049430 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

森っこアフタースクール

PR

Free Space

QLOOKアクセス解析

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


uedanna

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

ひかりの国幼稚園で実施されている
小学生向けの日常的な自然体験活動プログラムです。
夕方の15:30から約2時間、
森の中、川の中で自由に自然遊びをして過ごします。
2018.02.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


雪が沢山、すぐに遊び始めます。
今日は幼稚園の森で、木こりさんたちが整備して出した木を
処理しているから手伝いに行こうよ。
え~、手伝い~?
とちょっとつまらなそうに言っていましたが
ストーブも全部運んでいくよ。
と言うと、率先して荷物を持ってくれました。



そりに乗せて引っ張っていきます。

雪がない場所は力を合わせて。




木こりさんたちがいました。
お手伝いさせてください、とご挨拶。

ストーブを設置します。
ブロックをうまい場所に置くのが意外と大変。

薪割り機、剛腕君を運びます。
今日のお手入れは、玉切りにされた丸太の薪割りのようです。


ここを動かすと薪が割れていきます。

横の除雪された雪山では、かまくら作りが始まりました。

これはキンドリングクラッカー。
薪を細く割る道具です。

設置したストーブをつけるために細くしないとね。


シラカバの木が見当たらないので、近くの枯れたツルを集めます。
乾いたブドウの皮もとってきました。
枯葉も集めて、ストーブに詰めます。


いざマッチで着火。

うーん、鎮火した。

再チャレンジ。


今度はうまくいきました。
さぁ、火が消えないように薪をくべなければ。

こちらは本日のボランティアさんを独り占めし、
そり滑りで遊びます。



暫くすると、雪を切り出して積んで遊んでいました。


かまくらづくり、意外と難しい。





潜り込んで削ったり、固めてみたり。

火の番は、微妙に火遊びに代わっています。
切かすのおがくず、意外と燃えない。
生きてる木の切りくずだから、まだ湿っているんだね。

枯れた木を追加するわ、と枯れ枝取り。



かまくら作りから、雪山登りに変更。

あきさん、相撲しよう、と言う森っこを
容赦せずに抱えて雪の上に投げたら、
雪にヒト型が付いた!


今度は土俵を作って対戦だ。
投げて倒れた森っこを、
今度は埋めて遊び始めました。





肩まで埋まったよ~。

えいや~。

出れた。

今度僕埋めて~。

小柄森っこは、あっという間に埋められていました。

ひたすら火の番をしていた森っこ
アキさーん、牛乳温まって、火もいい感じだよ~。

と言うことで、おやつのココアとマシュマロタイム。



さぁ、そろそろ戻らないと、
片付けをしないとね。

台にしていた丸太を戻します。


荷物をまとめてね。

まだ遊びたいな~。

人じゃなくて荷物をそりに乗せてよ~。

やっぱり片づけはあんまり進みませんね(笑)

お、がんばってる。


戻る頃にはすっかり暗くなってきました。

戻ってきても、お迎えが来るまで遊びます。
こうしたら大きく切り取れそう!
切れ目を入れています。

エイ!

思った以上に大きな塊が取れて持てずに苦笑い。

移動は少なかったですが、それぞれが夢中になって何かしていた
森っこアフターでした。
木こりさんたち、ありがとう。






Last updated  2018.02.21 01:10:40

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.