814965 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ヒロガルセカイ。

PR

Rakuten Profile


柊リンゴさん

ダイエット継続人生

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ダイエット  ウオーキング  料理  BL  ファッション  コスメ  プチプラ 

Category

Freepage List

にほんばれ。(BL/幼馴染/初恋)


2.はつしも。


3.きらら。


4.初星。


おわり。


機械仕掛けのネジ。(BL/人型/せつなめ)


2


3


4


5


6


7


8


9


10


11


12


13


14


15 おしまい。


なつやすみ企画のSS。(勿論 BL)


3.炭酸水。(犬/友情↑恋↓)


4。ハリケーン。(へたれ攻/我侭受け)


壁際に寝返り打って。(BL/関西弁/誘受)


2


3.


4.


5.


6。


7。


8。


9。


10。


11。


12。


キスに撃たれて眠りたい。1


2。


3。


4。


5。


完璧な取引。(アヤ/友人の兄/初物強気受)


2。


3。


4。


5。


6。


7。


8。


9。


10.


<余談。>


凍結オレンジ。(アヤ/けなげ/強気攻・受)


2。


3。


4。


凍結オレンジアッド。1


2。


3。


おわり。


SS「十五夜にきみの寝顔。」


教えて欲しいんです。1


2


3


4


5


6


守って護られて。1


2


3


4


5


6


7


8


9 *15禁


10 *15禁


番外編 聖なる夜に。


11 *15禁


12


13


14 *18禁


15 *18禁


16


17 → 1/1 UP !


18 *18禁  → 1/4 UP!


19 *18禁 →1/7UP!


専属になりたい。 →1/8UP!


2. → 1/10 UP!


3.  →1/12UP!


人違いのキス。1  1/18UP!


2.


3.  1/19UP!


4. 1/23UP!


5. 1/25UP!


6. 1/28UP!


あなたがいるから。(アヤ高校卒業編)


2. 2/9UP


3. 2/13UP


4. 2/14UP


5. 2/16UP


6. 2/19UP


7. 2/19UP


8.  3/1UP


9. 3/1UP


10. 3/1UP


11.  背負い投げ


12. 3/8UP


13. 18禁 3/16UP


14.


15. アヤの卒業式。 4/2UP


生意気で好み。1


2.


凍結オレンジ。セルフィッシュ1


2  4/27UP


3  5/6UP


4  5/8UP


5


6  5/20UP


7  6/5UP


8. もっと声を張れ! 6/21UP


9. 志信さんもやんちゃ。 7/4UP


10. 強がります。 7/11UP 7/12改定


11. 大人の男。 9/2UP


12.泣かせた男  6/2UP


アンタゴニスタ(敵)・1


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.終わり


平穏な時間


唇が逃がさない


あの瞳が誘惑する


慰めのキス


姐の仕事(ノブ登場)


その柔肌に触れもせず。(花魁の男性版)


2。


3。


4。


5。


6。


7。


8。


9。


10。


11。


12。


13。


14。


15。


16。


17。


18。


19。


20。花魁道中


21。


22。


23。


24。


終。


傾城の微笑。(高尾太夫)1.


2.


3.


つま先立ちのネコ。(初/共同作業/美術部)


2


3


4


5


6


7 ●15禁


8 ●15禁●


9


10


11


12 おわり


星影に眠るネコ。1


2


3


4


5


6 ●15禁


7 ●やや15禁●


8


9


10


楽園のセキレイ。(ヤクザ/心酔受)


2.


3.  1/22UP!


4. 1/23UP!


5.  1/24UP!


6. 2/1UP!


7. 2/4UP


8.  18禁 2/16UP


9. 2/19UP


10.  3/5UP 18禁


11.


恋情アライバル(義兄弟・高校生)


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


17.


18.終わり


ゴカン。(探偵X高校生)


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


17.終わり


ジュウダイ事件(極道X高校生)


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


14.


15.


16.


17.


18.終わり


Wishlist

Rakuten Ranking

やんちゃな男子のBL小説をメインに、いろいろ書いて遊ばせていただいております。
すみませんが18禁なのです



  
■2016年6月から再開しました。「色彩カンビアメント」ブログで公開しています■


  ■←フリーページに完結したBLがあります。下へ行くほど新しいです■

  ■2008年頃に勢いで書いてた分がこれです■

●「俺はあなたのなんですか」問いかけるアヤに応えてください。
「凍結オレンジ。」ヤクザ編は18禁 勢いでバトル書きましたセルフイッシュ

●美術部「つま先立ちのネコ。」続編です。「星影に眠るネコ。」

●BL遊廓 → 「その柔肌に触れもせず。」

●隣室からの喘ぎ声「壁際に寝返り打って。」(へたれ攻Xわがまま受)




  
 ■よそのブログ


#停滞です→きみといっしょ。.JPG

#BLでSS。停滞です。→m-p-m-banner06-02.jpg

#リ●ーンのSSはここで。某所へ移転します。ani_nekohiba2.gif →ワールドワイドラヴ.JPG


こっそり再開しました。ゆるい更新ですが、よろしくお願いします。


現在もお世話になっているところBLと二次小説

twitter  rinngohiiragi


●こんな拙いものですが、柊リンゴは著作権を放棄しておりません。●
 「ヒロガルセカイ。」および上記ブログの
 BL小説・日記、すべての文章の著作権は柊リンゴに属します。
 無断転載および盗用はしないでください。
 良識ある判断をお願いします。自分がされて嫌な事はなさらないでください。
2017/03/17
XML
カテゴリ:SS(BL)
指をぎゅっと握られた、そのとき僕の中で箍が外れたのか視界が半分ぼやけた。

「おまえ、寂しいの?」
「え?」
「涙出てる。左目だけ」
ぬぐうと「俺も寒い日は片目だけ涙で滲む。
多分、両目で泣いたら歩けなくなるから脳が指令を出しているんだ」
膝を曲げて微笑みながら僕を見るケイに弱点を見つけられた気がして紅潮した。
「今は寒くないし」

「だから。寂しいんでしょ。両目で泣いたら俺の顔が見られなくなるから」






「2組の佐藤、かわいいよな」
「ああ、そうだね」
空返事の僕。
最近気付いた事だが男の言うかわいいと、女の言うそれとは微妙に意味が異なる。
女はひらひらふわふわ、綺麗なものでもとにかくかわいいの表現。
しかし男は性的な意味を持つ。

クラスの連中の女子を見る目が羨望ではなく値踏みしていると気付いてから、
どうも僕は群れるのが苦手になった。
かわいいと本気で言えない僕。

毎日爪を磨き髪をとかして、
隙の無い女子力を高めようと努力しているであろう彼女たちが気の毒に思えたし、
何より狩りでもしているような気分なのか欲望が目に映し出されている連中が、
あさましく、変態ではないかと感じる。

そう、僕は男というより女に近い感覚がある。

口コミサイトで話題になったグッズはチェックするし、
人気のサロンも毎回予約だ。
両親健在だがお弁当は自作。
お風呂に入るときは森林の香りの入浴剤は欠かせない。
そして寝る前にアロマキャンドルで心を落ち着かせる。
思春期特有の体臭は最も忌むべき因子だ。

僕は思春期だ。
反抗期なのかもしれない。
しかし悪い気持ちはしない、自分を高める時間で精一杯なのだ。



「おまえ、なんかいい香りがする」
「は? 嗅ぐなよ。失礼だな」
いきなり声をかけてきたこいつ……たしかケイと呼ばれていたな。
苗字は知らない、ただいつも取り巻きに囲まれて賑やかなおしゃべり会をしていた。
僕は一切、関わっていない。
「そこはありがとうと言うんじゃないの? 誉めているんだからさ」
「あ、ああ。誉めてくれていたのか、ごめん。ありがとう」
慌てて意味なく首筋を片手で覆い隠した。
ケイは僕より5センチは背が高い。
無意識の行動だろうか、耳が熱い。

「拡(ひろむ)さあ、放課後いい?」
僕の名前を知っていたのか。
「特に用事は無いから構わないけど」
しかし何の用事だ。
思い当たる節が無い、それはそうだ、関わりが無いからだ。


ぼんやりしながら放課後、廊下を歩いていると「スルーするなよ」と背後から声がした。
「あのさあ。何の用事?」
「ま、歩きながら話そうか」
「はあ?」
校門を出て暫くすると散り急ぐ桜並木が続く。
新緑の季節か。
しかし、こいつは本当に何の用事だ、校門を出てから何も話さない。

「人に慣れていないというか。人が嫌い?」

よくわからないな。
「群れたくはない」
「ひとりでお店に行けちゃう?」
「どこもコンビニみたいな感覚だよ。欲しいものを買う。店員さんの顔も覚えていない」

「結構、話すね」
「聞かれたから返しただけだ」
「俺といてさあ、楽?」
「ん? わからないな」
何を言い出したんだ。
「教室の中と違って表情があってよく話す。少しは俺に気を許したかな」
「自分ではわからない」

「思春期だもんね。お互い」

そうだ。
皆、同じなんだ。
僕だけだと思い込んで見下していた。

「手、出して」
長い指が際立つ右手を差し出された。
「なんだよ?」
するとぎゅっと力強く握られ、僕の思考は寸断した。
「おまえさあ。教室内でもきらきらしているんだよね。
友人と何を話しているか知らないけど、そのときだけ上の空で。
自分を磨くのが楽しくて他を置いてきぼりにしている。
それでも、友人に失礼だけど俺は自我を持ったおまえが好きだよ」







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/17 11:46:22 AM
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.