1240539 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ミソジノジスイ別館



ミソジノジスイ本家


本家ではこの日記以外にも、うちの台所周りの色々について 書き散らしております。ぜひこちらにもおいでください。

また、当サイトはリンクを張るも剥がすもフリーです。特に報告の必要もございません。


2020.01.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ミソジノジスイ本家

いつものようにyoutubeを見ていたら、何故だか日清どん兵衛のどんぎつねCMが上がっていました。私はテレビをほぼ見ませんし、その中でも見るテレビはほぼNHK。民放で見るのは“マツコの知らない世界”と“笑点”のみで、しかもどちらも録画してCMを飛ばしながら見るので、今の今までこのCMの存在を知りませんでした。しかしながら、耳と尻尾をつけた吉岡里帆さんは確かにあざといまでに可愛い。女性には嫌われ男性には人気があるという評価が分かる気がします。


そのCMの中で私がとても気になった1本がありまして、星野源さんがつたない手つきで吉岡里帆さんにマフラーを編むシーン(“編んでいる編”)。趣味でニットをする立場としては、アレは無いです、ありえない。星野さんの手つきは素人が一生懸命編んでます!的な一生懸命ではあるけど覚束ないもの。ところが、出来上がった編み地は凸凹も捩れも無くとてもきれいでまるで市販品のよう。手つきがつたないということはフォームが一定していないわけで、ひと編みごとに針の角度や糸にかかるテンションはバラバラになりますから、当然編み目の大きさもバラバラになるはず。あのフォームであんなきれいな編み地は絶対に出来ません。あのCMを見てそんな事を気にする人(特に男性陣)はほぼいないでしょうが、私は非っ常~に気になります。あのフォームであんな綺麗な編地が出来るんだったら苦労はしねーんだよ、と言いたいですね。


ツイッター始めました
人気blogランキング(別窓):クリックしていただけると、励みになります。






Last updated  2020.01.19 08:51:21
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.