創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

英語道場 3 HAVEの威力③!!!


英語道場 第3回 ハブ(HAVE)の威力 3

Hi, my dear readers!!! This is Ken.

前回の課題:
『弊社のコンピューターシステムによりまして、10種類のサービスを
 ご利用頂けます』の英訳は、判りましたか? 色々な言い方がありますが、
【have +カタカナ語】パターンで、楽に言えます。
"You can have ten types of services through our computer system."
です。 この場合、You というのは、お客様の事です。

You can have ~で、「貴方は~を持つ事が出来る」という事ですので、
転じて、【利用できる】という意味になります。
例えば、"You can have a potato salad with this steak."
     (このステーキをご注文されるとポテトサラダが付きます)
 という使い方が出来ます。

【have +カタカナ語】のパターンを使う際、誰の事を発言するのかにより、
主語を決めます。自分の事でしたら、(I have +カタカナ語),
相手の事でしたら、(you have +カタカナ語)となります。
通じる英語には、こういう機転の利かしが大切です。
この機転が利く様になりますとhave で色々英語が言える様になります。

『君、来月、出張してくれたまえ(或いは:出張があるんじゃない)』は、
"You will have a business trip next month."と言います。

意味合いは、会話状況により異なります。

『あいつも困るだろうな』は、
"He will have a hard time."となります。
尚、"have a hard time"とは、(苦労する)との意で、
反対に"have a good time" は、(楽しむ)という意味です。

次回は、haveの使い方をもっとお見せします。

次回までの課題:
『この新製品には、3つの特長があります』をhaveを使って
英語で言ってみて下さい。主語は、何が来るでしょうか?ご質問は何なりと。
                                  
See you next time!!!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.