359471 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

英語表現・ことわざメモ ~奪取・英検1級編~

質疑応答の準備を!

~質疑応答の準備をしっかりと!~

二次初受験準備の、中盤に差し掛かったころの話です。

Should specialist knowledge of a subject qualify a person to be a teacher?

という過去問トピック。
講師として生徒を間近に見ていた経験から、自分なりに「いいんじゃない・・・!?」と思えるスピーチが出来上がりました。

「科目の専門知識だけでは、先生になれない。今の学生たちは、勉強のやり方を知らない。そして、やる気がない子達も多い。勉強のやり方を教え、分かることの楽しさを教えることが必要である。そのためには専門知識だけは不十分である」

このような内容でした。

スピーチを暗記し、満を持して、LingQ(旧the Linguist)のマンツーマンレッスン。
模擬面接をお願いしていた先生に、スピーチを聞いていただき、その後、実際の試験と同じように、2、3の質問をしてもらいました。

が!

何一つ答えられなかったんです!!

確か質問のうちの一つは「具体的にはどうするの?」というものだったような。(記憶もあいまい。)


スピーチを作るのに必死で、暗記できたものは、ひとまずそれで終わり、としていたのですが・・・。

とんでもないミスでした!!



その後の質疑応答の対策を、充分に練る。
スピーチを作るのと同じくらい、大切なことです。
実際に、他の人に模擬スピーチを聞いてもらって、質問をしてもらう(日本語ででもいいと思います)と、自分では気づかなかったような着眼点が出てくると思います。


少し前に、英検同期合格、そして憧れの英語使い、あきやんさんがコメントをくださいました。

「たとえスピーチで失敗しても、質疑応答のところで取り返せる。そう思ったら、少しは気が楽になった」

本当にその通りだと思います。
そして、あやうく、真逆の状態(質疑応答で大コケ)になるところだった私・・・。
ひとまず、あのときに軌道修正ができて、よかったです。




↓さまざまな社会問題に対し、どのような意見があるのか。そして、どんな反論がくるのかの予想にも・・・。(すごい情報量です。時間に余裕を持って取り組んでください)


英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.