1315620 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

きょう聖(ねこミミ)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

おすすめ書籍:デマの正体


許されざる悪徳元弁護士 山崎正友の正体


謀略の裏にいる者たち


「被害者の会」の正体


日顕、大豪邸の大ウソ


謀略集団・妙観講


山崎正友とオウム真理教


竜年光らの難癖、全面敗訴


山崎正友の政治家騙し


矢野絢也の疑惑・暗躍


ニセ法主・阿部日顕


「政教一致」って、なあに?


ガセネタ屋、乙骨正生


菅直人の悪辣発言など


日顕宗は大敗北


竹入義勝の学歴詐称


元祖デマ男・藤原弘達


宗教弾圧の政治家は滅亡


矢野穂積による情報操作


永田偽メール事件の先例


山崎正友一派の大ウソ


元祖デマ雑誌・月刊ペン


竹入義勝を糾弾する


信平醇浩・信子の狂言訴訟


矛盾だらけ日顕の血脈相承


盗聴報道裁判で妙観講敗訴


選挙といえば共産党のデマ


乙骨正生、6件目の敗訴


政教一体ってなあに?


思想・哲学・指導


人間のための宗教


忘れ得ぬ恩師の指導


創価の父・牧口先生の指導


7・3、創価の師弟の日


いじめた側が100%悪い


政治について


「水俣病」の50年を考える


「靖国問題」ってなあに?


公明党の教育提言


【小説】ガンダムAGE


ガンダムAGEの2話、3話を作り直す 上


ガンダムAGEの2話、3話を作り直す 下


ガンダムAGEの4話を作り直す


ガンダムAGEの5話、6話を作り直す 上


ガンダムAGEの5話、6話を作り直す 下


ガンダムAGEの7話、8話を作り直す 上


ガンダムAGEの7話、8話を作り直す 下


【小説】ウェア・ウルフ


【小説】ウェア・ウルフ その1


【小説】ウェア・ウルフ その2


【小説】ウェア・ウルフ その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム


【小説】ねこミミ☆ガンダム 1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第2話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第2話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第2話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その?


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その4


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その他


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第5話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第5話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第5話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第6話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第6話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第6話 その3


副腎疲労と低血圧に勝つ!


副腎疲労と低血圧に勝つ! 間食について


低血圧に勝つ!コレステロール+ホルモン


ロカボ食で低血圧がよくなった


日本人の歯の健康を守れ!


2009年08月18日
XML
カテゴリ:年金・医療
2009年8月18日 18:53:27

 冷静になって考えると、民主党の「年金案」には、本当にムリがある。
 理由はとても簡単。
 理解するまでに、時間はかかってしまったが。

 いわゆる「年金の問題」とは、2つに分けられる。
 つまり、年金の「制度」(=公明党が主導して改革した制度)と、「業務」(=社会保険庁による年金記録の移行などの業務)。

 要するに、「制度=公明党の改革」「業務=社会保険庁の業務」、どちらに問題があるのか?

 世界的にみて、日本の「年金制度」が、そこまで悪い制度とはいえないだろう。
 度重なるマスコミの「誤報」で、不安を煽られてはきたが、実際の「制度」は改革により磐石だ。
 ちなみに、「未納が増えて破綻する」「給付が50%を下回る」というが、マスコミの「誤報」
 マスコミも「年金制度」が理解できていなかっただけらしい。

 もちろん、年金が経済などの「諸要因」に左右されるのは仕方ない。
 それは「今の年金」「民主の年金」も同じこと。
 むしろ、年金の存続は「制度」ではなく、それ以外の「諸政策・諸要因」で決まるといえる。

 公明党は先入観をもって見られることはあっても、そこまで問題のある政策を提案するような政党ではない。
 それに年金制度は、さらに改革をしていけば、より良くなる。
 公明党はマニフェストで無年金・低年金の対策を、具体的に提案をしている。
 納付期間を10年に短縮、追納期間を5年に延長、低所得者の年金額を25%増やすなど。
 財源が必要なものもあるが、安心のためには必要だろう。

 問題があるのは、年金の「業務」だ。
 世界的にみて「社会保険庁」ほど、ヒドイ「業務」をした組織も無いのでは。
 大問題を起こした公務員として、ギネスブックにも載れるだろう。

 ならば「年金改革」とは、“業務についての改革”でなくてはいけない。

 こう考えると、民主党の年金案では改革にならない。
 民主は、社会保険庁を国税庁と合わせて、「歳入庁」にするという。
 「公務員」の地位が守られる社保庁の職員は、だれよりも喜んでいることだろう。
 また、そのためには、何の問題もない「制度」を根本から変えて「(一部)税方式」にしなくてはならない。
 これには大変な時間と労力がかかる。
 ちなみに、途中から年金の「制度」を変えた国はないという。

 例えるなら、民主案は泥棒に入られた家(=年金)のほうが問題だとして、家の“間取り”を変え、泥棒を逃がすようなもの。
 ちなみに、“間取り”を変えるだけで、家の“大きさ”“安全性”は変わらない(=一部税方式にしても、大部分は今と同じ)。
 移行には20~40年の期間と、年間24兆円ほどの新たな財源がいる。

 どう考えてもムリがある。
 民主の年金案だけは止めるべきと思う。







最終更新日  2009年08月18日 18時54分04秒
[年金・医療] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.