097246 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

NTB工場長ナカマの誠心誠意勤め上げますブログ

2019年02月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは。

お客様から、工場が増えたお祝いで、消火器を頂きました。




7本も!
とても有難いです。
N様ありがとうございます。
消火器の種類やその用途まで、教えていただきました。


気になり調べてみると、消火器は進化していました。


・粉末系消火器
速効で火勢を抑えて消火します。浸透性がないので可燃物によっては再燃することがあります。
放射時間が比較的短いので、火元を的確に狙うことが大事です。


・水系消火器
冷却効果が高く浸透性があり、再燃を防止します。
放射時間が長いので落ち着いて消火できます。


・ガス系消火器
対象物に入り込み、窒息効果で素早く消火します。
消火薬剤がガスなので電気施設や精密機械なども汚損しません。

私は、粉末と泡までは知っていたのですが、ガス系まであるとは知りませんでした。

どれも、基本は建物に設置するので、車内や高温になる場所での設置は不可です。


車内に消火器を設置する際は、高温対応の消火器を設置致しましょう。






ただし、ガス系消火器以外は後始末が大変になります。
ガス系消火器はデメリットもあり、木や布、ゴム、動植物油類(天ぷら油等)は不向きのようです。


弊社では消防用具として、ブランケットタイプを標準搭載させていただいております。
燃えているところにブランケット(ガラス繊維素材)をかぶせることによって鎮火効果が得られます。





備えあれば憂いなし。ですね。


それでは、本日はこの辺で。






最終更新日  2019年02月22日 19時43分51秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.