000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なかしべつ広報日記 カメラウォッチ

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

その他

2022.05.20
XML
カテゴリ:その他
5月16日(月)、緑ヶ丘森林公園さくらの里にて、小針土建株式会社様より創業100周年を記念する寄附のお申し出をいただき、寄附引き渡し式を行いました。


小針土建株式会社は創業100周年を迎えます。その記念として、休憩所(四阿)1基、ベンチ5基をご寄附いただきました。





いただいた寄附品については、公園利用者の憩いの場として有効にに活用します。










最終更新日  2022.05.20 16:52:44
コメント(0) | コメントを書く

2022.04.08
カテゴリ:その他
北海道日本ハムファイターズの地域貢献プロジェクト「The HOME ~B☆Bみらい大志プロジェクト」によりファイターズのマスコットキャラクターである「B☆B」が中標津町魅力発信アンバサダーに任命され、辞令交付式が行われました。



 本事業は、ファイターズが実施するプロジェクトで、B☆Bが地域貢献に取り組みます。
活動テーマを「酪農王国中標津町の魅力をB☆Bが全力発信!」と掲げており、今後、B☆Bブログや町のふるさと納税公式インスタグラムを通して町の魅力を発信していきます。



 B☆Bは、報道陣から1年間の抱負を聞かれ「中標津町の魅力を余すことなく全力で発信します。あと、牛乳もたくさん飲みます!!町民のみなさんよろしくね!」と書いてくれました!



任期は、令和4年4月1日~令和5年3月31日までとなります。
今年1年間よろしくお願いします!!






最終更新日  2022.04.12 12:25:38
コメント(0) | コメントを書く

2022.03.18
カテゴリ:その他
3月16日(水)、牛乳消費拡大応援キャンペーン「牛乳を買って乳製品を当てよう!」抽選会が行われました。



 今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、生乳の需要が大きく減少し、北海道においては生乳生産調整により令和4年度から生産量を抑制しなければならない状況となっています。
 また、学校の冬休み期間中は牛乳の消費が落ち込むことから、応募期間を令和3年12月20日~令和4年2月21日と例年より期間を延長し実施しました。





 牛乳を買って・飲んで、応募していただいた方の中から抽選で総勢200名の方に地場産品・乳製品がプレゼントされます。
 今回は2,031通もの応募がありました。

【A賞】乳製品詰め合わせ5,000円相当+牛乳贈答券5,000円分


【B賞】乳製品詰め合わせ5,000円相当+牛乳贈答券3,000円分
【C賞】乳製品詰め合わせ3,000円相当+牛乳贈答券2,000円分
【D賞】乳製品詰め合わせ2,000円相当+牛乳贈答券1,000円分
【E賞】牛乳贈答券1,000円分

 ※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 中標津町の基幹産業である「酪農業」を守っていくためにも、乳製品の積極的な消費をお願いします!






最終更新日  2022.03.18 09:56:10
コメント(0) | コメントを書く

2022.03.17
カテゴリ:その他
中標津町農業協同組合様、中標津町農協酪農対策協議会様より、町内の小中高校に通う生徒1,982名に対し「牛乳贈答券(1人600円分の牛乳券)」を寄贈していただきました。



 新型コロナウイルス感染症の影響により、牛乳・乳製品の消費が全国的に減少しており、12月に引き続き、3月も生乳が処理し切れずに大量に廃棄されてしまう可能性があります。
 また春休みに伴い学校給食が休止することから、牛乳乳製品や牛肉等の消費減少が懸念されています。



 中標津町の基幹産業である「酪農業」を守っていくためにも、みなさんのご協力をお願いします。
 なお、牛乳贈答券は明日以降、各学校から生徒へ順次配布されます。

 令和2年6月に発行した広報なかしべつでは、牛乳を使ったレシピを掲載しました。
 ぜひ家族でチャレンジしてみてください!







最終更新日  2022.03.17 20:39:11
コメント(0) | コメントを書く

2021.12.24
カテゴリ:その他
冬休み中も町内の小中学生に牛乳を飲んでもらおうと、中標津町農協酪農対策協議会から「牛乳贈答券」1945人分(1人あたり400円分の牛乳券)が寄贈されました。



 中標津町農協酪農対策協議会の高橋会長は「もう1杯多く牛乳を飲んだり、シチューなどにして食べてほしい」と協力を呼びかけました。

 現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、牛乳・乳製品の消費が全国的に減っています。この冬全国で約5,000トンの生乳が処理し切れずに廃棄されてしまう可能性があります。
 中標津町の基幹産業でもある「酪農業」を守っていくためにも、みなさんのご協力をお願いします!




 また、町では、「牛乳消費拡大応援キャンペーン」として、牛乳を買って、飲んで応募いただくと抽選で200名様に乳製品が当たるキャンペーンを実施しています。
応募期間は、12月20日~令和4年2月21日までとなっていますので、たくさんのご応募お待ちしています!






最終更新日  2021.12.24 16:26:07
コメント(0) | コメントを書く

2021.12.17
カテゴリ:その他
12月17日(金)、2024年4月に「(仮称)岩谷学園ひがし北海道IT専門学校」の開校を目指し、学校を運営する学校法人岩谷学園と町内の経済団体など、7団体で連携協定を結びました。




専門学校は2年制で農業酪農ITと商工業観光ITの2コースを設け、各コースに30名、全校生徒120名の計画で検討されています。

町の基幹産業である酪農業では急激にロボット化が進み、管理や修理の技術が必要となっているため、専門学校の開校によってITに特化した人材が育成されることが期待されます。

西村町長からは「高校卒業後の若者が町に残るチャンスで期待している」とコメントしました。







最終更新日  2021.12.20 13:03:41
コメント(0) | コメントを書く

2021.05.07
カテゴリ:その他
5月6日(木)に中標津町外国人地域おこし協力隊として、ベトナム出身のLE THI LUYEN(レ ティ ルエン)さんが着任しました。




ルエン隊員はベトナム出身で、高校卒業後に日本へ移住。これまで横浜市で日本語学校に通って日本語の勉強をしていました。
今後は、町内在住の外国人の交流促進や支援などに取り組んでいきます。




ルエン隊員のプロフィールなどは広報6月号に掲載しますので、ぜひご覧ください。

※「地域おこし協力隊」とは、各種の地域協力活動に従事させる人材を都市地域等から積極的に誘致し、その定住・定着および地域活性化を促進するため、総務省の支援を受けて実施している取り組みです。​​​​






最終更新日  2021.05.07 15:14:24
コメント(0) | コメントを書く

2021.03.01
カテゴリ:その他
中標津町食育推進会議では、食育について子どもから大人まで幅広く親しみやすいものとするため、広報等に活用する中標津町食育イメージキャラクターを募集していましたが、応募総数259点の中から本田志望さんの作品が選ばれ2月26日(金)表彰式が行われました。




選ばれた作品はこちら ↓



名前は「いもしぃ」です。みなさんよろしくお願いします!

今後は第3次食育推進計画の表紙をはじめ、食育に関するチラシや配布物に掲載するなど、さまざまな機会に使用させていただく予定となっています。






最終更新日  2021.03.01 17:41:59
コメント(1) | コメントを書く

2020.08.28
カテゴリ:その他
8月25日(火)、明治安田生命保険相互会社釧路支社中標津営業所様より「私の地元応援募金」として寄付金を受領しました。

「私の地元応援募金」は、明治安田生命が展開している「地元の元気プロジェクト」の一環として実施され、新型コロナウイルス感染症の影響で地元で支援を必要としている団体などに寄付を行うものです。

今回いただいた寄付金は、児童会館の図書やおもちゃ、消毒液などコロナ禍の影響を受けたものの購入に活用させていただく予定です。










最終更新日  2020.08.28 11:22:05
コメント(0) | コメントを書く

2020.07.06
カテゴリ:その他
7月3日(金)、老朽化に伴う解体工事が進められているわんぱく児童館で、立てこもり事件を想定した演習訓練が行われました。

 今回の訓練では、家庭内でのDVを想定し、通報を受けて出動した警察官が話し合いを試みるも状況が変わらず、裏口に回り込んだ警察官が窓ガラスを割って突入しました。





突入後、すぐに男性を取り押さえ、女性の安全確保に向かいます。
取り押さえたところで訓練は終了となりました。


今回は、17名の警察官が訓練に参加し、参加した警察官からは「窓ガラスを割る際の力加減が分かった」「若い職員のためにも良い実践の機会だった」などの声が上がっていました。






最終更新日  2020.07.06 14:27:49
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.