創業21年超!<兵法/英語二刀一流>Kenの英語簡単講座!!

英語の練習方法の一案

★☆★ 特別編 ★☆★

今回は、特別編として、英語の学習方法を述べたいと思います。

英語の学習は、幼少の頃からの方が良いとよく言われます。
が、むしろ社会人、大人の方が良いと私は思います。
色々な事柄を経験し、知っているので、正確に「察し」が出来るからです。

つまり、前後の関係や状況で、相手が仮に未知の言葉を言ったとしても、
それが正確に推測出来て理解出来ます。
大人では、記憶力には限りがでてきますが、こうした経験力がモノを言います。
英語会話に一番大切な事です。

さて、日本人は、英語を学習する場合、変な癖があります。
例えば、 親子の会話。 お父さんが息子に、
Do you have a free time now ? (ドゥユー ハバ フリータイム ナウ) と聞いたとします。 この場合、大抵の方は、「あなたは今、時間がありますか?」という風に
日本語で訳します。 従来から、学校等では、こうした訳し方をして、
教えております。

しかし、この日本語は状況を無視した変な日本語です。
親子の会話ですから、しかもお父さんの発言ですから、
「おまえ、今 時間あるか ?」等と、状況に応じて日本語の意味を
考え出す事が大切です。 状況を考えて、日本語で意味が言える様になると、
英単語の本当の意味や使い方が分かってきます。
これが大事な英語の学習方法です。 教材は、中学校の教科書で良いでしょう。

中学校の教科書で、状況に応じてうまく自然な日本語で訳せる方は、
学校や塾の英語教師、セミプロの翻訳者でも多くはいない様です。

例えば、 Kiku was an active girl. は、 学校では、(キクちゃんは、
活発な女の子でした)と訳しますが、 この訳よりも、 日本語らしく(おてんば)と
する方が分かり易いのです。 或いは、Kiku was an active lady. でしたら、
「行動派」という事ですね。
ですから、英単語のactive は、おてんばと言う意味で、
男の子の場合は、(腕白)と言う意味が正確な語感となります。

中学校の教科書を見られて、日本語らしく英語を訳しましょう。
それを手がかりに、英語で言う練習をすれば、
簡単で、通じる英語の練習となります。

See you !!!


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.