1824386 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミソジノジスイ別館



ミソジノジスイ本家


本家ではこの日記以外にも、うちの台所周りの色々について 書き散らしております。ぜひこちらにもおいでください。

また、当サイトはリンクを張るも剥がすもフリーです。特に報告の必要もございません。


2024.03.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ミソジノジスイ本家

酷い風邪をひいて2月中はほとんどほったらかしだった正月鏡餅の乾燥がやっと完了しました。今年は大きなサイズ(15cmクラス)の餅が例年の密封パックタイプではなく、生餅を普通のポリ袋に入れたタイプだったため、黴だらけになって使えませんでした。使えたのは手のひらに乗るサイズの小さなもの×10個程度。大きなサイズは切るのが本当に大変なので、小さいものばかりの今年はずいぶん楽だった印象です。


作業としては、ステンレスのバットに並べて乾かす→乾燥してヒビが入ったら手で割る→また乾かすというのを、最大サイズが5mm角程度になるまで繰り返します。水分厳禁なので天気予報はこまめにチェック。空模様と合わせて降りそうなら安全マージンを多目にとってすぐに取り込んでました。干しあがったら小さなタッパーに入れ、冷蔵庫で保存します。ちなみにコレは低温よりも乾燥が目的です。冷蔵庫内は湿度が低いので、餅の保存に最適。


食べる際は、油を多目にひいたフライパンに↑を一掴み投入し、時々ヘラでかき混ぜながら弱火でじっくり火を通していきます。全体に膨らんでキツネ色になったら、塩を加えて味を決め、バットに広げて水蒸気を逃がしながら冷まし完成。どんなに頑張っても市販のアラレ程の柔らかさと風味の良さは出せませんが、自分で作ったという最高のスパイスがあるので結構美味しく感じるものです。


ツイッター始めました
人気blogランキング(別窓):クリックしていただけると、励みになります。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.03.02 08:50:49
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.