000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

絨毯屋へようこそ  トルコの絨毯屋のお仕事記

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

mihri

mihri

Calendar

Category

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

2008年09月24日
XML
カテゴリ:絨毯屋の仕事
ミフリ社長はこの4日間、何をしていたかというと、引っ越しをしていた。
引っ越しと言っても同じビル内で、地下のカフェを1階に、1階にあった絨毯屋を地下へ移動しただけなんだけど・・・・。

ときどきモノを移動するのは、掃除にもなる。

カレイチからドーガラジへ引っ越しをして、ちょうど1年になる。
気分転換にもなるし、新規一転がんばろうという気持ちにもなる。

スタッフや常連さんは、隠れ家的な地下カフェがお気に入りで、移動したくなさそうだったけど、地下の広いスペースで好きなだけ絨毯を広げられるミフリ社長はこの移動がちょっとうれしいのである。

荷物だけスタッフに運んでもらって、あとは絨毯、キリムを広げながら、楽しみつつ、お片付け。

途中、スタッフのお父さんとミフリカフェで待ち合わせしていたアンタルヤ県知事が地下へやってきて、「絨毯屋はこっち(地下)の方がやっぱりいい」と。
そして広くなったから目につくようになった古い民具などを「うちにもこういうのがあったよ。人にあげてしまって、もうないけど」と懐かしそうに見ていった。

片付けはあと1、2日かかる。
でも怖いのは、これだけのスペースがあると、家具系を買いそうなこと。
実はいくつか目をつけている古い家具があるのであるが、いままでは置く場所ないしなあ・・・・と諦めていた。

トラック運転して、大量に運んできても驚かないでくれ・・・・・。
あっ、でもまた引っ越しするとき大変だしなあ・・・とか、揺れているミフリ社長であった・・・・。

そして、禁煙になった1階のミフリカフェは・・・・・というと・・・・続く。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2008年09月24日 05時47分33秒
[絨毯屋の仕事] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.