000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫のおきて

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

猫のおきて

2008.09.15
XML
カテゴリ:猫のおきて
 この前のエントリの、ベランダに寝そべるヘディ猫の姿。上の写真より、下の写真のほうが、赤みがかった茶色に見える。それについて、ふらんさんから「ヘディさんって左右(?)の毛色が違うんでしょうか?」とのご指摘をいただいた。

 実は、それは、毛並みの向きと関係がある。上の写真では、見る者の視線は彼女の毛の流れに沿って、毛の根本→先端の方向へ見ていて、一方、下の写真では毛の流れに逆らい、毛の先端→根本の方向へ見ていることはお分かりいただけよう。
 つまり、下の写真では上の写真に比べて、幾分か、毛の根元が覗きこめることになるのである。ヘディ猫は、毛の根元にある下毛の部分が表面より赤みがかっているので、この方向で見ると、こんな感じで赤みがかった茶色に見えるのだ。

アンダーコート

         毛の内側はこんな感じの色

 また、上毛(保護毛)も先端と根本で色が違うので、体を伸ばしているときのほうが、毛がより内側まで見えて、スポットの地色の霜降り部分が、若干白っぽく見える、という変化もある。

普通長さ

体を普通に横たえているとこんなふう。

nobi.jpg

体を伸ばしている時の方が、スポットの地色が白っぽく、おなか側には赤みを帯びた茶色の部分が増える。

 以前から、写真に撮ったり、しげしげと眺めたりしたとき、「ヘディ猫ってこんな色だったっけ?」と、自分の印象との微妙な差異を感じることがあったが、なるほど、そのときどきで見え方が違っていたのだった!

 ふらんさん、ご指摘ありがとうございます! おかげで長らくのヘディ猫の謎の一つが解けました。
 そして、すごー! 猫、その凝った意匠!

 ちなみに単色の猫もラヴリィ♪

黒と思っていると

     黒猫「ち」も、実は内側には別の色が。

<これに関連した話を、メルマガ「猫おき」でも書いていますので、よろしければ♪>






Last updated  2008.09.15 23:46:43


2008.04.11
カテゴリ:猫のおきて
 お陰様にて先日、無事味噌が済みましたので、お約束通りの猫系エントリをば。

 さて、来る4月23日は「サン・ジョルディの日」ということで、本に関連した話題。当方の周囲の猫たちもそれぞれに本が好き。

 黒猫「ち」は、パウル・ライハウゼン博士の大著『ネコの行動学』(どうぶつ社刊)を枕にすると安らかに眠れる様子。

ネコの行動学

通いの自由猫「ヘディ猫」は、『猫の時間割』(前田義昭 写真・文 画房ルル刊)は押さえておくべき本だとアピールするし、

猫の時間割

コネコ(当時)「町蔵」にとっては、『「死後の世界」研究』(隈元浩彦・堀和世著 毎日新聞社刊)が自分の立脚点となった一冊。

「死後の世界」研究

 それぞれの本についてのブックレビューは、メルマガ「猫のおきて」の4月12日配信号に書いていますので、合わせてご覧下さいませ。メールマガジンではアンケートも実施してますのでご参加を。

 そしてブログでは、●サンジョルディの日記念 おすすめ猫本募集● も、しちゃいます!

皆様のお気に入りの猫本は何ですか? 猫たわけのお仲間にすすめたいご本をぜひ教えて下さい。下の「コメントを書く」をクリックして、ばしばし書き込んじゃって下さい!






Last updated  2008.04.14 16:17:01
2008.03.04
カテゴリ:猫のおきて
 メールマガジン「猫のおきて」では告知したのですが、毎日新聞社の健康雑誌『毎日らいふ』(3月1日発売の4月号)に、当方が猫のエッセイを書いております。

 題して、「人生を幸福にしてくれる、猫に学んだ『7つのおきて』」。
 今まで「猫おき」メルマガで書いてきたようなことをぎゅっとコンパクトにした感じの内容。黒猫「ち」や、ヘディ猫以前に付き合いのあった通い猫「名無し」の写真などもご覧いただけます。
 それから、谷崎潤一郎から町田町蔵こと町田康まで猫的作家のおすすめ本満載!猫的ブックガイドも書いてます。

 書店でお見かけの際は、ぜひお立ち読みいただき、ご感想などをメールやブログの掲示板にお寄せいただけるととても嬉しいです。
 そして、「子猫の町蔵日記」を連載しているnifty語ろ具では、この雑誌プレゼントを行う予定。近日中に告知開始予定ですので、チェックしてみてくださいませ。

猫おき@毎日らいふ

 ちなみに今デジカメが壊れており、携帯画像しかないのをご勘弁ください。






Last updated  2008.03.05 01:52:32
2008.01.24
カテゴリ:猫のおきて
 昨日、東京にも雪が積もった。

雪梅

 朝起きたら既に積もっていて、昼じゅう降り続け、その間、へディ猫はずーっと眠っていた。彼女は通い猫ながら、寒い時期は当家に泊まることも多い。しかし、朝はたいていは私より早く起きるのだが(って、じゃたいていお前は猫より寝てんのかい、と御叱りを受けそうであるが)。

 眠っているへディ猫に、茶色いストール(既にヘディ毛だらけ)をかけておく。
 彼女は小柄な猫であるから、この画像では、ストールが丸めてあるだけにも見える。

ストール

 でも、ほら、ストールをめくると、中身はヘディ柄。

中身

 延々眠って、起きたのは、夕方6時前だった。

寝起きヘディ猫

 そんな、眠り続ける彼女について、別のことをメルマガ「猫のおきて」で書いているので、宜しければお読みください。

 そして、ときどきメルマガでやっているアンケートを、今回は試験的にブログ上で。
 以下、あなたの身近な猫さんはどうですか? 下記をクリックすると回答ページが開きます。そちらにコメントボードもありますので、エピソード、ご意見など、どしどしどうぞ~。

問:雪が降ると猫はいつもよりますます眠る。
Powered By クリックアンケート






Last updated  2008.01.24 20:03:37
2007.07.31
カテゴリ:猫のおきて
 こちら、読者諸賢にはおなじみのヘディ猫。私に手枕させて悠然たる風ですが、何か、いつもと違う――そう、白いところ、薄汚れてないですか?
 例えば、こちらと比べると、その差は歴然。

 これは、先日予告した、「新しくきたものがあると、確認せずにはおられない」、すなわち「好奇心」という猫のサガから、ヘディ猫がピンチに陥り、脱出した直後の画像。
 さてそれはどんなピンチか? 詳細は、8月2日のメルマガ「猫のおきて」で!

 その前にでも、メルマガを読んだ後でも結構ですので、以下のアンケートにもご参加を。

問:猫は、好奇心が強い

Powered By クリックアンケート






Last updated  2007.07.31 20:27:23
2007.01.02
カテゴリ:猫のおきて
 あけましておめでとうございます!
 旧年中も相変わらずの猫的あれこれにお付き合いいただきありがとうございました。
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 というわけで新年の画像として当家の鏡餅をアップ。

kagamimochi

 伝統習俗、行事などの方面ではコンサバティヴな私。本来は「真空パックに入ったお鏡なんて艶消しなこと。かびない餅は餅じゃない!」と、近所の餅菓子屋さんの自家製鏡餅に、上に橙、下には裏白、それを三方に載せるというごくオーソドックスな飾り方をするのだが、これは、暮れの買出しの折、見た瞬間に買ってしまった。しかも、全3タイプの全てを。

 メーカーのサイトによると、これらはそれぞれ「愛情」「金運」「幸せ」招き猫だそうで、なんか、じゃあ今年は万全ってこと?
 だったらありがたいなあ。






Last updated  2007.01.02 15:18:36
2006.12.30
カテゴリ:猫のおきて
 年末に予定していたことの殆どが終わらないままに、明日は大晦日。後悔と反省に包まれて悄然とする私のもとに、クロネコヤマトによって、思いがけず嬉しいものが届く。

『きょうも猫日和 猫のいる歳時記』文・加藤由子 絵・大高郁子 幻冬社文庫版

猫日和

 今年の3月15日のエントリで、単行本版(実業之日本社)のこの本を取り上げていたのだが、縁あって、このイラストレーターの大高さんと知己を得、先日は単行本の企画・編集をなさったG藤さんにもお目にかかったのであった。

「小さい本」が好きな私、文庫もまたラヴリーでないの、とすっかり気に入ってしまった。一日に一つずつの「猫の豆知識」が綴られたこの本は、この一年の猫たちの幸いを念じながら読むのにぴったりで、お正月の読書にお薦めである。

 画像も載せちゃっていいのかなー?と懸念はあるものの、同封の手紙に曰く、「ブログ版『猫のおきて』でご紹介いただければ幸いです」って、関係者がおっしゃるくらいだからいいよねー、と、こうしてご紹介する次第。

 猫は、どの日も「良いお日和」にしてしまえる。
そのときどき、そこにあるぶんだけの「福」で、「幸せ」を味わう術に長けている。
 天気予報では寒くなると言われて、心配していた今日も、風さえなければ日差しだけで暖か、と、ヘディ猫にとっては十分に満足な、「良いお日和」なようだ。
 そんな姿にふと、「足るを知る」という言葉が思い浮かぶ。

ヘディ猫日和

 今年も最後まで、猫に教えられた一年であった。


●ブログのほうは今年から、メールマガジンのほうは今年も、「猫おき」にお付き合いいただき、ありがとうございました。
 今日配信のメールマガジンでは、ちょっと別なことも書いてますので、どうぞご覧下さい。そちらでは、アンケートも実施してますので、ぜひご参加ください。

 どうぞ皆様、そして全ての猫たち、よいお年を。






Last updated  2006.12.30 16:35:50
2006.07.23
カテゴリ:猫のおきて
 今回のエントリは、メールマガジン「猫のおきて 第150号 仕事の邪魔をする」のサワリをお届けします。

========================================

 猫は、仕事の邪魔をする。
 持ち帰った書類を机の上に出しておいたら、猫にその上を歩かれ「決済印」の代わりに「肉球印」を押されたり、じゃれられて切り裂かれたりした経験をお持ちの方は少なくないだろう。最近では、パソコンで書類を作りかけ、ちょっとその場を離れたら、「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;りいいいいいいいいいいfddd」などと意味不明な一節を付け加えられたり、ことによると書類のデータ自体を消去され、凍りついた方もおいでかもしれない。
 そのように、猫は時として、威力業務妨害に及ぶことがある。

 しかし人間の「仕事」の中でも、「猫のご飯を作る」とか「猫トイレを掃除する」といった、猫自身のための仕事の場合、邪魔することなく、静かに見守っていることが多い。
 邪魔をするのはもっぱら、猫自身と関連のない仕事の場合だ。
 とはいえ、大局的に考えると、猫と直接関係のない仕事も全て、「獣医さんにかかったり、猫フードを買ったりする金を稼ぐため」であるのだから、猫にはその辺を斟酌してもらいたいのだが、なかなかそこまで考えてはもらえない。

 私の場合は、例えばこんなふうに威力業務妨害を受けている。
 いつになく勤勉に業務に勤しんでいたとある夕方、ドアの外から「なー」と声がして、通いの「ヘディ猫」が訪れた。玄関を細めに開けるとするりと入って来たので、台所でドライフードを振舞う。いつもなら「猫も来たことだし」と仕事を切り上げて猫をかまってしまうが、この日の私は珍しく机に戻り、仕事を再開した。
 と、暫くするとヘディ猫が部屋に入ってきて、「なー」と鳴く。「ご飯なくなったか?」と見に行くと、四分目ほど残っている。水もたっぷりある。「じゃあ何だ。また外出るか?」と玄関を開けても、ベランダの窓を開けても、その場を動かず「なー」と鳴くばかり。
 さて、食べ物はある。通路はフリー。じゃあ彼女の要求は何だ?
 とりあえず背中を撫でてみたら、前肢をフミフミしながら目を細めたので、「ああ構われたいのか」と、ベッドにのせ、ひとしきり額やら耳の後ろやらを掻き、撫で回してやる。
 するとヘディ猫は、「ぐうるぐうる」と言いながら横になって目を閉じ、前肢をフミフミ、グーパグーパとする。「そーかそーか、んじゃこれでいいだろ」と、しばしかまってから傍を離れて仕事に戻ったが、しばらくするとまた背後で「なー」の声。
「だからどしたんだよ」と応えて椅子を立ち、ヘディ猫の近くに寄る。そして彼女の要求を見定めようと、あとをついて歩く。
 と、ヘディ猫は、今私が立った椅子の座に飛び乗り、ちんと座って落ち着くではないか。
 って、それじゃ仕事できないじゃん!(以下はメールマガジンにて)

bougai

========================================

 と、全文だと長すぎたので、前半のみ。後半はまぐまぐにてお読みいただけます。

●メルマガの内容に関連して、アンケートを2つ実施しますので、ぜひご参加を。
悔恨、反省、自慢などはコメントボードへどうぞ。

問:猫は仕事の邪魔をする。
Powered By クリックアンケート

問:猫にかまけているとうだつがあがらない。
Powered By クリックアンケート

締切:2006年07月31日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

※アンケートへのご回答、ご記入いただいたコメントにつきましては、「猫のおきて」や他の媒体に掲載することがございます。予めご承知おきください。
※アンケートのシステム自体についてのご質問は、
クリックアンケート http://clickenquete.com/に直接お願い致します。






Last updated  2006.07.23 21:46:49
2006.03.01
カテゴリ:猫のおきて
 さて以下は、メールマガジンでも配信している「猫のおきて」の本編です。猫についての筆者の雑感、エッセイ、コラムのようなものですね。毎回2000字程度はありますので、お時間あるときにお読み下さいましねー。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 猫は、しあわせにしてくれる。

 それは私が、ずっと長い間、数々の猫たちを撫でながら、考えてきたことだ。
 猫を見ると、心楽しい。毛糸玉が弾むようにじゃれまわる子猫でも、香箱を組んでじっと目を閉じる老猫でも、姿を目にするとつい口元が弛む。
 猫を撫でていると、心が和む。なめらかな毛並みの背中でも、ふわふわのおなかでも、しゅるんと長い尻尾だっていい。柔らかな体をクロワッサンのような形に曲げて眠っている、そのおなかの毛並みに顔をうずめるときなどは最高だ。
 或いは、そのふにふにとした肉球で踏みつけられたり、ざりざりした舌で舐められたりするときも、言い知れぬ幸福感に満たされ、「でへへ」などと妙な笑いをもらしてしまう。

 猫がしあわせにしてくれることは、そんなふうに身を以って実感しているわけだが、ではそれはなぜなのか。猫は姿が美しいから? 触り心地がいいから? 鳴き声がかわいいから? それは全てその通りでもあろうし、人によってはそのどれかを重要視しているかもしれないが、自分にとってはどれも決定的な理由ではないような気がする。
 そうして私は、猫が私をしあわせにする理由を、ああでもないこうでもないと考えてきたのだが、最近は、こういうわけではないか、と思っていることがある。
 実に単純なことで、ご存知の方には今更と言われそうだが、それは「信頼」だ。

 これまで、メールマガジン「猫のおきて」に、当家の黒猫「ち」の油断した状況――例えば、人間の足をまったく恐がらないとか、おなかを触っても気にしないとか、熟睡して寝言を言う(鳴く?)とか――をつらつら書いてきたが、これ全て、私をはじめとする同居する人間を信用していないと、とれない態度である。
 だって考えてもみてほしい。体重比で言えば、たかだか3.5キロの「ち」にとっての私は、私にとってのヒグマ(大型のオスで300キロ以上)くらいである。身長差でいえば私とキリンくらいである。キリンの背丈のある、ヒグマほどのボリューム感の動物が接近して来たら、危害を加えられないとわかっていても、私なら身を竦ませずにはいられない。
 それを彼女は、緊張感などどこにも感じられないくにゃりと弛緩した体で、その巨大な動物の手や足や、時には顔面を受けとめているわけである。もしその動物の動作が勢い余ったとしたら、衝撃で体がつぶれるなどという危惧は、まったく持たないのだろう。
 こいつが自分に害を加えることは絶対にない。そんな、「ち」の自分への信頼を、無意識に感じ、それが自分の幸福感の源になっていたのではないかと思うのだ。

 この関係は飼い猫と飼い主だと顕著だろうが、自分の飼い猫でなくとも、人間に心を許している猫は、程度の差こそあれ、そんな感情を抱かせるのではないかと思う。
 例えば、道端で出会った猫が、近寄っても逃げずにくつろいだ様子なら、その猫から「この人間はいきなり凶暴になったりしない」と評価されているように感じるし、目を細めて耳の後ろを掻かせたら、「こいつは殴ったりしない」と信頼していることを感じさせる。
 逆に、こちらがちょっと近づいただけで猫がさっと逃げたら、それはちょっと悲しい。

 すべからく人間は、他者から信頼されたいのだ。「お前はOKな存在だ」と、肯定されたいのだ。他者から肯定されているという認識、それが人間を幸せにするのである。
 猫や犬など、コンパニオン・アニマルと言われる人間と関係の深い動物たちが、人間のそういう心情に働きかけることは、アニマル・セラピーの実践を見ても明らかだし、カナダでは、刑務所の受刑者に猫や犬の世話をさせる「プリズン・ペット・プログラム」も進んでいるというのも、2002年にNHK衛星放送の番組で見た。
 受刑者は動物を飼い、その動物と一緒に出所する。刑務所には獣医さんがいて、飼い方をアドバイスしたり、動物達の健康管理で力になったりする。受刑者たちは猫を撫でながら、「愛しいと思う気持ちを持てた」「自己中心的な考え方をしなくなった」と心の変化を述べ、識者が「信頼されるから責任感が生まれる。こういう感情を持つことで、人は救われるのです」とコメントしていた。

 そうなのだ。猫は、言葉は発さなくとも、「お前はOKだ」と全存在でメッセージを送っている。そのことが私をしあわせにする。だから私も、猫に対して日々「あんたたちがいてくれて本当に良かった」と、肯定のメッセージを送り続けているのだ。
 まあ、猫は他者の評価如何に関わらずしあわせでいられる自己充足タイプだから、そういうのって別にどうでもいいのだろうと思うけれども。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

●とはいえ、これって「猫の」おきてでもなくて、人間同士の関係性でも同じですよね。
 さて、このテーマはもちろんアンケートします。勇んでお答えになりたい方もたんとおいででは? 下記クリックアンケートにどうぞご参加を。「私はこんなふうにしあわせにしてもらった!」という自慢話も、コメントボードにがんがんお寄せ下さい。

問:猫は、しあわせにしてくれる。

Powered By クリックアンケート⇒ http://clickenquete.com/

●その他、ご意見、ご感想大歓迎です。コメントボードや掲示板は開いていませんので、メールでお寄せ下さいまし。






Last updated  2006.03.02 03:24:38

全9件 (9件中 1-9件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.