363788 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

英語表現・ことわざメモ ~奪取・英検1級編~

2006年第3回

英検1級2次試験
2007年2月(2006年度第3回)の実況中継


朝9時20分頃 起床。
昨夜風邪っぽく、そして緊張でなかなか寝付けなかった。

朝10時20分~50分
声出し。スピーチ暗唱5本くらい

11時 出発
移動中、大好きなKEMURIの曲をひたすら聴き続ける。

12時10分 到着
控え室(大部屋)、2番乗り。持って行ったノートを開くも、一切集中できず。

13時 
トイレ時間ってあるの??と思いつつ待っていたら、 最初の集団(8人くらい)で控え室に呼ばれる。
ここで受験カードを回収される

ト、トイレ??と思ったけれど、腹をくくり(笑)、おとなしく係の人に呼ばれてついていく。


以下、試験の模様です。(英語と日本語が混じっていますが、お許しを・・・)

受験教室は、隣の部屋。案内してくれた係の人が扉を開けてくれて、入室。
Helloといいつつ入り・・・「そこに座って」でThank you, 着席。
試験官は、50代くらいの男性(ややこわもて)と、やさしそうなネイティブ女性。

名前とNice to meet youを言い合ったあと、

「自分について何かしゃべって」と言われ、

I'd like to tell you the reason why I came here. It is because I want to be more confident about myself. 予備校で働いていたんだけれど、辞 めちゃって、でももう一度そういう職に就きたいから、もっと自信を持ちたい。だから勉強を続けている。

女性: 英語を勉強しているのですね?と言われ、??と思いつつ、にっこりYes, I am.
もう少し話しかけたところ、自由会話1分経過のストップウォッチの音。

男性:「紙をひっくり返してください」

でけーな、紙(笑)。色つきか。などと自分に意味不明のつっこみ。
裏返し、読み始める。(私が裏返したときに、ストップウォッチの音。)

なんと3番目にenvironmentの文字が!!
(2番にメディア、4番目にcell phoneとあったけれど、一切内容覚えておらず)

選んだ問題は、economic developmentと環境対策は両立できるか?みたいな内容。

1分て、結構長いんだ・・・と思いながら、この時点で組み立てれた感、ゼロ。

男性:何番を選びましたか
私:I've chosen number three.

I'd like to talk about economic development and environment ナントカ・・・という、なんともパンチのない出だしで始めてしまい、どうすんの?とおもいながらも、口だけは止まらず。

「environment問題は色々あるが、最も重要なのはglobal warming、企業が対策として、燃料電池などを開発し始めている、たくさんの企業が競争し価格が落ち、普通の人(normal peopleて、自分で言って苦笑)でも買える。企業はもっと開発に取り組むべきだ」

こんな内容を、なんとか話したと思います。 もう自分で苦しくなって、Thank youで終了。
多分、私のThank youでストップウォッチを係の人が止めたようなので、2分いってなかったみたいです。

今までに練習してきた、introduction、body、 conclusionの型に、まったくはまってないんですが(汗)

そして質問タイム。

女性:どんな環境問題が一番深刻ですか?
と聞かれた(あとから思えば)のですが、そのときは意味がわからず、

Do you mean~?って聞き返したのが、まったくとんちんかんで、結局繰り返して言ってもらう。

私の答え:global warmingです。そのせいで、the land will be flooded, the sea level rises, 動植物が絶滅の危機にあるから。

男性:Do you think~?と聞かれたが、そのあとが一切わからず。
聞き返せばよかったのに、と今になって本当に悔やまれるが、なぜだか焦って、Yesといってしまい、何を思ったか、サンゴ礁の破壊の問題を答えていた。

女性:developing countriesはどうするの?

私:私たち先進国はnatural resourcesのおかげで発展できたけれど、彼らはムリ。私たちに資源の有効活用や、新しいエネルギーを開発する義務がある。

男性:あなたは環境問題に対し、optimisticか?pessimisticか?

私:optimisticです。Some people say global warmingは人のせいじゃない、太陽の(黒点の)問題だというが、

・・・と、ここでピピピ。

終わりました!

こっからあとは、Thank you very much.と言ったことくらいしか覚えておりません・・・。

13時15分 終了
なんだかうつろながらも、おわったんだ~~~、とダンナにメール。
なんと、車で迎えに来てくれたというではありませんか!!もう近くに来ている、と。
疲れた体と弱った心に、むちゃくちゃうれしかったです。
コメダでクリームソーダとか飲んで(笑)、興奮して感想を話しました。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.