251326 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

【Sumi Renaissance!】

PR

ニューストピックス

占い


● 2017年下半期 鳳香の作品展 情報 ●

【関西扇面芸術展】奈良展
〈入場無料〉
会場:奈良文化会館(1階展示室)
2017年6/7(水)~6/11(日)10:00~17:00(最終日16時迄)


【和を以て貴しと為す展】
会場:銀座かわうそ画廊
2017年6/10(土)~6/16(金)水曜は休み12:30 ~ 19:00(最終日は16:00迄)


【第24回 現代水墨画 墨映展】
〈入場無料〉
会場:新宿ヒルトピアアートスクエア
2017年6.14(水)~6.20(火)10:00~17:30(最終日16時迄)



【関西扇面芸術展】京都展
〈入場無料〉
会場:日図デザイン博物館(都メッセ地下1階)
2017年6.15(木)~6.18(日)9:00~17:00(最終日16時迄)


【真夏の美女図鑑2017】
会場:銀座かわうそ画廊
2017年7.8(土)~7.14(金)※12日(水)休み12:30 ~ 19:00(最終日は16:00迄)


【第18回きらく会・墨交展】
〈入場無料〉
会場:タワーホール船堀
2017年9/19(火)~9/23(金)10:00~18:00(最終日16時迄)


【第51回 現水展】
〈入場無料〉
会場:東京都美術館
2017年10/7(土)~10/14(土)


【千代田区文化芸術フェスティバル】
〈入場無料〉
会場:九段生涯学習館
2017年2017年11月・日程未公開


【第50回 全日本水墨画秀作展(掛軸展)】
〈入場無料〉
会場:東京都美術館
2017年12/13(水)~12/20(水)





● 作品集のご案内 ●

<最新刊>

『水墨画の展開 第4巻 掛軸編』
『墨に五彩あり 第3巻 額装編』
『水墨画の展開 第3巻 掛軸編』
『墨と彩の輝き2014 第6回京都展』
『墨に五彩あり 第2巻 額装編』
『水墨画の展開 第2巻 掛軸編』


『墨に五彩あり 第1巻 額装編』
『水墨画の展開第1巻 掛軸編』
『抽象水墨画入門~10大作家による描法と作例』


すべて秀作社出版より発売中です!
※作品集はバックナンバーも揃ってます。




2017年12月17日
XML
東京都美術館にて12/20まで『全日本水墨画秀作展(秋の掛軸展)』開催中です!

今回は第50回記念イベントとして5人の先生による席画が開催されました。

初日の鈴木昇岳先生と、2日目にご登場の王子江先生の画像を公開します。


鈴木先生席画3

鈴木先生席画5

初日13日にご登場の鈴木昇岳先生
全日本水墨画美術協会 副理事長、現代水墨画協会 副理事長、墨映会主宰、アブストラクトアートの巨匠。
抽象画と雪景色、1時間の間にたくさんの作品とその技を披露してくださいました。



25348330_2020022898216896_7050618086011957425_n.jpg

25289620_2019083384977514_1126000639085937692_n.jpg

翌14日は王子江先生でした。
日本美術家連盟正会員、全日本水墨画美術協会 副会長、長さ100メートルの壮大な障壁画、Eテレの水墨画講師。
風景、花などさまざまな作品とその匠の技を披露してくださいました。




来週、休館日明けの火曜日は、

5人のパネリストによる『水墨画シンポジウム』が開催されます。

美術評論家の佃堅輔氏の講演に始まり、

Eテレの水墨画講師としても知られる王子江氏、

抽象水墨画の大家、鈴木昇岳氏、宮田記朱氏、

関西学院大学講師でもある水墨画家の陳允陸氏、

全国水墨画美術協会の豊島宗天会長

の5人によるディスカッションが繰り広げられます。

水墨画の国際性、今後の水墨画の展開についてなど、

深いテーマに切り込んでいくことになると思います。


第50回秀作展記念行事『水墨画シンポジウム』
会場:東京都美術館大講堂ロビー階
日時:2017年12/19(火)13:45~16:30
※お申込みが必要です。秀作社出版までお問い合わせください。


2017掛け軸dm


【第50回 全日本水墨画秀作展(掛軸展)】
会期:2017年12/13(水)~12/20(水)
※18日(月)は休館となっています。ご注意ください。
会場:東京都美術館
主催:全国水墨画美術協会
後援:外務省・文化庁・東京都・秀作社出版・北海道新聞社・河北新聞社・秋田魁新報社・茨城新聞社・東京新聞・埼玉新聞社・神奈川新聞社・信濃毎日新聞社・静岡新聞社・静岡放送・伊勢新聞社・京都新聞・神戸新聞社・山陽新聞社・中国新聞社・山陰中央新報社・西日本新聞社・美術新聞社・南画院・岩崎書店・金の星社・秀作社出版・高橋書店・東京書籍・法蔵館・八木書店・墨運堂・京橋エージェンシー・富士リブロ(順不同)

内容:協会主催の展覧会は年に3回。春の国立新美術館、夏の京都、秋は東京都美術館。
   都度、秀作社出版より作品集が出版され、全国の書店で販売されます。
出品種目:水墨画・掛軸(半切・蓮落・全紙)
鳳香の作品:鳳香は、新美術新聞に掲載された墨美神の眷属を全紙に描きました。挑戦的な作品になっています。






最終更新日  2017年12月17日 10時56分45秒

サイド自由欄

プロフィール


生まれたての青


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.