363660 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

英語表現・ことわざメモ ~奪取・英検1級編~

準備期間を振り返って

スピーチができるまでの大きな流れ

一次試験のあと、二次試験の面接までには約4週間しかありません。
(自己採点後すぐに準備した場合。一次の合格発表を待つと約2週間)

スピーチの作り方に関しては、以前通っていたコミュニティカレッジで、「型」を習っていました。

Introduction (トピックに関する自分の意見を端的に言う)
 ↓
Body (なぜそう思うのか理由をできれば2つほど)
 ↓
Conclusion (だからこう思うのである、と最後にもう一度念押し)


他の方の意見をネットで拝見して、この型で行けばいいとは分かっていたのですが、じゃあ作文してみよう、覚えてみよう・・・と一筋縄でいくものではなく・・・。

この4週間は、自分なりの方法を編み出すための、苦難続きの道のりでした。

(以下は、試験後に振り返った記事に加筆したものです。)



私の準備期間4週間を振り返ると、

「型の習得→自分の意見を言えるようにする(情報、語彙・表現収集)」

という大きな2つの段階に分けられます。

まずは「型」の習得。
「型」にのっとって話すその感覚を身につけるために、まずは1つスピーチを書いて暗記をしました。

具体的には、

・過去問のなかからトピックを選び、スピーチを書く。
LingQで添削してもらい、しっかりとした原稿の形(文章)にしました。

・そのスピーチの暗唱
制限時間の2分に収まるよう、何度も録音しました。


最初のこの段階までに1週間ほどかかったと思います。
LingQのディスカッション内で他のメンバーさんや先生に聞いていただくために必死で暗記して!
暗唱はなんとかうまくいきましたが、これでは時間がかかりすぎる。
試験までにあといくつできるんだろう・・・?

迷いながらも、その後2つほどは書いてみたでしょうか。
苦しいな・・・と思いつつ、、ふと試しにぶっつけ本番でやってみると・・・案外、まともなものができたんです!
暗記したものの一つが環境についてのトピック。
ぶっつけ本番でやったのも、環境に関するものでした。
暗記していたものの中で、例示に使ったことや、語彙・表現を応用して使うことができ、なんとか形に収めることができたのです。

あとから考えると、これが大きなブレークスルーでした。
型に当てはめて話すことができるようになったことで、あとは話す中身を充実させていけばいい、そんなふうに思えるようになりました。
何気なくみたテレビのドキュメンタリーや、新聞記事、自分の身の回りでおきていること・・・
どんな細切れの情報でも、スピーチの中で使えるのです。

これも話したい、これも使える・・・情報を集めるのは、すごく楽しい作業でした!!

以降、さまざまなトピックに対して、「ぶっつけ本番を録音」してみたり、「じっくりと文章にして書いて」みたりを、繰り返しました。
この段階では、もう暗記はせず、アイデアを整理することに重点を置きました。

細切れで集めてきた情報(英語、日本語にかかわらず)を、自分で英作文してみる。
その際に出てきた時事用語や専門用語は覚える。
日ごろ自分が思っていることも硬い・やわらかいにかかわらず作文してみる。
この作業をしておくことで、限られたひとつのトピックだけでなく、
他のトピックでもネタを使いまわすことができると気づきました。

自分が合格したときのトピックは、「将来弁護士はもっと必要になるか」という内容のものでしたが、直前に陪審員制度について、グループディスカッションをしていたこともあって、語彙を調べたり、思うところの整理ができていたので、うまく型に当てはめて、即興スピーチができました。






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.