求しました。特にヘーゲルの哲学がこの学派の中で重要な位置を占めています。


世界の名画 エドヴァルド・ムンク 叫び F6 [g4-bm210-F6](代引き不可)









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.07.04 15:31:37
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.
X