790690 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日常茶飯事

日常茶飯事

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年05月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
桐島洋子と麦茶と煎餅と
(きりしまようことむぎちゃとせんべいと)



何となく本棚の本を見ていたら
「刻(とき)のしずく」桐島洋子著
あれっこれ読んでいない!

ヒンズー教では人生を四つのステージに分けて暮らすという
勉学や就業に励む「学生期」
職業を持ち家庭を営む「家住期」
その務めも果たし自然に向き合って自分自身の人生を
静かに見つめる「林住期」
そして家を捨て死に場所を求める
放浪と祈りの余生「遊行期」

洋子さんは林住期の真っただ中で書いた本である
この本を買った時私も林住期の真っただ中だったのだ
どうして読まなかったのだろう~~
私はもうすでに「遊行期」に入ってしまった!

久し振りに買った煎餅を齧りながら
テンポの良い歯切れのよい洋子節に魅せられてゆく~~





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024年05月23日 16時51分41秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.