007123 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.03.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「道の駅」について、国土技術研究センター
(JICE)の研究報告を見ると、「道の駅」は、
ドライバーが 24 時間利用できる「休憩機能」
として、道路や地域の情報を提供する施設と
しての「情報発信機能」として、道の駅を接
点に活力ある地域づくりを行う「地域連携機
能」の 3 つの機能を基本コンセプトとして有
し、この 3 つの機能による相乗効果から
「地域とともにつくる個性豊かな賑わいの場」
を創出することが求められている、とある。
そして現在「道の駅」は、全国で1154箇所に
広がっている。



   近年「道の駅」は、道路利用者への単なる
「休憩機能」を持った施設から、地域住民の
ための交流施設や防災施設、そして地域創生
における拠点へと、今やその役割りは大きく
変貌しており、地元の特産品や観光資源を活
かして、多くの人々を迎え、地域の雇用創出
や経済の活性化、住民サービスの向上にも貢
献している。

​ 地元の農水産物や土産物を集めた直売所や
フードコートなどが入る商業施設やそのほか、
イベントもできる広場やドッグランなどを整
備する道の駅もある。

  そんな「道の駅」だが、この度、湘南発の
道の駅となる「湘南ちがさき」の起工式が行
われた。オープンは2025年7月の予定で利用
者は年間200万人、売り上げは約11億円を見
込んでいる。​

 
 毎日新聞によると、同「道の駅」の商業施
設には湘南の海の輝きをイメージしたガラス
張りのデザインで、特産品の直売所、フード
コートなどが入る。情報発信は、市の観光案
内にとどまらず、近隣自治体とも連携し、
「観光客がより湘南を楽しめるようにする」
という。敷地内の植栽などを工夫し、ハワイ
のテイストを盛り込む予定。

 
 また、朝日新聞によると、同「道の駅」は、
新湘南バイパス茅ケ崎海岸インターチェンジ(IC)

が、鎌倉や江の島、箱根などを車でめざす湘南観光
の起点でありながら、茅ケ崎が「素通り」されてし
まうことへの危機感から構想され、16年に市が基本
計画を策定。当初は19年開業をめざしていたが、
用地買収の難航やコロナ禍で見直され、6年遅れの
25年7月開業予定となった。地域の雇用創出や経済
の活性化、住民サービスの向上に貢献するという。

 

(参考資料)

国土技術研究センター(JICE)の​研究報告【「道の駅」の多様な機能展開について】






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.03.18 11:42:17
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.