830685 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ヒロガルセカイ。

PR

Rakuten Profile


柊リンゴさん

ダイエット継続人生

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ダイエット  ウオーキング  料理  BL  ファッション  コスメ  プチプラ 

Category

Freepage List

にほんばれ。(BL/幼馴染/初恋)


2.はつしも。


3.きらら。


4.初星。


おわり。


機械仕掛けのネジ。(BL/人型/せつなめ)


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


13


14


15 おしまい。


なつやすみ企画のSS。(勿論 BL)


3.炭酸水。(犬/友情↑恋↓)


4。ハリケーン。(へたれ攻/我侭受け)


壁際に寝返り打って。(BL/関西弁/誘受)


2


3.


4.


5.


6。


7。


8。


9。


10。


11。


12。


キスに撃たれて眠りたい。1


2。


3。


4。


5。


完璧な取引。(アヤ/友人の兄/初物強気受)


2。


3。


4。


5。


6。


7。


8。


9。


10.


<余談。>


凍結オレンジ。(アヤ/けなげ/強気攻・受)


2。


3。


4。


凍結オレンジアッド。1


2。


3。


おわり。


SS「十五夜にきみの寝顔。」


教えて欲しいんです。1


2


3


4


5


6


守って護られて。1


2


3


4


5


6


7


8


9 *15禁


10 *15禁


番外編 聖なる夜に。


11 *15禁


12


13


14 *18禁


15 *18禁


16


17 → 1/1 UP !


18 *18禁  → 1/4 UP!


19 *18禁 →1/7UP!


専属になりたい。 →1/8UP!


2. → 1/10 UP!


3.  →1/12UP!


人違いのキス。1  1/18UP!


2.


3.  1/19UP!


4. 1/23UP!


5. 1/25UP!


6. 1/28UP!


あなたがいるから。(アヤ高校卒業編)


2. 2/9UP


3. 2/13UP


4. 2/14UP


5. 2/16UP


6. 2/19UP


7. 2/19UP


8.  3/1UP


9. 3/1UP


10. 3/1UP


11.  背負い投げ


12. 3/8UP


13. 18禁 3/16UP


14.


15. アヤの卒業式。 4/2UP


生意気で好み。1


2.


凍結オレンジ。セルフィッシュ1


2  4/27UP


3  5/6UP


4  5/8UP


5


6  5/20UP


7  6/5UP


8. もっと声を張れ! 6/21UP


9. 志信さんもやんちゃ。 7/4UP


10. 強がります。 7/11UP 7/12改定


11. 大人の男。 9/2UP


12.泣かせた男  6/2UP


アンタゴニスタ(敵)・1


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.終わり


平穏な時間


唇が逃がさない


あの瞳が誘惑する


慰めのキス


姐の仕事(ノブ登場)


その柔肌に触れもせず。(花魁の男性版)


2。


3。


4。


5。


6。


7。


8。


9。


10。


11。


12。


13。


14。


15。


16。


17。


18。


19。


20。花魁道中


21。


22。


23。


24。


終。


傾城の微笑。(高尾太夫)1.


2.


3.


つま先立ちのネコ。(初/共同作業/美術部)


2


3


4


5


6


7 ●15禁


8 ●15禁●


9


10


11


12 おわり


星影に眠るネコ。1


2


3


4


5


6 ●15禁


7 ●やや15禁●


8


9


10


楽園のセキレイ。(ヤクザ/心酔受)


2.


3.  1/22UP!


4. 1/23UP!


5.  1/24UP!


6. 2/1UP!


7. 2/4UP


8.  18禁 2/16UP


9. 2/19UP


10.  3/5UP 18禁


11.


恋情アライバル(義兄弟・高校生)


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


17.


18.終わり


ゴカン。(探偵X高校生)


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


17.終わり


ジュウダイ事件(極道X高校生)


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


17.


18.終わり


Wishlist

Rakuten Ranking

やんちゃな男子のBL小説をメインに、いろいろ書いて遊ばせていただいております。
すみませんが18禁なのです



  
■2016年6月から再開しました。「色彩カンビアメント」ブログで公開しています■


  ■←フリーページに完結したBLがあります。下へ行くほど新しいです■

  ■2008年頃に勢いで書いてた分がこれです■

●「俺はあなたのなんですか」問いかけるアヤに応えてください。
「凍結オレンジ。」ヤクザ編は18禁 勢いでバトル書きましたセルフイッシュ

●美術部「つま先立ちのネコ。」続編です。「星影に眠るネコ。」

●BL遊廓 → 「その柔肌に触れもせず。」

●隣室からの喘ぎ声「壁際に寝返り打って。」(へたれ攻Xわがまま受)




  
 ■よそのブログ


#停滞です→きみといっしょ。.JPG

#BLでSS。停滞です。→m-p-m-banner06-02.jpg


こっそり再開しました。ゆるい更新ですが、よろしくお願いします。


現在もお世話になっているところBLと二次小説

twitter  rinngohiiragi

拍手



●こんな拙いものですが、柊リンゴは著作権を放棄しておりません。●
 「ヒロガルセカイ。」および上記ブログの
 BL小説・日記、すべての文章の著作権は柊リンゴに属します。
 無断転載および盗用はしないでください。
 良識ある判断をお願いします。自分がされて嫌な事はなさらないでください。
2017/05/27
XML

体を開かせれば俺のものになると思っていた。
現実は、睡のご機嫌取りだ。

出会いは星の見えない雨の降る夕刻だった。
傘を持っていなかった俺はコンビニで傘を買おうと店を探していた。
「びしょ濡れのお兄さん。傘は置いていませんが着替えの服ならありますよ」
声をかけてきたのは睡。
降り注ぐ雨をかいくぐるような微笑に息を呑んだ。
「もう店を閉めようとしていましたが、あなたが最後のお客さんです」
口角を上げてこちらを窺いつつ、自信を隠さない姿に翻弄された。
「うちは紳士服も少し扱っていますので、ね」
俺は傘を買うべきなのに、服を新調してしまった。
「よくお似合いで。これならどんな女性でもナンパできます」
「きみはどうかな」
「はい?」
俺は自分でもどうかしていると思った、しかし止められない。
一目ぼれだったのだ。



「黒松課長、今日こそはランチご一緒しましょう」
女性陣が長財布を片手に現れた。
「行かないと、こそこそLINEをしているって部長に言っちゃいますよ」
「どうしてそれを?」
「吉田くんから聞きました」
あいつ、要注意だ。
しかもLINE自体、睡から返事が来ない。
既読にはなっているが忙しいのだろうか。
いや、面倒なのかもしれない。
少しづつあいつのことがわかってきた。

睡は我儘で自己中心型で、
自分は変わらず周囲を変えていく人間だ。



断り切れず女性陣とイタリア料理店でピザのランチをとる羽目になり、
トマトとにんにく、オリーブオイルだけのシンプルなマリナーラや、
バジリコを散らしたマルゲリータを見ながら
『飾り気のないこういう奴が売れるんだよな』と思う。
睡は自分を飾らない。
しかし、スタッフとして・男として女性を集めるセルフプロデュースはしている。
何の努力もしないものは誰も魅力を感じない。
たとえ素が良くても通り過ぎてしまう。
それを振り向かせるのが睡だ。

昨日は女性陣に邪魔をされたが今日は自分の憩いの場へ赴く。
睡と食べるランチは自分へのご褒美に近い。
まあ、ご機嫌取りに終始しがちだが。

「昨日はお店に寄れなくて悪かった。お詫びに良さそうな店を選んでみたんだ」
「別に? 謝らなくていいんじゃないの」

唇の端に付いたソースを親指でぬぐう睡の仕草も好きだ。
俺は毎日、睡の好きな所を見つけるためにランチへ誘うのかもしれない。
「今日は泊まりに来るだろ?」
ランチのミニバーガーセットをほおばりながら睡が首を振った。
「棚卸があるんだ。22時終了予定だから多分疲れて寝たいはず」
「つれないな。俺が残業の時は『先に食べて寝る』とLINEを送って来て失望させるし」
「そんな事あったっけ。多分、お腹がすいていたからだね」
目線もくれない。
つけ入る隙がない。
棚卸前でピリピリしているのだろうか。
「伍希。このミニバーガーセット、
プレーンとフイッシュ、照り焼きがあって面白いね。
普通のハンバーガーの1/3の大きさだから女子でも食べきれるね」
「あ、ああ。そうだな」
「女子向けっぽいからそれは丁度いいのかな」
確かにこのメニューを載せたインスタは女子ばかりだった気がする。
初歩的なミスだ、睡はよく食べるのだ。
これでは足りないのだ。

「美味しくないか?」
「ん? 美味しいよ。見た目が鮮やかだし。
ハンバーガーもバンズがソフトでパテは2度挽きみたいで柔らかく、
肉汁が出ないから手が汚れない。
てりやきはどうしても汚れるけどね、ま、いいよ。
まあ、プレートにポテトじゃなくてベビーリーフを散らすあたり、
インスタに上げるにはもってこいの見た目重視だろうし、
食べるのが女子だろうから、
その辺は食べやすさに重きを置いたのかもね。
僕はがっつりいきたいから、間にベーコンを挟んでほしいな」

これでもインスタで話題のお店に連れてきたつもりだぞ。
少しは誉めろ。
スマホを操作しながら睡がまだ食べていなさそうな話題のお店を探す。
肉続きだったし今日のこれは不評だったから海鮮だな。
「じゃあ、明日はロブスターの……」

「明日もお店に来るの? 営業ってどんな仕事なの」

呆れた顔をするな、
これでも時間のやり繰りをして勝ち取った俺の大事な時間なんだぞ、
それくらいわかってくれよ。
「じゃあ明日は御飯ものがいいな。前行ったことがあるお店」
誰とだ? 俺では無いような気がする。
「伍希じゃないよ?」
「わかっているよ。見透かしたように言うな。じゃあ、誰とだよ」
詮索するような言い方に気恥ずかしくなる。
「スタッフと。
うちのお店の売り上げ目標達成のお祝いで、皆でヒレカツを食べたんだ。
その店、ごま油を使用していてカリッとした歯触りに肉厚なカツが半生な揚がり具合でね。
ソースじゃなくてマスコットというイタリアの岩塩で食べるんだよ。
店長のおごりだったから、皆で追加のカキフライも食べたんだ」

かなり食べていそうだな。しかも、また肉を食べるのか。何が御飯ものだ。
それにしても、本当によく食べる割に華奢な体つきで、
摂取した栄養が何処へ行ったのか不思議でならない。

「店の皆と食事って。
まさか、お客とも行くのか?」
「よくお客さんに誘われるよ、お茶に行こうって。
2回は断るね。
3回言って来たら、まあ、美人ならいいかなと思うけどそういう人程3回は言わない。
もし外で会ったらその人、お店に来なくなるでしょ。満足しちゃって。
ホストみたいなものかな。
僕はあくまでショップのスタッフだから来店させて買ってもらう。
営業努力しているんだよ、こう見えてさあ」

それは女性客を転がしているんだと言いたい。
どうせ、その気がある素振りをして大量に服を買わせて連日通わせて……。

「態度が馴れ馴れしくて気に入らないお客さんには仏の顔も三度まで。
別にその人に来てもらわなくてもうちの服は売れるし」

同じ数字の3でも意味が違う。
睡の中で確かでしたたかな線引きがある。

「今日は僕が払うから」
睡が立ち上がろうとするので焦った。
「え、俺の方が稼いでいるからいつもどおり俺が払うよ。
お店も半ば強引に俺が決めたんだし」
「たまにはいいじゃない。
珍しく伍希が決めた店だからさ。僕も働いているんだし」

喜んでほしくて検索して良かったか。
感謝してくれていると捉えていいのだろうか。
いや、少し違う気がする。
俺の選択ミスだ。
女子受けするお店に連れてきた、これが気に障ったのだ。
睡は中性的な顔立ちだが女子ではない。
からかわれたと思われたか?

睡の後を追ったが速足で追いつけなかった。
勤務する店へ立ち寄る時間はもうない、帰社しなければ。
誤解がなければいい、もしも嫌われてしまったら、睡の次の行動が読めない。
まさか気に入らないお客のように体よくあしらわれるのか。
今もそんな感じだが。

睡の心を開かせるには体の関係が無かったうちが良かったのだろうか。



3へ続きます




●プリン●

評判の良いお店のプリンを食べてみたのですが、……セレブ向けだったかな。
こう、小さな牛乳瓶にとろんとろんのプリンが入っていまして、
それをすくう長めのスプーンをいただいたのですがすくえないっ。
がしがしと瓶にスプーンをぶつける有様。

自分のような子供舌にはコンビニや安価なプリンが合うようで。
十分、美味しいです。
大好きですよ。今はセブンのプリンが好きかな。







Last updated  2017/05/27 10:50:29 AM


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.