336775 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケンゴの部屋

6月18日山梨県採集

2006 山梨県オオクワガタ採集

ケンゴがケガをしたため、6月18日の山梨の大会は棄権した。
実はこの試合のあと、オオクワガタ採集をするつもりで
池さんと約束していたので、朝9時に待ち合わせる。
ところがこの日は前夜からの雨が降り続く。

予定通りに池さんと合流するが、
さすがにこの雨では厳しいので、やむまでは
クワガタショップを経営するK君のところへ
遊びに行った。
オオクワガタはもちろん、格闘技からYAZAWA話で
盛り上がり、気が付けばすでに午後。昼食までご馳走になってしまった。
外を見るとようやく雨がやんでいるので、ボチボチ山へ
入ることに。

午後3時。まずは前回、ケンゴと割った材へ。
オオクワガタの幼虫を採集しているので期待十分だ。
交代しながら割っていくと、池さんが2令をだす。
どうみてもオオクワガタである。
それから1時間半にわたり、削った結果、
3令2頭、2令5頭(うち1頭は★)を採集できた。

しかし、もう夕暮れ。奥地の樹液がでる木を見にいかなければならない。
脚立を持って道がない急斜面を上がる。
身体が悲鳴を上げるが、ここは我慢だ。
やっと目的の大木が現れた。
オオクワガタは潜んでいるだろうか?

雨で濡れた樹皮がすべる。やっと登って洞を見ると
コクワガタはいたものの、オオクワガタの姿は見えない。
他の木を見てもやはりいない。池さんも手応えがない様子。
ひと通りチェックしてポイントを移動する。

だが、このときすでに足がガクガクになっていた。
材割りで体力を使ったあと、斜面を上がり高い木に登ったため
予想以上に筋肉に負担をかけたからだ。
木に登ったときはすべって転落しないように、
踏ん張ったのも一因だった。

このままでは危険なので、あまり木に登らなくても済む、
平場を中心に探索していく。
だが、ここ数日の大雨の影響で樹液が流されている木が
多く、虫の出が悪い。これ以上採集しても
結果は見えているので8時前、終了とした。

久しぶりの樹液採集だったが、日照不足で少し遅れている
ような感じだった。それでも日ごとに本格化するだろう。
いよいよオオクワガタの王道採集、樹液の季節がやってきた。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.