412471 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

むっちーのままごと日記??

PR

2019.12.02
XML
テーマ:今日の出来事
カテゴリ:カテゴリ未分類

先月、父が入院して、1ヶ月ちょっとで、急性心不全で亡くなりました。
明日が初七日を迎えます
入院した当日に、検査をしたら、胸の動脈瘤がソフトボール位の大きさになっていたことがわかり、心臓にも水がたまり、むくみがあり、高齢の為、91才ですが、動脈瘤の手術は
難しいと、いつ破裂してもおかしくない状態だと診断されました。
心臓のむくみは、点滴で改善出来ると思いますが、覚悟しておいて下さいと、言われました。
それから、1ヶ月は大丈夫だったのですが、亡くなる4日前から、自力で流動食が摂れなくなっていました。
毎日、2.3回様子を見に行ったのですが、寝ていることが多かったのです。
意識が混濁し、丸1日、目を覚ましませんでした。
もって、今日、明日が山です。と言われたのですが、突然目を開けて、
かすれ声で、まだくたばらなかったのか、と言い出しました。
ちょうど、私と弟の家族がいたのです。水飲みたいと言い出し、少し湿るていどに飲ませたのました。あとから、何飲みたい?と聞いたら焼酎の大五郎を飲みたいと、
冗談を言ってんだろうと、笑ってしまいました。持ち直したかなと思いましたが、再び、眠り口呼吸が荒かったです。
多分、胸が苦しかったんだろうと思います。
11月27日の午前3時41分に永遠の眠りにつきました
夜中に容態が急変したと言うより、心電図がまっすぐになった頃に、連絡をもらい、娘の私が一番近くに住んでいるので、10分後に駆けつけたのです。
その時は、まだ手が温かかったです。父の目には、涙がありました。
間に合わなかったのが、悔やまれました。
でも、入院した時点で、主治医から
覚悟しておいて下さいと言われたので、素直に受け入れることが出来ました。
昨日で葬儀を済ませ、明日が初七日を迎えます。
これからは、アルツハイマー認知症の母が一人で頑張れるか、見守っていかなければならないです。
軽度から中度の間のレベルの認知症の母、今は人を認識出来ているが、日にちがわからなくなりつつになっている状態で、何度も同じことの繰り返し言動をします。
パパが亡くなったことが理解出来ていないです。
亡くなったと言えば、空泣きし、数秒たつと、お墓に行く話しに何度も確認したり、何着て行けばいいとか、と言えば、パパは?と
あちこち話しが飛んでしまったり、
相手をしている方が、参ります❗
仕方がないことですが、忍耐のみです。
今後はどうなるのか、わからない状態。
毎日、様子を見に行かなければならないと思います。
同居の話は、長男の弟が考えることと思いましたが、認知症は、環境が変わると、進行しやすいと聞きます。本当にこれからが大変になりそうです。






最終更新日  2019.12.02 19:58:36
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.