3010613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おクルマドットコム・ブログ

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ランエボ9MR

2008.02.02
XML
カテゴリ:ランエボ9MR

まっとさん

お待たせいたしました。

エンジンセッティング完了しましたウィンク

エボ9MR

どういうセッティングって言われると

ブログではかなり長くなってしまうので・・・大笑い

乗ればわかりますよウィンク

まっとさんが来たときに、

ノーマルデーターをアルティメイトに入れ

すなわち【パーツを交換しただけの状態】を乗ってもらい、

そのあとにチューニングデーターを入れ

エンジンセッティングをするとこうなるんですよ

というところ、ビックリさせちゃいますので大笑い

これから洗車しま~すウィンク







Last updated  2008.02.02 09:43:00
コメント(6) | コメントを書く


2008.02.01
カテゴリ:ランエボ9MR

エンジンセッティングもかなり煮詰まってきましたウィンク

それにしても、今どきのサブコンって

本当にセッティングしやすいなァ~ぺろり

ここのアクセルのツキやフィーリングをもう少し、

こうしたいんだけどと思っても

エアフロ信号からの3種類の補正マップのみだと、

どうしようもなかったんだけど

スロットル開度信号からの補正マップで

セッティングできちゃうんだから、スゴイの一言びっくり

完全にROMチューンを超えていますねウィンク

ROMチューンでもできないことを、

このサブコン、痛いところに手が届くみたいな大笑い

これだと思い通りにセッティングが出来ちゃうじゃんウィンク

エボ9MRを最初に乗ったフィーリングは

とにかく低速がスッカスカで3000回転以下は使いずらい~しょんぼり

2000回転以下はトルク細過ぎ~号泣

中回転からは加給がかかり、トルクがある程度太くなってきて

高回転になると、ようやくパワーが出てくるんだけど

自主規制でパワーを押さえ込みました、

みたいな回り方をするんだよね

でも高回転は、それもそのはず、だってエンジン自体は

バルタイも付いて進化して、エンジンパワーは出せるはずなのに

エボって、ず~と280PSにおさえてあるんだから仕方がないよねぽっ

エンジン制御もかなりシビアになっているなァ~

水温制御で加給圧もコントロールしているし

サクションキットを取り付けていたとき、

加給圧コントロールソレノイドバルブがなんで

2個付いているんだ?って思ったけど

一つは水温が低いときに、加給圧を下げるように作動するように

なっていたんだね!びっくり

ギヤごとにも、加給圧コントロールされているぞォ~

ちょっとオーバーシュートが気になるけど、

問題ない範囲なので!

ということで、各マップを何度も書きかえて

セッティングは今日最終段階で~す。

あとは、学習機能がどう影響してくるのか

知能比べです大笑い

エボ9セッティング

そういえば、昨日の夕方、加給圧のオーバーシュートを

確認するため負荷テストしたいな~なんて思っていたら

シロエボさん、黒マーチさん、白MR2さんが黒70のところにびっくり

おッ・・・・思わず3人合わせると、体重は230キロぺろり

負荷テストにはバッチリだァ~大笑い

ちょっと助手席と後部座席に乗って~って

負荷テストにGOです。

もちろんフル加速で、オーバーシュートを確認

よ~し、この範囲ならOKだァ~ウィンク

シロエボさん、黒マーチさん、白MR2さん

ご協力ありがとうございますスマイル

本日、エボ9MRの最終セッティングに行ってきま~す。ウィンク

ではまた!







Last updated  2008.02.01 11:11:40
コメント(4) | コメントを書く
2008.01.31
カテゴリ:ランエボ9MR

いよいよ最後のパーツ、Eマネージ・アルティメイト

サブコンを取り付けま~すぺろり

アルティメイト

エボ9用は専用がでているので基本設定は

設定済みでセッティングデーターも入っているそうですぺろり

さてさて、セッティングデーターを見てみると

あッ・・・そうなのか~この範囲だけということは

シャシダイのみのセッティングデーターじゃん号泣

確かにこれだけでも高回転は変わるけど・・・・

黒70的には感動はないぞォ~しょんぼり

やっぱり1000回転からレッド手前までトータルで

セッティングしないと、楽しさが伝わらないもんウィンク

一般道を普通に走行しても変ったよな~って分らないと

つまらないでしょ大笑い

でもこのサブコンかなりのスグレものなんだよね

ハッキリ言ってROMチューンよりピンポイントで

細かくセッティングできるから、セッティングする方からみると

めちゃくちゃセッティングしやすいサブコンなんですよびっくり

スピードリミッターをパラメーター設定から解除してみましょう。

データーをアルティメイトに送信して

エボ9MR号をリフトの上で6速で確認すると

リミッター

ちゃんとスピードリミッターが解除されていま~す。

これ、パラメーター画面でスピードリミッターカットを『使用する』をクリックするだけですよびっくり

サブコンって進化していますね大笑い

もしROMチューンだったら、アクセスモニター付けて

アドレスを探し当てて、16進数を計算して

ROMを書き換えなければならなかったのに~しょんぼり

これだけでも、このサブコンがいかにスグレているか分かりますねウィンク

では、第1回目のセッティングに行ってきま~す。

エボ9MR

ではまたウィンク







Last updated  2008.01.31 11:48:04
コメント(6) | コメントを書く
2008.01.30
カテゴリ:ランエボ9MR

サクションキットの次は

フロントパイプとマフラー交換です。

まずはフロントパイプを交換しましたぺろり

フロントパイプ

やっぱりオールステンはいいですねウィンク

次はマフラー交換

マフラー

エンジンをかけて排気漏れがないか確認します。

さて、排気音は・・・

やっぱり、新規制のマフラー

最終タイコだけ見ると、うるさそうなんですが

めちゃくちゃ静かですびっくり

あとは、ナビのビーコン取り付け

ビーコン

そしてエンジンと駆動系のオイル交換をしま~す。

オイル

さて残りは・・・・

サブコン取り付けと最も重要な

エンジンセッティングのみになりましたよぺろり

吸排気系を交換したということは、

逆に言うとセッティングをずらした事になるんです。

パーツの性能をフルに引き出すためには

エンジンセッティングが必要なんですよウィンク

そのためには黒70の頭と体のセンサーを

エンジンセッティングモードに切り替えなければ~びっくり

今日は黒70メンテの日なので

アリストにノートパソコンを積んで

データーをすべてゼロにして、

はじめからセッティングをして感覚を

セッティングモードに切り替えてきま~す大笑い

アリスト

体のセンサー感度をフルに戻さないと

いいエンジンセッティングが出来ませんからねウィンク

明日からエボ9MRのエンジンセッティングスタートしますスマイル







Last updated  2008.01.30 15:45:52
コメント(8) | コメントを書く
2008.01.29
カテゴリ:ランエボ9MR

オクヤマ製サクションキットからスタートスマイル

エンジンルームとニラメッコ!

う~ん、コレだとラジエーターアッパーホースも外した方がラクかなぺろり

LLCを抜いて、さてガンガン外していきます。

ダクト類、エアークリーナーケースとエアフロメーターを外します。

エボ9MR

サクションホースが見えてきたぞ

エボ9MR

サクションホースを外すとタービンのコンプレッサー入り口が見えます。

エボ9MR

サクションパイプホースとブローオフバルブも外して

外すのは終了ウィンク

エボ9MR

外したパーツはコレです。

エボ9パーツ

サイドアンダーカバーはLLCを抜くためにスマイル

これからサクション関係を組んでいきま~す!

エボ9MR

エアフロ吸入口はこんな形をしていますよ

純正ブーストコントロールのソレノイドバルブを射熱板の下側にセットして

エアフロメーターに合体させてからボディーに固定します。

エボ9MR

キノコ型スポーツクリーナーを付けます

エボ9MR

あッ・・・もう一枚の射熱版を付けたところの写真撮るの忘れたァ~しょんぼり

エボ9MR

フタを閉めて、ブローオフバルブ、サクションパイプ、ホース類をつけて

サクションキット取り付け完了で~す。

これで吸入空気音も楽しめますよウィンク







Last updated  2008.01.29 12:38:07
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.28
カテゴリ:ランエボ9MR

マットさん昨日はありがとうございます。

エボ9MR号を預かりましたウィンク

エボ9MR

まずはサクション系から始めますねぺろり

エアークリーナーケース

これから作業しま~す。ではまたウィンク







Last updated  2008.01.28 12:50:26
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.