254976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まだまだ続くし~付点の足音~

全5件 (5件中 1-5件目)

1

済んだことではありますが

2010.08.13
XML

2010     8/13(金)

 

 

こんにちは minminです。

 

遊園地でもなく プールでもなく 
ゲーセン ショッピングセンターでもなく・・・。
「気分転換にどこかへ連れて行ってあげてください」と
義父の施設の医師からは私の顔を見るたびに
そう言われます。
外食や受診の後のコーヒーぐらいでは 
もうダメなのでしょうか。

 

先日は義母とshinと4人でお墓参りをしてみました。
外出=帰宅と考えてしまう義父なのですが
とりあえず勘違いのまま有料道路に乗り
鎌倉の霊園を目指しました。

 

車の中ではずっとず~~~~っと
「ボクは幾つだ 今日は何月だ 孫は何人だ…」等々
数種類の質問をくり返していましたが
知りたいこと 知っておきたいことは即ち気になること
なのでしょう。
「今日は8月8日 お年は88歳。八にご縁がありますね」と
3人が代わる代わる答えました。
私は運転に集中したかったのですが まさか寝たふりを
するわけにもいかず・・・。
TVのゲーム番組みたいに答札を作ってくればよかったね~
なんて苦笑しながらの5時間でした。

 

 

昼食に寄ったお店で席順を待っている時でした。
1歳半くらいの女の子が両親と若いおばあちゃん風の
女性とお店に入ってきました。
靴を脱がせてもらいパパと手をつなぐと
どうしたことかそれはそれは見事な爪先立ちで
その女の子は廊下を歩き出しました。
誰かに教えてもらったようでもなく とても自然な
安定した足取りに思わず拍手をしたくなったのですが
ついさっきのお墓での義父の覚束ない歩行や
娘達の幼い頃の様子とも重なり 何だかちょっと
複雑でした。



 

 

 

ライン アイビー

 

 


 




    八朔と

    云う名の町に

    暮らせども


  
    齢も知らず


    八月も知らず




        
     み


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2010.08.14 10:17:15
コメント(4) | コメントを書く
2009.04.12

2009      4/12(日)

 

こんにちは minminです。

 

2回とも延期の理由は高齢者関係でした。
我が家の義父 Mちゃんのお姑さんの
退院だったり入院だったり。
その度にTちゃんは日時を調整してくれました。

 

そして先日の水曜日。
3度目の・・・ということで漸く再会することができました。
Tちゃんとは約半年ぶりでしたが Mちゃんとは
高校卒業以来と分かりプチ同窓会は話せども話せどもの
一日となりました。

 


懐かしい事も今の事情も将来の夢も・・・上野公園の
桜は聞こえていたのかいないのか。
ただただ美しく吹雪いてくれましたけれど。

 

暖かく穏やかな正直日和はあっと言う間に過ぎました。
こんな一日は賜物です。





             
ガーデン ライン




    賑わいの

 
    日傘の内で


    友の言う




    小さき声にて


    明日は満月





     み





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2009.04.12 09:40:10
コメント(14) | コメントを書く
2009.03.11

2009      3/11(水)

 

こんにちは minminです。

 

大叔父のお通夜は2月に入ってすぐの頃でした。
あれこれ小細工で防寒対策をしたしタクシーに乗れば
寒い夜道を長く歩くこともないだろう・・・そう考え
職場から直行する予定でもありましたから
小さいキャリーバックの喪服はスカートにしました。

 

大叔父は一昨年上京した母と見舞った時は
かなり体調を崩していたのですが
その後 見事にカムバックし最後に入院するまでは自宅近くの
グループホームで生活をしていました。
いい雰囲気のグループホームでスタッフにも恵まれ
父は幸せだった・・・と母の従姉妹であるT子さんは
お通夜のあと語ってくれました。

 

 

 minminちゃん 夜道は危ないからこの人達と
一緒にお帰りなさい。気をつけてね・・・
喪主である大叔母に送られT子さんのお連れ合いの
ご兄妹と一緒にお悔やみの席を後にしました。
行きはギリギリのタイミングでしたし
土地勘が無い場所でもあったのでタクシーに乗ったのですが 
8時を過ぎた葬祭場のロータリーには
もう空車はおらずとりあえず歩くことになりました。

 

 

そしてすぐに後悔しました。
長いコートも厚いタイツも背中のカイロもスカートの足元には
あまり効果が無く 更に久々に履いたパンプスとの
相性が悪くなっている感じで駅までの道のりがとても
長く感じられたのでした。

 

 

着方を忘れるくらいご無沙汰だったスカートです。
お悔やみの席だし・・・と考え過ぎたのがいけませんでした。
これからはお悔やみもパンツにします。

 

 


              

ガーデン ライン








    寒風や


    言葉探しつ


    通夜の連れ




        み




 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2009.03.11 12:30:42
コメント(10) | コメントを書く
2009.01.19

2009      1/19(月)

 

 

こんばんは、minminです。

 

土曜日の朝はことさら冷えました。
まだ薄暗い6時に洗濯物を干すのは少々ためらわれましたが
朝食前に・・・とベランダに出してしまいました。

 

7時半。
出かける前に追加の洗濯物を干そうと もう1度ベランダへ
出ました。
すでに陽ものぼり明るい朝になっていたのですが
何気なく洗濯物を触って驚きました。
1時間半の間にバスタオルも靴下も小さなタオルも・・・
みんな凍っていました。

 

 

その日。
「かくかくしかじか。今頃タオルは解凍中かも・・・」なんて
知人のKさんにこの話をしました。
すると
「そうよ~。この季節は洗濯物は凍るのよ。
それでね もう50年以上も前になるけれどワタクシは姑と
議論をしたのよぉ~」とKさんが懐かしそうに
話してくれました。

 

 

Kさんの明治生まれのお姑さんは一年を通して
「洗濯物は朝5時には干すべし」の主義だったとか。
でも冬の間はまだ暗いし寒さがひどい時は凍ったりして
布地が傷みますから陽がのぼってから干しましょう・・・と
若妻だったKさんは提案したそうです。

 

 

もうすぐ八十に手が届くお年のKさんですが 
趣味も多く食べる事が大好きで社会との接点もしっかりと
持ち いつも溌剌とした方です。
そのKさんにもお姑さんとのバトルがあったことが
微笑ましく若い頃のKさんを想像してしまいました。

 

 

帰宅してこの話を二女にしたところ
「昔のお嫁さんは偉いよねぇ。5時に干すってことは
4時起きで洗濯でしょ。しかもきっと手洗いだよ。
おかーさんはおねえちゃんがタイマーセットして洗い
あがった洗濯物を干しただけだもんね~」とキツイ
指摘でした。

 

凍ったタオルから回りまわって矛先が私へ向いて
しまいましたけれど 平成の主婦でよかった・・・と
こっそり思ってしまったのです。

 


明日は大寒。
まだまだ寒さも続きますね。
お体おいといください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2009.01.19 21:05:48
コメント(16) | コメントを書く
2008.11.11

2008 11/9(火) ジョウロ  183日め(もう片付けなければ・・・)

 

 

 

おはようございます、minminです。

 

済んだことではありますが
文化の日のご褒美は二台のpianoでした。

 

 

 

午後の部は舘野泉さん。
以前にも書いたことがありますが
フィンランド在住の孤高の鍵盤詩人と呼ばれるピアニストは
病気の後遺症により右半身の自由を失いましたが
2004年には「左手のピアニスト」として復活されました。

 

 

 

復活への長い道のりはTVでも紹介されたので省略しますが
今回は長崎のK学院でのチャリティーコンサートで
唯一のお弟子さんである平原あゆみさんとの演奏会でした。

 

 

 

前半は左手のピアニストの原点とも言える
バッハの無伴奏パルティータから始まりました。
復活までの軌跡を辿ったTV番組でもずっと流れていた
シャコンヌでしたから 目をとじるとshinのこととも重ねて
見てしまった情景の数々が思い出されました。

 

 

後半は平原さんとの息の合った三手連弾でした。
重厚なハーモニー 躍動するリズム 透明感溢れる旋律で
新しい世界を切り開こうとする新旧二人のピアニストの
熱いものを感じる演奏でした。

 

 

 

 

夕方の部は穐吉敏子さんとArt Crow Jazz Ensembleの
公演でした。
これは高校大学の先輩であるU氏が20年余り続けている
ビッグバンド・Art Crowが長年の大きな夢を叶えた
ドリームコンサートでもありました。
U先輩をはじめバンドメンバーが敬愛してやまない
世界のToshikoとの共演までには誰もが予想できるように
長い長い道のりがあったようですが
それだけにメンバーの喜びも大きく その感動は
TuttiにもSoloにもきらめき溢れていたように感じました。

 

 

 

軽々とした身のこなしでピアノに向かいビッグバンドを指揮し
軽妙なトークもお上手なToshiko Akiyoshi
U先輩をはじめ同級生や後輩が嬉々として演奏する様子は
彼らの学生の頃を彷彿とさせるに十分で こちらは私も
熱くなりながら2時間の演奏を楽しむことができました。

 

 

 

秋の一日。
たまたま来合わせた二人の70代のピアノ演奏。
片や訥々と紡ぎだすが如く 片や華麗でスピード感に満ち
更に若者の才能を引き出しながら自らも尚進化していこうとする
姿勢は素晴らしいものでした・・・としか私の稚拙な文章力では
表現できないのがとても残念なのですが。。。





               
ライン アイビー





     鍵盤に


     向う姿勢は



     異なれど





     静と動



     芳醇の音なり



     み


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Last updated  2008.11.11 14:11:24
コメント(10) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Profile


民眠

Calendar

Freepage List

Category

Recent Posts

Favorite Blog

「ノーサイド・ゲー… New! エコrinさん

Archives

2019.09

Comments

 民眠@ もぐら4311さん >換気扇と調理台の引き出し、私がいつも…

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.