027995 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

がんのコミュニティ

がんのコミュニティ

2013年09月21日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
これまでのがんが形成されていくプロセスに、新しい仮説が出てきてるそうです。

がん幹細胞(がんかんさいぼう)は、がん細胞のうち幹細胞の性質をもった細胞。体内のすべての臓器や組織は、臓器・組織ごとにそれぞれの元となる細胞が分裂してつくられる。この元となる細胞(幹細胞)は、分裂して自分と同じ細胞を作り出すことができ(自己複製能)、またいろいろな細胞に分化できる(多分化能)という二つの重要な性質を持ち、この性質により傷ついた組織を修復したり、成長期に組織を大きくしたりできる。がんにおいても、幹細胞の性質をもったごく少数のがん細胞(がん幹細胞)を起源としてがんが発生するのではないかという仮説があり、これをがん幹細胞仮説という。がん幹細胞は1997年、急性骨髄性白血病においてはじめて同定され[1]、その後2000年代になって様々ながんにおいてがん幹細胞が発見されたとの報告が相次いでいる。

二人に一人ががんに罹る時代、更に画期的な治療ができることを待ちたいです。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2013年09月21日 21時55分25秒
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

心のアトリエ

心のアトリエ

カレンダー

お気に入りブログ

デトックスライフ 生活刺激隊さん

コメント新着

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
生活刺激隊@ Re[1]:がんの遺伝子治療(03/28) メール、有難うございます。体調はいか…
オニャンキー@ Re:がんの遺伝子治療(03/28) 初めまして。 「がん」という検索から…
心のアトリエ@ メール有難うございます♪ ケリーさん、メール有難うございます。私…
ケリ-1974@ はじめまして 私も ここ最近がんに罹ってしまう方が多…

フリーページ

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.