ルーズ&ルーズ 反省しない酔っぱらいの備忘録

タコ料理レシピ

 

 

食道楽は最終的に自分で料理を始める!

 

「雲さんのブログ内にあるタコ料理をもっと詳しく説明してください」

 

「タルタルソース+パン粉和え オーブントースター焼き」編

 

男の料理なんで調味料の分量・加熱時分などはテキトーです。( ´艸`)

 







冷凍タコ 常温解凍

冷凍タコ 

タコは「ヌメリ&水気」をとって冷凍しておくと
一年は美味しく食べれると言われてます。

実際、一年・・冷凍放置したことありますが
「味&食感」には違和感はありませんでした。

表面の「色&ツヤ」が無くなるかな?
胃袋に入ってしまえば関係ねぇ~(^O^)/

個人的見解ですが
400~600グラムくらいのタコが
料理もしやすく美味しいし、食べやすいです。

↑ の冷凍タコは400グラム弱×2

部屋内で常温解凍しておきます。
一度、冷凍状態のものを熱湯に入れたところ、
タコの皮が弾けたのと湯がくのに時間がかかりました。(^▽^;)






下茹で

下茹で

タコが余裕で浸かる深い鍋を用意。

沸騰した湯に「うどんだし」よりも薄く色づくくらいの
醤油を入れてください。

↑ パスタを湯がくのに少量の塩を入れるね(^-^)/
同じ要領と考えてください。

グツグツ沸騰した湯に一度に全部、ゆっくりと入れます。
(湯がきムラ防止)
入れた当初は湯の温度が下がりますが、再沸騰するまで待ちます。

再沸騰しだすと火を止めて、2・3分の蒸らし




水切り

水切り

ざるに取って、アラ熱がとれるまで常温放置

アラ熱をとらないうちからカットしてしまうと
タコの旨みエキスが流れ出てしまいます(ノ◇≦。)

これからの料理をしやすいように
吸盤にたまった水気も丁寧にふき取っておきましょう




タルタルソースとパン粉

 

タルタルソースとパン粉

タルタルソースがなければマヨネーズでも OK(^-^)/
パン粉の目の粗さは何でもOKです。
この料理用に買ったものでなく、たまたま家にあったものを使用
(目の粗さ細かい)



タコ+パン粉+タルタルソース


タコ+パン粉+タルタルソース

パン粉の量 → カットしたタコを覆い尽くすくらい
タルタルソース → 今回、400グラムのタコにたいしてチューブ半分

経験からパン粉&タルタルソースを入れすぎた?みたいな!?
量であっても大丈夫です。

むしろ・・少なかったときのほうが「失敗したな」感が発生します。(;^_^A




オーブントースターへ イン


オーブントースターへ イン


タコ+パン粉+タルタルソース オーブントースター焼き

 

タコ+パン粉+タルタルソース オーブントースター焼き

焼き時間は一度湯がいてるので
焼き色が付くまでオーブントースターの窓口を見守るだけ!

 

パン粉&タルタルソースを入れすぎたのと違うの?
と感じられた方も居ると思いますが、
↑ 出来上がりを見てもらうと、上手く纏まってるのがわかるでしょう(笑

 

タコとマヨネーズの相性の良さと
焼いたときに出る、タコの旨みをパン粉がガッツリと受け止めてる
極上の一品となってます。

 

ニンニクパウダーをふりかけるのもありかな?(笑

 


 



Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.