118785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

髭爺ちゃんログ

PR

X
2006.07.31
XML
カテゴリ:日常
写真は、子を捜す母親カルガモ

カルガモの親、近所を「がぁがぁ」と
狂ったようにわめきながら動き回っている。
人が集まってきた。
「子供を捜しているのではないか」という。
耳を澄ましてみると、どこからか「ぴよぴよ」と鳴く声。
そこにパトロールカー登場。
(呼んだのか偶然か不明)
警官と婦警の二人も捜索に加わる。
ふたをしている「側溝から聞こえるようだ」と。
側溝に耳をつけてみると泣き声が聞こえる。
側溝の隙間から右往左往しているのも見えた。
ふたを何箇所かはずし、5羽を救出する。
後の2羽の救出に手間取っているうちに、
親鳥は5羽を引き連れて巣に帰ってしまった。
後の2羽の運命は?ご想像に...。






Last updated  2006.08.02 06:33:24
コメント(2) | コメントを書く
[日常] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


5+2=?   龍の森 さん
 2羽を置いてった親鳥は 人間なら 保護責任者遺棄致傷とか遺棄致死罪になります、確か?
 ちょっと 7になったのか 気になります・・・

親鳥は たしざん 無理なのでしょか? 
(2006.07.31 22:07:24)

弱肉   nishiyan さん
2羽は、天敵のエサにどうぞでしょうね!
へびの食料ですね。
へびも、猛禽類からすれば、エサですからね。 (2006.08.01 07:38:20)

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.