001642 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

幻覚ねこ

2018.09.24
XML
カテゴリ:日本文学 メモ
石川啄木『一握の砂』より:

「あたらしき背広など着て
旅をせむ
​​​​しかく今年(ことし)も思ひ過ぎたる」


萩原朔太郎「旅上」:

「ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん。
汽車が山道をゆくとき
みづいろの窓によりかかりて
われひとりうれしきことをおもはむ
五月の朝のしののめ
うら若草のもえいづる心まかせに。」


石川啄木『一握の砂』より:

「盛岡(もりをか)の中学校の露台(バルコン)の
欄干(てすり)に最一度(もいちど)我を倚(よ)らしめ」


西脇順三郎「無常」より:

「バルコニーの手すりによりかかる
この悲しい歴史
水仙の咲くこの目黒の山
笹やぶの生えた赤土のくずれ。
この真白い斜塔から眺めるのだ
枯れ果てた庭園の芝生のプールの中に
蓮華のような夕陽が濡れている。」






最終更新日  2018.09.24 03:06:25

PR

プロフィール


ねたきりねこたろー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

日本文学 メモ

(3)

イタリアン・プログレッシヴ・ロック

(0)

日記/記事の投稿

カレンダー

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.