701828 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

コスミックハートプロジェクトへようこそ!

コスミックハート・プロジェクトでは、不死鳥の街、アリゾナ州フェニックスから、リアルエイジに向けてわくわくするアセンション時代の生き方を提案していきます。
http://www.mycosmicheart.com
2018年08月06日
XML

​​​​​​ いやはや、何とも暑い!毎日ですね。今日はヒロシマデー。原爆投下から73年になるんですね。学生時代に毎年通っていた、この時期のジリつくような暑い広島を思い出します・・・
 やっとグランドサークルの旅を終えてオラクルに戻ったところです。ハイウェイ路面はもう逃げ水、蜃気楼がゆらゆらと上がって暑い、いや熱い! 今回の走行距離はかれこそ総計4,400キロ!で、こんな旅はもうできないなぁと痛感しています。とにかく今年は例年にない猛暑! ”Excessive Heat Warning” 、極暑注意警報が発令されているなかでのこと、それに年のせい(!?)で長距離はシンドイ。今年もありがたいことに、参加者のお一人が運転を助けてくれたのでなんとかなったけど。日中115度(摂氏46度)を越える日中、外を歩いているのは狂気の沙汰、それで朝夕だけしか動けないありさまで、こんなことも初めてのことでした。

        
         ​ホースシューベンドにもこんな極暑注意警告サインが!​
       
         ​ホースシューベンドも今年はとっても暑かった~!
     
 今年のグランドサークルツアーはいっそうディープに、ユタ州アーチーズとキャニオンランズ国立公園まで足を延ばしました。セドナからペイジへ。アンテロープキャニオン、そしてホースシューベンドの夕日を見に行きました。今年から手すりの柵が設置されていて、以前のようなクレージーなヨガポーズはできなくなってしまってちょっと残念・・・(なんて;)それにしても人出の多さにも辟易でしたが。それからモニュメントバレーを目指しました。ナバホ族居留地にあるホーガンにみんなで宿泊しましたよ!そこでもいっぱいすてきな写真を撮ったのに、以下の ”事件” で失くなってしまった!

     
      ナバホ居留地内では、こんなホーガンに宿泊しましたよ。

     
     東に面したホーガンの入り口扉を開けると、この朝日に迎えられた!​

   
    ​モニュメントバレーを独自のペースで探訪~ いろんな面白い発見があった!​

   
       ​ハヌマナーサナ、モニュメントバレーバージョン2018​、hahaha~

 そう、その "事件" はユタ州で起きた。キャニオンランズの朝日を見るべく5時前に宿を出たのに、どうしてもグーグルが南へ南へと誘導していく。何だかおかしいなあーと思いながらまだ明けやらぬキャニオンランズの峡谷沿いに走っていると、今朝方1時間前にはフルチャージだった携帯電話のバッテリーがもうなくなりそう!ますますおかしい・・・どうやらへんなゾーンに入ってきたらしいことを感じながら、それでもまた朝日を見たい一心で運転を続けていくと、何と、渓谷のほうから急に、この世のものとは思えない目が眩むほどの発光体が一瞬、ビカーン!と光った! でもまさかね・・・・気の所為?もう一回光ったら何か言おうと思って黙っていると、助手席に座っていたMさんがしばらくしてからぼそりと、「さっき、光りましたよね・・・」と。「え~~!Mさんも見たのぉ~~!!??」とやっと自分の目の錯覚でないことを互いに確認しあって、互いの目撃体験、プラズマ光の色とか出撃場所とか形状とか・・・がすべて一致したのでした!あれは紛れもなく未確認飛行物体?だったことに合意したのでした。あの携帯バッテリーの急激な減り方!普通じゃありえないです。そして何と、その携帯で2、3枚、朝日の写真を撮った後、その携帯が見当たらない!消えた?どこへ?わかりません。普通、携帯電話はアメリカなら、そして国立公園内なら発見者が届けてくれることが多いので、一応紛失届けは出してきたけど今なお、見つかったという連絡はないですねー。あ~ぁ、何と、私より先に携帯がアセンションしてしまった!

 このツアー前に、これまで使ってきたラップトップは2台とも!壊れて修理、というか全面一掃初期化!を友人にお願いしてきたところでした。一体、いま何が起こっているの? そんなわけでいまコンピューターは全部OSを新規一新し、携帯電話も番号も一新し、まさに全面リセットです。そしたら娘もまた、同姓同名の他の人物に間違えられて銀行口座凍結!(100ドルしか入ってなくて幸い!)の憂き目に会い、それでも裁判所と国税庁と銀行・・・にそれが自分ではないことを証明するのに多大なる書類を整備、提出しなくてはならない、といういい迷惑を被ったところみたいで、もう笑えないですね。地球上に産みの苦しみの嵐がこれだけ吹き荒れている今、個人生活でも何ひとつもう同じまま、快適なままではいられない感じ。改革と見直しの大嵐が吹き荒れています。かなりシンドくて体調崩している方も多いですね。ほんと、深呼吸してしっかりグラウンディングして・・・を意識的に日々、やっていかないといけませんね!

 ユタ州デッドホースポイント州立公園、ここは実に素晴らしかった!グランドキャニオンが何なの?と思えてくるほど。一見するとホースシューベンドみたいだけど、もっとぐーんと大規模で、しかも人造湖ではありません。ここでのゴージャスな夕日が沈むと、東の空にはまん丸の満月が上がり、最高!でした。ユタ州奥地までアンダラグリッドを広げることができたことにも感謝です!
     
     
    ​アーチーズ国立公園内にはこんな天然造形のアーチが2,000もあって、それはそれは見もの!​
     

       キャニオンランズ、ニードルズ!ちょっとカッパドキアに似た風景かも?​
     
 
     
       ​息を呑むようなデッドホースポイントの眺め:立ち去りたくない風景でした・・・​

     
       ​キャニオンランズに夕日が沈むと・・・​反対側に満月が煌々とあらわれて!

 それからアリゾナ、ニューメキシコ、コロラド、ユタの4州が合わさるパワースポット、フォーコーナーズに立ち寄りましたので、4州をこんなふうにブリッジポーズでつなぎましたよ。

         


 ホピ村では日の出とともに始まる、伝統的なカチナによるホームダンスを今年も見ることができました!しかも3つの村でやっていてラッキー!ホテビラ村では故マーティン長老の家にもちらっと立ち寄り、また友人のメディスンマンの家では、さあ、入って、食べて、食べて!というわけでランチを御馳走になりました。特別なお祭り、ダンスの日の村の光景です。ほっとします。ご一緒した皆さんもそれぞれ、とってもすてきなカチナ人形などを直接ホピ族のアーチストから買うことができて満足そう、よかったです!セドナに立ち寄って、フェニックスへ~と総計4400キロの旅は無事終了。ご参加いただいきました皆様、どうもありがとうございました。それからオラクルハウスへ延泊してくださったMさんをツーソン郊外に数日ご案内して、私の走行距離は軽く5000キロを超えた。いやはや~!この暑さのなか、無事終えることができてほんとにホッとしています。感謝、感謝!
   
​ ホピ村、夕方予言の岩のメサの上に立つと、なぜホピの人々が、終わりのとき人々がここに集まること、ここが宇宙の中心だと信じているかが分かるでしょう・・・​

 さて縄文グリッドプロジェクトのほうは、日本サイドの協力者、中村さんによれば第3弾としてお送りした分のアンダラも底をついたようですので、これにていったん終了したいと思います。縄文遺跡ポイントに設置のご協力いただきました皆様には、本当に、心より感謝いたします。今なお、極暑のため設置できないでいる方々もいらっしゃいますので、縄文アンダラマップは夏の終わりまでには完成としたいと思います。最新設置状況はブログで、また​当ウェブサイトトップページ​で随時アップしてきております。

 前回、縄文マップをアップしたところ、いかにも西日本が「スカスカ」なことと、西日本を襲った大地震や集中豪雨被害の関係?に気づいて、急遽立ち上がってくださった方々が何人かおられました。たまたま偶然にそうなったのかもしれないし、何とも言えないのですが、ひとつはっきり言えることは、その土地に住む人々の集合意識というか、想念の渦、人々の思いというものがその地域の電磁気を形成し、その土地の天候に大きく影響を与えるだろうということでしょうか・・・。その地に生まれた、住んでいるということにはとても深い意味があるのですね。

 次はもうすぐ聖シャスタ山ツアーです。シャスタ山も山火事のニュースで懸念はありますが、こんな時勢ですからね。このシャスタ山ツアーは(も)今年で最後になるかも?というところですので、もし急遽参加されたい方は1名のみ!すぐ​ご連絡ください。

 さあ、次の新月はもうすぐ、11日です。こんなときだからこそ、じっくり呼吸して祈りと瞑想をグリッドに乗せてください!それはきっとあなたとあなたの住む地域を助けることでしょう。どうぞご自愛されてくださいね。​​​​​​​​​







最終更新日  2018年08月06日 09時01分54秒

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.