418651 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

monchihoshi

PR

プロフィール


もんち*

コメント新着

りり。@ HBTY おおきくなくてよいよ たくさんのちいさな…
浮気するくせに@ Re:罪の意識(05/02) 浮気するくせに嘘は嫌だなんてどれだけ自…
もんち@ Re[1]:ひっかかり。(09/27) ナカノさん、コメントいただいてたなんて……
ナカノ@ Re:ひっかかり。(09/27) 頑張れっていうのは違う気がする。 人それ…
もんち*@ Re:万葉の花(11/01) なつ2 ねぶ 44p 昼は咲き夜は恋ひ寝る…

バックナンバー

August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019
December , 2018
November , 2018

カレンダー

フリーページ

 

10年以上のおもいおもいの切れ端を

たたんで積み重ねた 外部記憶装置。

忘れない為の記憶の倉庫です。

 

絵の活動のこと: http://monchihoshi.net/


 
July 19, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


 

海から見た陸上は死の世界

陸から見た海中は死の世界

 

片側から見た彼岸の世界は死の世界となるが

彼岸から見たこちら側も死の世界

その境界は浜辺

生と死の波打ち際はゆりかごのように揺れてる

 

五十嵐大介の漫画は

このこと(セリフ)を言いたかったんだと

心にフックがかかることがよくある

 

いつか植えた種が芽を出す

大切な種がたくさん私の中に眠っているけれど

圧倒的に時間も養分も行き届いていない

眠った種子が夢を見て、これはこういうことなんだよと囁く

 

とうに萎れても良いほどの大輪の百合

この花が水と養分を必要としすぎるので

他の種子がなかなか芽を出せない

 

根元から手折ってしまえば

段々と萎れ生気が消えゆく様子は生と死を一緒に孕んでいる

死にながら生きるというような

 

死の世界から見た生の世界は死の世界という考えで言えば

枯れて行く様は生まれる瞬間でもあるのか

 

まだ、柔らかく冷やされていたあなたの肢体は

死への階段を下り、そして産声をあげるのを待っていたということだろうか

 







最終更新日  July 19, 2019 03:31:15 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.