1192317 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

できるところから一つずつ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


noriko5858

フリーページ

連作


喜劇なるべし  〈2003〉


コトバ、ことば、言葉 (2004)


畏れつつ待つ (2005)


慣れてゆくべし 〈2006〉


夏風、三十年 (2007)


ひらがな たち 〈2008〉


踏み切れば 風 (2009)


笹飾り (2010)


楷書の樹海(2011)


リトル・サトウ (2012)


吉野の筆(2013年)


時に苦笑(2013年予備)


突然に (2014年 予備)


半々となる(2014年)


パステルカラーの夏 (2015年予備)


ラ・マンチャの風 (2015年)


会ふ(2016年)


題詠マラソン


題詠マラソン2003


題詠マラソン2004


題詠マラソン2005


題詠blog 2006


題詠blog2007


題詠blog 2008


題詠blog 2009


題詠blog2010


題詠blog2011


題詠blog2012


題詠blog2013


題詠blog2014


題詠blog2015


題詠100*2017


題詠100*2018


題詠100*2021


トップページに使った写真


2011年


2012年


2013年 


2014年


2015年


2016年


2017 年


2018年


2019 年


2020年


2021年


2022年


第一歌集『極光 aurora borealis』


第一章 飛行機雲


第二章 紅(日本にて)


第三章 桜桃 (連作)


あとがき


発表歌


1985年ー1990年


1991年-1995年


1996年


1997年


1998年


1999年


2000年


2001年


2002年


2003年


2004年


2005年


2006年


2007年


2008年


2009年


2010年


2011年


2012年


2013年 


2014年


2015年


2016年


2017年


2018年


2019年


2020年


2021年


2022年(進行中)


第二歌集『カナダの桜』


コスモスその他に発表したエッセイなど


バンクーバー短歌会へ


コスモス武蔵野支部へ


コスモス本誌へ


♪ Welcome to Tanka diary. Bien venido. Bienvenu.♪


カナダで詠う日本の心

「うた日記」のページにようこそ!








::::::::::::::::::::::::::::
April 6, 2022
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

使ひ方しらぬ救命具の如く〈死〉は在り 日々の暗がりにあり(高野公彦「河骨川」)

本当にそうだな・・・・と思うが、かといって、使い方を練習するわけにもいかず、取扱説明書があるわけでもない。
経験者に話を聞くこともできない。

救命具は、使わないで一生を終わることもあるけれども、「死」は誰もが避けることができない、人生最後の大冒険なのかもしれない。

(考えてみたら、わが家には救命具にあたるものは、一つもなかった。)







最終更新日  April 6, 2022 05:42:42 AM
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

お気に入りブログ

encantada norikofordaieiさん

コメント新着

てぃー@ Re[3]:暑い・・・・(06/27) noriko5858さんへ 49℃はバンクーバーで…

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.