941268 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

題未亭

PR

Freepage List

◆モータースポーツ関連ショップ ご紹介


モータースポーツ関連の本・BOOK


佐藤琢磨コレクション


フェラーリ・コレクション


フェラーリ・カー・コレクション


シューマッハー・コレクション


アイルトン・.セナ・コレクション


TOYOTAコレクション


WRCコレクション


HONDAコレクション


BARコレクション


特集/ お家でX'masイルミネーション


ル・マン24時間コレクション


ルノーF1&アロンソ コレクション


DVD・VIDEO


スーパーアグリF1 コレクション


F1レジェンド(DVD)シリーズ


中嶋一貴(Nakazima Kazuki)


◆レース開催予定


2004 WRC カレンダー


2004 F-NIPPON カレンダー


2004JGTCカレンダー


2004全日本F3カレンダー


2004 ワールドシリーズbyニッサン


2004 IRL カレンダー


2004その他の海外レース


2004F1開催予定


2005総合カレンダー(暫定)


2005F1カレンダー&エントリーリスト


2005WRC開催カレンダー&エントリーリスト


◆がんばれニッポン


佐藤琢磨F1全成績


佐藤琢磨


松浦孝亮


ロジャー安川


新井敏弘


奴田原文雄


下田隼成


井原慶子


高木虎之介


福田良


◆☆当たれ☆ キャンペーン情報


2周年感謝企画!


◆記憶に残るドライバーたち


片山右京


アイルトン・セナ


ナイジェル・マンセル


ジャン・アレジ


ミカ・ハッキネン


ゲルハルト・ベルガー


ミハエル・シューマッハー


アラン・プロスト


◆モータースポーツ基本用語解説


あ行


か行


さ行


た行


な行


は行


ま行


や行


ら行


わ行


A-Z その他


◆モータースポーツ開催国紹介


キプロス共和国


モナコ公国(モナコGP優勝者一覧付き)


サンマリノ共和国


ギリシャ共和国


ベルギー王国


フィンランド


◆各種記録の部屋


INDY500優勝者一覧(1)


INDY500優勝者一覧(2)


F1モナコGP優勝者一覧


F1最遅優勝記録


F1チャンピオン一覧


F-NIPPON他チャンピオン一覧


全日本F3チャンピオン一覧


日本のF1レース(1)1976~1989


日本のF1レース(2) 1990~1993


日本のF1レース(3)


日本のF1レース(4)


日本のF1レース(5)


ル・マン24時間レース優勝者一覧


ドライバー誕生日一覧


写真館メニュー


2004桜中継(徳島県)


写真館1(2004/3~)


◆このサイトの歴史(更新履歴)


キリバンありがとう


情報色々


お松大権現


光マンダラX'mas


test


画像招き猫社殿


Category

Comments

キャビン85@ Re[1]:金環日食に備えて(04/28) マダム4117さん >でも、生きてる間、…
マダム4117@ Re:金環日食に備えて(04/28) こんにちわ~! 金環食、いよいよです…
マダム4117@ Re:金環日食に備えて(04/28) こんにちわ~! 金環食、いよいよです…
キャビン85@ Re[1]:バーレーンGP 決勝(04/23) マダム4117さん 本当にお久しぶりです …
マダム4117@ Re:バーレーンGP 決勝(04/23) (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪ 何か、、お久しぶ…

Favorite Blog

昼間は曇り。 New! HABANDさん

裸婦そびょう 水彩画人 俊介さん

CAR&WRESTLER thom7gashimaさん
佐藤琢磨応援日記 リーヤ♪さん
車愛イズム!? 音速あいるとんさん
オフィスTOMOMI : 佐… とんとんトン吉です!さん
SC57(CBR1000RR)/DC2… まぁSC57さん

Free Space

設定されていません。

全1件 (1件中 1-1件目)

1

記憶に残るドライバー

2006年02月04日
XML
久しぶりに、記憶に残るドライバーを更新しました。今回は昨年限りでフォーミュラ・ニッポンを卒業した「服部尚貴」です。
なお、記憶に残るドライバーの新コンテンツは、今後は別館「All for WIN !」に掲載していきますのでよろしくお願いします。


服部尚喜の名を意識したのは、1989年の開幕戦、鈴鹿2&4を観戦したときだったと記憶している。何故、記憶に残っているのかははっきりしない。
改めて結果を確認すると決勝は9位。優勝は影山正彦で3位に故・村松栄紀がいる。そんな中で何なぜ服部尚喜が走りが印象的だったのだろう。とにかくその時から、彼は私の中で「ハットリ君」になった。マンガの「忍者ハットリ君」からの連想だった。

服部尚喜は、翌1990年に全日本F3チャンピオンを獲得すると、1991年全日本F3000にステップアップする。ランキングは20位と厳しいものだったが、その年の終わりにはF1にコローニからスポット参戦も経験している。
正直早すぎるとも思ったし、コローニから出たって予備予選落ちは必至。なんでそんなに急ぐかな?というのが感想だった。しかし、これは服部尚貴自身も同様だったようで、断るつもりで毎レースのギャラなどを要求したところコローニが受け入れたのだという。資金持ち込みの参戦ではなかったのだ。もっとも、結果は予想通り予備予選落ちだったけれど・・。

もとより走ることが大好きという服部尚喜は、フォーミュラのみならず、JGTC、JTCCなどハコのレースでも参戦を続け、1996年にはJTCC(全日本ツーリングカー選手権)でアコードでチャンピオン獲得。JGTCでは2位、そして国内トップフォーミュラの新生フォーミュラ・ニッポンでも2位という結果を残し、国内トップレーサーとして地位を確立した。

1997年から服部尚喜はアメリカに活動の場を移す。この挑戦には、F3時代のマカオGPでの悔しさがあったという。市街地でのマカオGPのコースを攻められなかった当時の服部尚喜は、市街地レースにまた挑戦したいという思いが強かったのだという。
そのこだわりもあったか、インディライツでは、服部が表彰台に立ったレースはすべて市街地コースだった。
そして、1999年はFedEx CARTチャンピオンシップシリーズにステップアップを果たす。しかし、やはりCARTは厳しい。初戦でクラッシュした彼は、12戦まで欠場を余儀なくされる。

2000年、服部尚喜は日本のモータースポーツに復帰する。奇しくも高木虎之助がF1から日本に復帰した年だった。
国内復帰後も服部尚喜はメーカーの枠を越えての活動を広げる。
メーカー色の濃いJGTCでもニッサン、トヨタ、ホンダそれぞれのマシンで参戦をしている。これは、いかに彼が信用されかつ、実力が認められているかの一つの証だろう。どのメーカーとも、そしてスタッフとも良い関係を築き上げることができる。その彼の人間性こそ、長きにわたって国内トップの地位を維持している秘密なのかもしれない。

2005年11月27日。服部尚喜は最後のトップフォーミュラでのレースを終えた。予選6位スタート。最終ラップでのガス欠ストップ。サーキットには彼の最後を見送るために多くのファンと仲間達が詰めかけ、彼のフォーミュラ卒業を祝った。
多くのレーサーが、現役を望みながらいつの間にかシートを失っていくことが多い中、惜しまれながら引退を行うドライバーは多くない。かっての星野一義の引退以来だったかもしれない引退発表。今後は、チームの監督として若手の育成にあたっていく。

しかし、スーパーGTでは、まだまだ現役。参戦を続ける。まだまだ、彼の走りをみることができるようだ。

「レースもGTは続けますし、自分の中で引退という言葉を使うのは今回だけ。あとは自分の趣味として、ハコのレースは死ぬまで続けます」

服部尚貴のヘルメットには常に「EIKI LIVES」の文字が刻まれている。故・村松栄紀はF3時代に服部尚喜のライバルであり親友でもあった。村松栄紀は1990年に服部より一足早くF3000にステップアップし、早すぎる死を遂げた。それから15年以上が過ぎても、彼の名をヘルメットに掲げて共に走る服部尚貴。これも服部尚喜を物語る、一つのエピソードである。

 MotorSport大好き 開設2周年感謝企画開催中!

モータスポーツBlogランキング・ポチッと応援お願いします・
Blogランクバナー小
 

チョロQ 超リアル仕上げ No.38 イエローハット YMSエブロ 1/43 Yellow Hat YMS SUPRA SUPER GT 2005 #35 服部 尚貴・ピーター・ダンブレックキングレコード 服部尚貴/服部尚貴のLet’s スポーツドライビング!







Last updated  2006年02月04日 11時49分36秒
コメント(4) | コメントを書く

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.