3010275 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おクルマドットコム・ブログ

PR

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

JZA80スープラ

2015.01.16
XML

どこかのデモカーなのかな?

かなり気合が入っている80スープラです。

DSC_16901.jpg

とくにリヤフェンダーは一般車とは思えないほどワイド?

DSC_16911.jpg

これだけ、ぶっといタイヤはレースカーぐらいしか

見ないね(汗)

ミッションとデフオイルを交換して

作業終了で~す。







Last updated  2015.01.16 09:27:25
コメント(0) | コメントを書く


2013.03.08

マフラーを、さらに静かにするパーツです。

70スープラ号には付けているけどね。

アペックスさんのアクティブテールサイレンサー

1.jpg

115パイ用です。

2.jpg

開けてみるとこんな感じ

3.jpg

排気圧力が弱い時は、普通のサイレンサー

排気圧力が強くなると、バルブが開いて

排気抵抗がメチャ少なくなるサイレンサーです。

4.jpg

排圧が上がると、タービンにも良くないので

その点、このサイレンサーはスグレモノです。

ターボ車にはオススメのパーツですよ。







Last updated  2013.03.08 21:42:02
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.20

引き取りに来られました。

なんだか80スープラ号を見て

ビックリしていました。

そしてエンジンをかけると

なんで???こんなに安定しているんだろうと

質問攻めに・・・

セッティングに対しての考え方の違いですよ。

この80スープラのエンジンセッティングは

10年以上も前のもの、その頃のチューニングカーは

ハイカムを入れれば、アイドリングがバタついて当然だったし

燃費なんて気にしない時代のセッティングが普通でしたからね。

今の時代は、それでは通用しなくなっただけです。

フルコンなので、どうにでもセッティングできますよ。

ということで、バルタイも今風にして

セッティングをとりました。

あとは、走ればわかりま~す。







Last updated  2012.07.20 21:09:50
コメント(2) | コメントを書く

注文したら、トラストさんからTELが?

もうアルコンキャリパー用のブレーキパッド

作っていないんですと・・・・マジ

じゃ~どうすればいいの?

代替え品があるのでそちらでと???

まあ合えばいいけど・・・

ということで、パッドが到着

1.jpg

開けてみると

2.jpg

あれ?どこかで見たことあるような・・・

このピン位置

これブレンボ用じゃないの?

まあアルコン用作っていないんだから

しょうがないけど

アルコン用は650度までで

来たのは700度、性能は上がっているからいいか

本当に付くんだろうな~

3.jpg

4ポッドでもやっぱりパッドって斜めに減るね

4.jpg

さてパッドを外してみると

5.jpg

粉砕寸前でした。

やはりスポーツパッドは摩耗が新品の半分になったら

交換しないとダメなんだね。

ピストンを戻して

6.jpg

パッドグリスを塗り、組んでみると

パッドの下側がローターの内側にこすれるじゃん。

外側だけだけどね。

まあビックローターではよくある話

こすれる部分のパッドを1mm削って

取付です。

今度はOK

7.jpg

さて、ローターがかなり摩耗しているので

なかなかパッドの当たりが出なさそう

走行して、パッドの当たりをつけに行ってきます。

パワーがありすぎて、あまり一般道では

乗りたくないけどね!

ここはトラコンを切らないで走行です。

ちょっと回すと、すぐにトラコンランプが点滅

気温が34度なのに

そんなにパワーあるのかよ~

あッ・・・ブレーキの当たりをつけるんだったね。

ついつい加速に気をとられて・・・・

ということで、80スープラ号

完成で~す。







Last updated  2012.07.20 09:38:11
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.16

大きいので

って・・・書き忘れていました。

エンジン回転を2000回転にして

エアコンスイッチオン

すると、400回転も落ちちゃう

あらら、コンプレッサーの回転抵抗が相当あるね。

ということで、修復です。

もちろん使うのはコレ

メタライザーAC

これ新しくなって、ガスが入っているので

入れやすくなりました。

AC.jpg

入れる前に、缶をよく振らないと

メタライザー効果が出ないので

よく振りましょう。

さて注入した後は

回転の下がり方が150回転に

さすがメタライザー

回転物の効果は抜群ですね。







Last updated  2012.07.16 09:25:26
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.15

なんとかロー側ブースト1キロで、

タイヤをグリップさせるために

といっても、どうしようもないかな

ウエストゲートの設定が1キロなので・・・

ここは、ブーコンのオフセット量を下げて

ブーストの立ち上がりを遅くしたセッティングにして

なんとかグリップするようにしました。

ハイ側は1.3キロにスクランブルで1.4キロに設定

こっちは、おそらくサーキットで使うので

ブーストは一気に立ち上がるように

エンジン、インジェクター的にはまだ余裕が充分あるけど

フロントパイプが純正なので、排圧を考えて

1.4キロに抑えています。

マップは1.65キロまで作ってあったけどね。

さてさて、金プロって、圧力制御に加えて

スロットル制御が複合でできちゃうのには

ちょっとビックリ、普通フルコンって

どっちかなんだけどね。

複合だからチョット面倒なところもあるけど

使い方によっては、イイかな。

いろいろ試してみたけど、

アイドリング領域はスロットル制御は

入れない方が、安定するね。

それとマップ比較機能もとっても使いやすいし

なかなか優れ物でした。

まあ金プロセッティングは今回だけですが・・・

なにしろ黒70のところは

パワーライターショップではないので(笑)

ということで、80スープラ号のエンジンセッティングは

終了ですが、イヤなものを見ちゃったんだよな~

コレです。

パッド.jpg

チョット見えづらいけど

パッドの残が2mm

発注しま~す。でもこのパッド

受注生産なので、2週間ぐらいかかる

その間は、オーナーさんに生まれ変わった

80スープラ号を楽しんでもらいましょう。

DSC_02961.jpg

他にも、そろそろ交換が必要なところもあるけど

それは、引き取りに来られた時に

お話しますね。







Last updated  2012.07.15 10:49:53
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.13

といっても、純正パーツだけどね。

1.jpg

さっそく、交換して

2.jpg

あとは、エンジンセッティングの

最終調整、といっても

アイドリングとエアコン、電気負荷は

純正コンピューター側で制御しているんだよね。

フルコンの画面を見ても、

ISCVのステップ数が出てこないから、

まあ、この部分は、純正制御にお任せの方が

制御が細かいから、正解でしょう。

さて気温は30度

エンジン始動、まあこの気温で3000ccだから

ファーストアイドルはこのぐらいの回転でOK

水温もすぐ40度超えだし

3.jpg

負圧も充分あるしね。

あとは、走行フィーリングのセッティングをやらないと

6速MTなので、当然変速回数が多いし

渋滞時のダラダラ運転の時

シフトダウンするのが面倒な時もあるから

ハイギヤで800~1300回転時は

トルクを上げておかないと走りづらいので、

その回転域のチョイ踏み時に

トルクが上がるように、セッティングしていきます。

1400~4000回転の負圧領域は

燃費セッティングにして

もちろんその回転域でも踏み込めば、

トルクは上がるようになっているけど

その分、燃費は下がるけどね。

これは、走り方次第です。

高回転は、充填効率が上がるように

バルタイをセットしたので

これは、ハンパないです。

ブースト1キロでも、このパワーはヤバイ

265のR1Rでさえ、加速中、悲鳴を上げてしまいます。

ブースト1.4キロでは、もうゼロヨンマシン状態

まっすぐ走らせるのが難しい~

これ使えるのは、FSWぐらいかな

ということで、最終フィーリングセッティングを

今日おこなえば、完成で~す。

気温が高いから、エアコン入れながらの

セッティングもできるしね。

それでは、ガンバッテきま~す。







Last updated  2012.07.13 10:05:04
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.11

初めてなので

どうなんだろうって、思っていましたが

1.jpg

バレバレですね。

金プロですが、これメチャ優れもの

2.jpg

3.jpg

かゆい所に手が届く制御がいっぱい

優れたフルコンです。

噴射タイミングまでマップを作れるなんて

黒70的には、とってもおいしいです。

これだけの制御を使いこなすには

かなりの知識が必要ですが

ROMチューンで純正コンピューターの凄い制御を

把握している知識があるなら

このフルコンとってもセッティングしやすいです。

おッ・・・ここまで出来ちゃうんだって、

感動しちゃいますね。

さて、今回の80スープラ号

5.jpg

バルタイを充填効率アップさせるように変更

それに合わせて、セッティングをしています。

今日、明日は埼玉県なので、何もできないけど

昨日、かなり煮詰めたので

今週末には、完成できると思いますよ。

オーナーさん、楽しみにしていてくださいね。

アイドリングも振れずに

負圧領域は燃費良く、

正圧領域はパワーを出す

セッティングにしていますから。

それでは、これから埼玉県へ

空手指導に、行ってきま~す。







Last updated  2012.07.11 11:12:57
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.10

その前に

エンジン暖気、

なんだかファーストアイドルが低いし

エンジンはハンチングしているし

しばらくすると、あれ???

そんなことありえないでしょ?

水温計のワーニングランプが点灯

1.jpg

あのね~、まだファーストアイドル中にこの温度って

ありえないけど・・・

純正の水温計を見てみると

こっちが正解だよな~

2.jpg

追加の水温計は、純正でも採用されているディフィー製だから

メーター側が壊れることはまずないから

センサーの故障だな。

ボンネットを開けてみると

あッ・・・・

なんじゃこれ・・・・・・

7.jpg

ドングリの食べかす・・・ということは

小動物が入りこんだ跡ですね。

自然がいっぱいのところに、駐車しているんだな~

さて水温センサーはココ

3.jpg

外してみると、かなりお疲れのようで

4.jpg

交換してみると、正解で~す。

正常に戻りました。

5.jpg

これでセッティングできるかな

暖気が終わっても相変わらずハンチング

しかも、排ガスのニオイが凄い

6.jpg

燃料噴射量を変えても、全然素直じゃないけど

これ根本的に、何かが違うな~?

少し回転を上げると安定するけど

えッ・・・・なんじゃこれ

負圧があきらかにおかしい

エンジンオーバーホールをして

まだ1万キロも走っていないのに

この負圧はなに???

まさか・・・・・そんなことはないと思うけど

2つの問題点が、頭の中に

スパークプラグ、8番なんか入っていないよな~

とりあえず開けてみます。

8.jpg

外してみると、やっぱりか~、8番でした。

9.jpg

当然6本真っ黒、かぶりまくりです。

10.jpg

まあそうなるよね。

ゼロヨンマシンなら、排気温度1000度超えはあるから

このぐらいのプラグ入れないとダメだけど

この80スープラ号は高速サーキットを考えて

チューニングされているはずなので

最大出力の時、排気温度は800度前後のはず

となると、8番プラグは高過ぎなんだよね。

当然、街中エンジン回転数だと、かぶって当然です。

ということで、プラグ交換です。

DSC_02701.jpg

よし、これでかぶりの問題は無くなりました。

さてエンジン始動、まあ少しは良くなったけど

相変わらずハンチング、

う~ん、当然ハイカムは入っていると思うけど

6気筒でここまでハンチングするのはおかしい。

なにしろ、6気筒は120度ごとに、

燃焼しているんだから、スムーズに回るのが当然

軽量フライホイールも入っているけど

このハンチングはありえないよな~

キャブじゃなくて、インジェクションなんだから

となると、気になるのがもう一つ

なんで負圧が低いかです。

開けてみるか。

なるほど~そういうことね。

こっちが吸気側

DSC_02761.jpg

そしてこっちが排気側

DSC_02751.jpg

なるほど、負圧が少ない原因が分かりました。

バルブタイミングを変更して

エンジン始動・・・・・

OKです。ハンチングもまったくなし

キレイにアイドリングしています。

6気筒はこうじゃなくっちゃ。

排気ガスの臭いもなくなったし

さらに燃料噴射量を変えると

そうだよね、そうなるよね。

今度は、とっても素直に会話ができます。

これでようやくセッティングができます。

なにしろ、燃費が3キロ以下という

恐ろしい燃費なので

しっかり燃費が出るように

セッティングしますよ。







Last updated  2012.07.10 10:39:20
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.09

ポリマーコーティング

完了で~す。

これまた、コーティング剤は

黒70スープラ号と同じのを!

仕上がりは、こんな感じ

1.jpg

ボンネットはFRPだけど、なんとかツヤが出ましたよ。

2.jpg

屋根もピカピカに

ということで、ポリマー加工終了で~す。

         ・

         ・

         ・

         ・

         ・

そういえば、埼玉支部長から

あるものが、届いたので

4.jpg

ちょっと、ドライブに行ってこよ~と。

いろいろなフルコンがありますね。

でも、基本は同じなので

メーカーによって表示が違うぐらいだから

問題は、純正なみに

かゆい所に手が届くかなんだよなぁ~

純正コンピューターの制御はスゴイからね。







Last updated  2012.07.09 10:44:45
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.