199707 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

在宅看護アイナースの看護師社長奮闘記

在宅看護アイナースの看護師社長奮闘記

PR

プロフィール

NOTメリーさん

NOTメリーさん

カレンダー

お気に入りブログ

ミックスジュース ごりえ701さん
マミの遊び場 マミ7562さん
苺水晶のいちご畑 苺水晶さん
あなたの独立・経営… coachなべちゃんさん
プレゼン コンシェル… ePresen NOVOさん
          《イベントのお知らせ》

1.『ナースのおしゃべりティータイム』
私、看護師に向いていないのかな?
みんな頑張れるのにどうして私だけ駄目なの?
私の愚痴を聞いてよ!!
他の病院や施設の情報を知りたいな。
同じ看護師だから「ウンウンわかるよ。」「つらかったね!」と共感してくれるかもしれない。
新たな活力が出るかもしれない。次の一歩に繋がるかもしれない。
土曜の昼下がり、お茶を飲みながら皆で語ってみませんか?情報交換しませんか?
詳しくはこちらをご覧ください
http://i-nurse.co.jp/blogimages/tea.pdf

    
2.『ナースの脳と心のやわらか楽会』
私の常識はあなたの非常識かもしれない。
私の短所は長所かもしれない。
価値観って何なのだろう。
 受けとめ方を変えると見えてくるものが違うかもしれない。
理解しようと頭を使うのではなく、心で感じてみませんか。
コチコチの脳をやわらくして楽しみませんか。
      
詳しくはこちらをご覧ください。
http://i-nurse.co.jp/blog/blogimages/nurse_brain.pdf

2012年02月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「第9回ナースのおしゃべりティータイム」終了しました。

午前中の大雨、深夜明けで疲れて、仕事が長引いて、と、参加できない方がいましたが、今回も少人数で開催しました。

その中の一つに「看護師を育てるとは」ということがありました。

 

遠い遠い昔のことを思い出しました。

私が看護学生の時、もうすぐ卒業という時でした。

学院の教員が「看護師の仕事は保健師助産師看護師法(保助看法)に定められていることと、もう一つあります。
それは看護師を育てる義務があるのです。」と。

『看護師を育てる義務がある』とても強烈に響きました。

学生はみんな『エッツ??』という顔をしました。


その時、教員は「国家試験に合格しても、今、何もできないでしょう。
それを先輩看護師が育てて一人前にしてくれるのよ。
実習の時もそうでしょう。先輩看護師がいやな顔もしないで教え育ててくれたでしょう。
だから順番に育てていくのよ。自分の力だけで一人前になるわけではないのよ。」と。

「機会があるたびに、自分は育ててもらったから、今があるのだ。
頑張っていることができるのだ、と育ててもらったことに感謝することを忘れないように。
そして、自分が育ててもらったという気持ちで後輩を育てなさい。
それが、あなたたちに課せられた義務よ」と。

『看護師は看護師を育てる義務がある』

ことあるたびに思い出されます。

あれから40年近くなる。

私は、本当に後輩を育てられたのだろうか。

だから今、『ナースのおしゃべりティータイム』を開催しているのかもしれない。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012年02月25日 21時20分32秒
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.
X