497031 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子育て終了した父親の独り言2013

PR

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

スポーツ

2009年08月15日
XML
カテゴリ:スポーツ


弱冠17歳 石川遼が予選を通過し決勝ラウンドへ進む PGA NEWSより


うれしいね

PGAのサイトに石川遼のNEWSが掲載されています。

At the tender age of 17, Ryo Ishikawa made the cut on the number.


Windy Friday blows several big-time contenders right out of town
Even as the cut line settled at 4 over, such notables as Sergio Garcia, Davis Love III and Stuart Appleby missed out on the weekend. But Ryo Ishikawa, the youngest player in event history, made the cut.
By T.J. Auclair, PGA.com Interactive Producer

CHASKA, Minn. -- Winds were howling in the second round of the 91st PGA Championship at Hazeltine on Friday and blowing big names off the leaderboard, providing a nice headwind for some early flights home.

The 36-hole cut fell at 4-over-par 148 with 80 players advancing to the weekend, trying to hunt down the leader, Tiger Woods, who holds a four-shot advantage over five players in his quest for a fifth PGA Championship title, his 15th major overall and his third win in as many weeks.

Among the notables who won’t be around for the weekend are Bubba Watson, Sergio Garcia, Davis Love III, Stuart Appleby and Justin Rose, who all were one shot shy of a weekend tee time at 5 over.

So just how tough was the course playing on Friday?

“Come on, it was a lot tougher today,” said Woods after negotiating an impressive 2-under 70. “The wind was not only blowing, it was changing directions. It was gusty. It was just hard to decide what it was doing and then once you hit the shot, it could change. It was affecting putts a lot. The greens were bumpy. It was just a tough day all around.”

Charles Howell III, Steve Elkington and Nick Watney all finished at 6 over. Colin Montgomerie and Darren Clarke were among a large group at 9 over and Australian Adam Scott was the most shocking of the bunch with his two-day total of 17-over par with rounds of 82-79. Scott’s mark was 149th out of the 154 players who completed 36 holes.

It’s been a terribly frustrating season for Scott, but he may have hit a new low at Hazeltine after rounds of 82-79 for a 17-over 161 total. In all, Scott made 14 bogeys, one double bogey, one triple bogey and just two birdies in the first two rounds.

This week’s performance led to Scott’s ninth missed cut in 16 starts this season.

Boo Weekley, Phil Mickelson, Jim Furyk, Luke Donald, Justin Leonard, Retief Goosen and Japan’s Ryo Ishikawa -- the youngest player in PGA Championship history at age 17 -- were all among the players who made the cut on the number.

Greg Bisconti, an assistant professional from The St. Andrew’s Golf Club in Hastings-on-Hudson, N.Y., and Grant Sturgeon, an assistant professional from Oakmont, Pa., were the only two PGA Professionals out of the 20 to qualify to make the cut.

“I'm not going to get ahead of myself,” said Bisconti, who’s tied for 48th and made the cut for the first time in three tries at the PGA Championship. “I played well. And that's all I can hope for. Whatever happens is going to happen.”

Sturgeon is actually tied for 13th in his PGA Championship debut at even par.

“You know, expectations, coming up here, you never know because I never played a golf course setup that's this tough, that's this challenging and never played in front of this many people,” Sturgeon said after his 1-under 71 on Friday. “Never played against the best in the world. But that being said, I felt if I played up to my potential and my ability that making the cut was a reasonable goal. So I tried to, as much as I thought that, stay away from thinking that way as much as possible, because if that is all that I was worried about, I had no chance of doing it.”







最終更新日  2009年08月16日 08時33分47秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年03月21日
カテゴリ:スポーツ
石川遼くん17歳がアメリカツアーTransitionsChampionshipで予選突破という嬉しいニュースがお彼岸の3連休に飛び込んできた。

初日は 2アンダーの69で15位タイ、二日目は2オーバーの71 , Totalでイーブンで39位タイ。

苦しい経済不況の中、一筋の明るいニュースです。

今日は早く寝て、明日の早朝 BS1で観戦しましょうか。


石川遼、39位タイで米ツアー初の予選突破!
http://www.golfdigest.co.jp/news/hotnews/2009/165_2.asp


3月22日 日曜日
5:10-7:00 NHK衛星第一 <米国男子>
トラジションズ選手権 3日目

3月23日 月曜日
5:10-7:00 NHK衛星第一 <米国男子>
トラジションズ選手権 最終日

ishikawa_1.jpg



ishikawa_2.jpg



ishikawa_3.jpg



ishikawa_5.jpg











最終更新日  2009年03月21日 14時31分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年04月04日
カテゴリ:スポーツ
2008.04.04
天気 晴れ


春の選抜高校野球で、埼玉県の聖望学園が初出場で準優勝!!

埼玉県民としては、新年度から嬉しいニュースです



戦績- 聖望学園(関東)
第2日 3月23日 2回戦 第3試合
2 - 0 対 小松島(四国)
第7日 3月28日 3回戦 第2試合
7 - 5 対 履正社(近畿)
第11日 4月1日 準々決勝 第1試合
8 - 0 対 平安(近畿)
第13日 4月3日 準決勝 第1試合]
4 - 2 対 千葉経大付(関東)
第14日 4月4日 決勝 第1試合
0 - 9 対 沖縄尚学(九州)


ごめんね、聖望学園ってどこにあるの?

学校ホームページ
↓↓
ここ

飯能市・・・西部池袋線ね


嬉しいニュース記事をコピペ

<センバツ>マウンドで亡き父見上げ…聖望学園・大塚投手
毎日新聞 - 2008/4/4 22:49

 80回の記念大会となった選抜高校野球大会は4日、阪神甲子園球場で決勝戦があり、初出場ながら決勝に進んだ聖望学園(埼玉)は沖縄尚学(沖縄)の勝負強い攻守の前に敗れ、準優勝に終わった。聖望学園の快進撃を支えたのは主戦の大塚椋司(りょうじ)投手(3年)。準決勝までの4試合を、ほぼ一人で投げてきた大塚投手はこの日、二回で1度マウンドを譲ったものの、八回に再び登板して最後は相手打線を抑えた。

 沖縄尚学(沖縄)に9点差を付けられ再登板した八回裏、聖望の大塚投手は右手を胸に空を見上げた。視線の先に、02年に食道がんで53歳で亡くなった父明世(あきよ)さんがいた。「野球は楽しんでやるもんだぞ」。口癖がよみがえり、白い歯がこぼれた。

 少年野球チームにいた8歳のころ。明世さんは自宅の駐車場を改造し、トスバッティングなどができる特設練習場をつくった。「やろう、やろう」とせかすわが子に、父は「いつか甲子園へ連れていってもらうからな」と笑って応じた。

 別れは突然だった。大塚投手が11歳の時、明世さんはがんに侵されていた。食事を取れず、背中は小さくなっていった。だが大塚投手には「ただの病気だよ」と笑って言った。ある日、帰宅すると、遺体が安置されていた。ほほえむように眠る父に、泣き叫んだ。「ただの病気って言ってたじゃないか」。ひつぎに、少年野球で手にしたすべてのウイニングボールを入れた。

 母成美さん(45)に負担をかけまいと、大塚投手は高価な道具を買おうとしなかった。「こだわりがないからね」と笑い飛ばし、先輩から譲り受けたグラブを大事に使った。

 母はセンバツの毎試合、夫の遺影を持って応援した。ピンチを迎えるたびに遺影をさすり、「守ってやって」と語りかけた。先発した決勝でいったんマウンドを降り、再登板した八回裏。大塚投手は三振を一つ奪い、0点に抑えた。

 試合後、仲間に「甲子園のマウンドは最高だったよ」と声を掛けた。明世さんの死から6年。甲子園へ連れていく約束は果たせたと思う。「父の教え通り、楽しむことができました。両親にはありがとう、と伝えたい」。笑顔だった。【飼手勇介】


お母さん偉いね
私立高校は授業料高いもの
親の苦労を見てると子供はまっすぐ伸びるんだね
いい、ニュース記事だ


最近のデータ蓄積は凄いね
↓↓
第14日第1試合






最終更新日  2008年04月05日 09時39分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月29日
カテゴリ:スポーツ
3月29日
土曜日

昨日は帰宅後、自転車に乗り換えて
職場の飲み会へ太田市まで出かけた

花粉がいっぱい飛んでる
目がしょぼしょぼ
鼻水タラ~

そして今日もいい天気
だけど風がびゅ~びゅ~吹いてた

そうだ、いま、めぬまカップが開催されている

その影響で太田市や熊谷市のホテルは予約がとれないところもあったという
妻沼の公民館も定宿にしている。
また、地区のおばさんたちも協力している。

利根川の河川敷のサッカーグランドも試合が行われている

自転車で出かけてきた

確かに駐車場にある大型バスは、鹿児島、岩手、・・・など
全国から集まっている

めぬまカップ20080329_11:36


なでしこジャパンでもめぬまカップ出場経験者が活躍していることが嬉しい

河川敷サッカー場の近くでは、利根川のウインドサーファーが集まっている

ウインドサーフィン20080329_11:40



毎週週末には近隣から車でやってくる

東京都のナンバーも珍しくない


桜の花もだいぶ咲いてきたね

弁天様の桜20080329_12:05


弁天様の桜










最終更新日  2008年03月29日 23時14分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年02月23日
カテゴリ:スポーツ
東アジアサッカー選手権2008 - 男子 - 決勝大会

韓国の国歌が流れたとき、韓国の選手とサポート人たちは、みなさん左胸に右手の手のひらを当てて静かに聞いていたね・・・これが韓国式なんだろうね



さあ、始まりました!!

日本・・・どうした!? 防戦一方の前半27分

今日も完全アウェイの試合だな

もっと仲良くしようよ



GK: 1 川口能活(cap)
DF: 21 加地亮
  22 中澤佑二
  25 内田篤人
  2 今野泰幸
MF: 7 遠藤保仁
  10 山瀬功治
  → 11 播戸竜二(後半41分)
  13 鈴木啓太
  14 中村憲剛
  → 5 安田理大(後半17分)
  24 橋本英郎
  → 20 矢野貴章(後半34分)
FW: 12 田代有三



GK: 1 キム・ヨンデ
DF: 4 チョ・ヨンヒョン
  14 カン・ミンス
  16 カク・テフィ
MF: 2 イ・ジョンミン
  3 チョ・ウォンヒ
  5 キム・ナミル(cap)
  → 21 ク・ジャチョル(後半13分)
  13 パク・ウォンジェ
  20 オ・ジャンウン
FW: 9 チョ・ジンス
  → 7 イ・グンホ(後半22分)
  11 ヨム・ギフン



http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/live/jpn_20080223_01.htm


============スポーツナビから抜粋==============

・前半   韓国ボールでキックオフ

・前半1分 日本  前線の田代が右サイドに大きく展開し、橋本が走り込んでスローインを獲得。内田がクロスを入れるが、韓国DFにブロックされる

・前半3分 韓国  右サイドからのFK。イ・ジョンミンが低いボールをペナルティーエリアに入れ、ヨム・ギフンがキープ。もう一度右サイドに展開してから中央へパスを戻すと、キム・ナミルがシュート! しかしGK川口が正面でセーブ

・前半4分 韓国  左サイドのスペースにチョ・ジンスが抜け出すが、日本DFが3人がかりで囲み、バックパスからGK川口がクリア

・前半5分 日本  中央から山瀬がドリブル突破を図るが、後方からのDFのチャージに阻まれる。ファウルのホイッスルはなし

・前半7分 韓国  左サイドからのスローインを起点に、パク・ウォンジェがクロス。ファーサイドに走り込んだイ・ジョンミンがボレーシュート! しかし日本DFに当たりCKに

・前半8分 韓国  ヨム・ギフンが右CKから低く速いボールを入れ、ニアの韓国選手がスルーしたボールがゴール前に流れるが、GK川口がしっかりとキャッチ

・前半12分 日本  左サイドからショートパスで右サイドへ展開し、橋本の縦パスを受けた内田がDFとの競り合いに粘り勝ってクロス。しかし味方には合わず、クリアされる

・前半15分 韓国 GOOOOOAL!! 右サイドのヨム・ギフンが中央へ切り込んでパス。ペナルティーエリア手前のオ・ジャンウンがトラップからシュート! しかし日本DFがブロック。さらにこぼれ球をつなぎ直し、左サイドからパク・ウォンジェがクロス。中央で待ち構えていたヨム・ギフンが左足のボレーシュート! ゴールネットを揺らす。日本、先制を許す

・前半17分 日本  ペナルティーエリア手前で橋本がくさびとなり、中村憲が強烈なミドルシュート! しかし惜しくも右ポストを直撃

・前半20分 日本  左サイド深く加地が切り込み、後方へパスを戻すと、遠藤、中村憲とつなぎ、ボールを預けられた内田がミドルシュート! しかしゴール上に外れる

・前半25分 韓国  カウンターからチョ・ジンスが前を向いてドリブル。しかしペナルティーエリア手前で中澤が見事なスライディングタックルで食い止める

・前半26分 日本  右サイドからのFK。遠藤が高いクロスボールを入れるが、ファーサイドの中澤には合わず。ボールはタッチラインを割る

・前半28分 韓国  左サイドから中央へ切り込んだヨム・ギフンが右足でミドルシュート! しかしゴール右に外れる

・前半33分 日本  左サイドに流れた橋本が起点となり、中央の中村憲へ展開。中村憲は持ち出してからワンツーでの突破を図るが、韓国DFがカット

・前半34分 日本  ゴールまで30メートル以上、中央右寄りからのFK。遠藤がクロスを入れるが、味方には合わず。しかしこぼれ球を山瀬がシュート! DFにブロックされると、もう一度中村憲が左足のシュート! しかしGKがセーブ

・前半35分 日本  遠藤の左CK。山瀬がゴール前に飛び込むがクリアされ、もう一度左サイドから遠藤がクロス。しかしこれも跳ね返される

・前半38分 韓国  縦のワンツーでオ・ジャンウンがペナルティーエリア右へ抜け出し、そのままボレーシュートを放つが、ゴールの枠をとらえられず

・前半41分 韓国  右サイドからのアーリークロス。チョ・ジンスが胸トラップからシュートを狙うが、日本DFがクリア

・前半43分 韓国  右サイドからのアーリークロスに合わせ、オ・ジャンウンが距離の長いヘディングシュート! しかしGK川口が正面でキャッチ

・前半44分 日本  右サイドの内田が山瀬とのワンツーで斜めにペナルティーエリアに切り込んでシュート! しかしDFがスライディングでブロック。続く右CKをショートで出し、中央の鈴木がペナルティーエリアへボールを放り込むが、クリアされる

・前半   ロスタイム表示は1分

・前半終了   主審のホイッスル。日本、0-1で韓国にリードを許して後半へ

前半総括:
序盤は互いにサイドから崩す形を狙い、一進一退の攻防が続く。しかし徐々に韓国が圧力を強め始めると、左サイドのクロスから、ヨム・ギフンが豪快なボレーシュートで先制。日本は主導権を取り戻すべく、前線からプレスをかけていくが、韓国はカウンターで対抗。日本は終盤セットプレーを中心にチャンスを作ったが、流れの中では韓国の守備網をほとんど崩せず、0-1のビハインドで前半を終えた。日本が優勝するには2点以上を取って逆転するしかない。後半、岡田監督は勝利を目指しどのような策を採るか


・後半開始   日本ボールでキックオフ

・後半3分 日本  右サイド、内田の突破から獲得したFK。遠藤が素早くペナルティーエリアへクロスを入れるが、韓国DFがクリア

・後半4分 韓国  右サイドからのスローインを起点に、ヨム・ギフンがクロス。しかし内田がクリアし韓国のCKに

・後半5分 韓国  イ・ジョンミンの左CK。高いボールをファーサイドに入れ、カン・ミンスがヘッドで折り返すが味方には合わず。左サイドへ展開し、ゴール前にクロス。カク・テフィがヘディングシュート! しかしたたきつけたボールはゴール右に外れる

・後半7分 日本  右サイドからクロスを入れ、田代がゴール前に飛び込むが、GKがキャッチ

・後半7分 韓国  右サイドでヨム・ギフンが日本DFに囲まれながらボールキープ。こぼれたボールを拾い、チョ・ウォンヒがクロスを入れるが正確性を欠き、ボールはゴールラインを割る

・後半10分 韓国  左サイドから中央へパスを流すと、キム・ナミルがミドルシュート! しかし日本DFがブロック

・後半11分 韓国  ペナルティーエリアにロングボールを送り、ソ・ジョンスが走り込むが、中澤が体を張ってクリア

・後半11分 日本  内田がドリブルで右サイドを突破し、クロス。しかし韓国DFがクリアしCKに。続く遠藤の右CKから、ペナルティーエリア中央でフリーの田代がヘディングシュート! しかしゴール左に外れる

・後半13分 韓国  5 キム・ナミルOUT 21 ク・ジャチョルIN

・後半15分 韓国  ゴールまで約30メートル、右45度からのFK。ヨム・ギフンが左足でクロスを入れ、カン・ミンスがゴール前に飛び込むが、GK川口が先にボールを触って押さえ込む

・後半17分 日本  14 中村憲剛OUT 5 安田理大IN

・後半18分 韓国  ゴールまで30メートル強、右45度からのFK。ヨム・ギフンが左足で直接シュートを放つが、ゴールの枠をとらえられず

・後半20分 日本  右サイドから安田が縦に突破し、ゴール前に低いクロス。しかしクリアされる

・後半22分 韓国  9 チョ・ジンスOUT 7 イ・グンホIN

・後半23分 日本 GOOOOOAL!! 右CKから遠藤がショートパスを出し、内田が中央に流すと、ペナルティーエリア手前に走り込んできた山瀬がダイレクトのミドルシュート! ゴール右上に突き刺さる。日本、同点に追いつく

・後半25分 韓国  イ・ジョンミンの右CK。高いボールをファーサイドに入れるが、カン・ミンスには合わず、逆サイドへ流れる

・後半29分 日本  ペナルティーエリア手前、右45度からのFK。壁が作られる前に素早いリスタートを狙ったが、やり直しのホイッスル。もう一度仕切り直し、山瀬にいったん預けてから遠藤がシュートを放つが、韓国DFの壁に跳ね返される

・後半31分 日本  遠藤の縦パスを田代がワンタッチではたき、ペナルティーエリアにパスを送るが、走り込んだ内田、山瀬ともに合わず、クリアされる

・後半32分 日本  遠藤の右CK。高いボールをゴール前に入れ、田代がヘディングシュート。しかし威力なくGKがボールを押さえ、また混戦の中で日本がファウルをとられる

・後半34分 日本  24 橋本英郎OUT 20 矢野貴章IN

・後半34分 韓国  左サイドをパク・ウォンジェがワンツーで突破し、クロス。ゴール方向にボールが向かうが、GK川口がしっかりとキャッチ

・後半35分 日本  安田がDFをかわして左サイドを突破。左足でクロスを入れるが、クリアされる。もう一度組み立て直し、遠藤が中央からドリブルでペナルティーエリアに迫るが、直前に韓国DFのタックルでボールを奪われる

・後半38分 韓国  左サイドでパク・ウォンジェとのパス交換から、イ・グンホが左足でミドルシュート! しかしゴール左に外れる

・後半39分 日本  遠藤が左サイドにパスを送ると、安田が右足でクロス。高いボールがゴール前に入るが、GKがジャンピングキャッチ

・後半40分 日本  加地がボールを前線に持ち運び、左サイドで安田がDFとの1対1からドリブル突破を仕掛けるが、体を入れられてボールはゴールラインを割る

・後半41分 韓国  ペナルティーエリア手前にロングボールを当て、こぼれ球を拾ったヨム・ギフンがペナルティーエリアへ入るが、中澤が鋭いタックルで防ぐ

・後半41分 日本  10 山瀬功治OUT 11 播戸竜二IN

・後半45分 日本  右サイドからロングボールを放り込み、田代が競ったこぼれ球を内田が再びペナルティーエリアへパス。しかし韓国DFがクリア

・後半   ロスタイム表示は2分

・後半46分 韓国  左サイドからのFK。イ・ジョンミンが直接シュートを放つが、ゴールの枠をとらえられず

・後半47分 日本  右サイド遠い位置からのFK。ゴール前に高いボールを放り込むが、GK川口がジャンピングキャッチ

・試合終了   主審のホイッスル。韓国と1-1の引き分け。岡田ジャパン、初タイトル獲得ならず

後半総括:
カウンターからのロングボールで一発を狙う韓国に対し、日本守備陣は中澤を中心に防ぎ切る。そして23分、セットプレーから山瀬のミドルシュートで同点に追いつくと、試合のペースは一気に日本に傾く。岡田監督は矢野を投入し2トップ、さらに終盤は播戸を入れて3人のFWで逆転を狙ったが、得点は生まれず。1-1の引き分けに終わり、日本は優勝を逃した。

============抜粋終わり==============






最終更新日  2008年02月24日 20時36分18秒
コメント(1) | コメントを書く
2007年12月16日
カテゴリ:スポーツ
風の強い冬らしい晴れの一日。湿度も低く火事には注意をお忘れなく。

撮りためたDVDビデオがうずたかく積まれている。

レーベル印刷を30枚くらいしたけど、いつ見るんだろう。

ま、そんなことは気にせずに印刷を頑張ろう!

今日は、サッカーのテレビ観戦の日になった。

いつもなら、トヨタカップ見なかったけど今年は違う

やはり、アジアチャンピオンになった浦和レッズが

Jリーグの終盤の試合で連敗して優勝できずに

モヤモヤしていたところで始まったトヨタカップ。

そのレッズがだんだん勝ち進むうちに相手の選手を覚えていった。

そうなると俄然トヨタカップが自分の中で面白くなってきた。

3位決定戦でアフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)をPK戦で撃破

  • クラブW杯 PKを止めた都築
  • 浦和レッズ

    その後の優勝決定戦もしっかりと鑑賞しましたよ

  • ACミラン ボカ・ジュニアーズを破りクラブ世界1位に輝く






  • 最終更新日  2007年12月16日 22時57分03秒
    コメント(2) | コメントを書く
    2007年12月10日
    カテゴリ:スポーツ
    今日の天気は晴れ

    風も強くなく昼間は暖かかった

    娘2は期末テスト期間中で弁当がいらない日が続いているので妻は楽ができている

    今日は自転車通勤 ガソリンレス

    ・・・

    帰宅したら、家族が揃っているので楽しい

    ちょうど浦和レッズが1対0で前半を終わったところ

    最高のタイミングで帰宅したと喜ぶ

    クラブ世界一を決定するトヨタカップ

    日本のクラブは出ないものとずうっと思い込んできたのは事実

    ・・・

    しか~し、浦和レッズはセバハンを3対1で破り、次はヨーロッパチャンピオンのACミランと13日に対戦することが決まった

    夢じゃないんだね

    浦和レッズ Jリーグの後半戦の最後のほうで連敗し、Jリーグチャンピオンを逃してしまったばかり

    日本のレベルも相当上がってるという事実かな

    ・・・

    とにかく、今日は最高に気持ちの良い夜を迎えることだろう









    最終更新日  2007年12月10日 21時43分20秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2007年12月04日
    カテゴリ:スポーツ

    アジア予選決勝リーグ

    そう12月2日の韓国戦

    そして12月3日の台湾戦

    日本の選手たちが一つ一つのプレイにガッツを見せて戦っていた

    あれぇーーー、プロ野球選手じゃないみたい

    そう、甲子園での高校野球を見ているよう

    昨日は1対0でリードしていた日本、しかしダルビッシュ君の球があまり走っていない感じ。

    大リーガーの4番打者に逆転のホールランを打たれ、うわぁ~~~ やばい

    そう思っていたとき、星野監督は繋ぐ野球に徹していった

    まさしく高校野球

    満塁のバッターボックスでスクイズを決めたのが、サブローなんだってね

    ユニホームには名字が書かれていたからだれだか良くわからなかった

    でもどこのプロ野球チームの出身かなんてのは全く気にならなかった

    なぜだろう

    まさしくチームがひとつになっていた

    星野マジックなんだろうな

    星野ジャパンのキャプテンは宮本慎也37歳だよね

    アジア予選決勝リーグで優勝した祝勝会で、途中で帰った7名のみんなにもありがとうのお礼を言おうと挨拶したとか・・・

    泣かせるね

    遅くまで試合ご苦労様でした



  • 12月3日台湾戦試合結果

  • 12月2日韓国戦試合結果

  • メンバー








    ほっ! 久しぶりの日記でした









  • 最終更新日  2007年12月04日 21時15分48秒
    コメント(0) | コメントを書く
    2007年01月01日
    カテゴリ:スポーツ


    やったー!!

    浦和レッズ 終始押されていた試合を後半42分に1点先制

    シュート ガンバ大阪 22本に対して 浦和レッズは6本

    埼玉県民としては2007年最高の始まりと感謝します

    後半投入されたベテラン岡野の飛び出しから始まった最後の幸運なパス(ディフェンスの背中に当たったボールが永井の前に)に永井がねじ込んだ


    ヤッホー!! 






    最終更新日  2007年01月01日 16時00分44秒
    コメント(4) | コメントを書く
    2006年12月24日
    カテゴリ:スポーツ


    ただいまの時刻は10:42

    女子高生が走る、走る、走る

    全国高校女子駅伝大会

    こちら埼玉県の代表は、熊谷女子高校

    走り終わった1区の順位は26位(47県)

    頑張れ~~!!


    10:55

    2区を走り終えて、熊谷女子は35位(9人に抜かれた)

    こちら県北でいちばん賢い女子が通学する県立熊谷女子高校

    初出場だけでも凄いことだったけど・・・

    頑張れ~~~!!!


    11:06

    3区はどうか・・、熊谷女子は36位(1人に抜かれた)


    須磨学園が1位を狙おうとどんどん上がってきている。凄い。
    熊女も頑張れ~~~~!!!!


    11:15

    さあ、4区は・・ 熊女は33位。やった~!!(3人抜いたぞ)

    群馬のときわ高校は太田市にある私立の学校だ。現在4位。みんな頑張れ~~~~~!!!!!



    11:24
    5区 5kmの快走が続いている

    1位の須磨学園が、2位の仙台育英をどんどん引き離している
    まもなく1キロでゴールだ。


    11:26
    まもなくゴールイン!!



    熊谷女子 初出場で32位 よく頑張った!!





    第18回女子全国高校駅伝競争大会
    順位 記録 学校名 都道府県
    1 1:07:34 須磨学園 兵 庫
    2 1:07:49 興譲館 岡 山
    3 1:07:49 仙台育英 宮 城
    4 1:09:00 常磐 群 馬
    5 1:09:06 諫早 長 崎
    6 1:09:12 小林 宮 崎
    7 1:09:21 立命館宇治 京 都
    8 1:09:25 県和歌山商 和歌山
    9 1:09:26 山田 高 知
    10 1:09:37 筑紫女学園 福 岡
    11 1:09:37 市船橋 千 葉
    12 1:09:40 熊本信愛女 熊 本
    13 1:09:49 青森山田 青 森
    14 1:09:56 山形城北 山 形
    15 1:10:15 いわき総合 福 島
    16 1:10:20 薫英女学院 大 阪
    17 1:10:33 中京大中京 愛 知
    18 1:10:39 秦野 神奈川
    19 1:10:41 神村学園 鹿児島
    20 1:10:42 札幌静修 北海道
    21 1:11:01 鳥取中央育英 鳥 取
    22 1:11:15 益田清風 岐 阜
    23 1:11:17 茨城キリスト 茨 城
    24 1:11:17 奈良育英 奈 良
    25 1:11:33 富山商 富 山
    26 1:11:41 西京 山 口
    27 1:11:45 三島北 静 岡
    28 1:11:58 山梨学院大附 山 梨
    29 1:12:05 那須拓陽 栃 木
    30 1:12:06 美方 福 井
    31 1:12:18 大分西 大 分
    32 1:12:19 熊谷女 埼 玉
    33 1:12:20 草津東 滋 賀
    34 1:12:32 津商 三 重
    35 1:12:47 遊学館 石 川
    36 1:12:53 世羅 広 島
    37 1:13:10 済美 愛 媛
    38 1:13:15 八王子 東 京
    39 1:13:50 鹿島実 佐 賀
    40 1:14:01 出雲商 島 根
    41 1:14:02 美馬商 徳 島
    42 1:14:12 英明 香 川
    43 1:14:26 新潟第一 新 潟
    44 1:14:38 花巻東 岩 手
    45 1:14:44 丸子実 長 野
    46 1:15:14 名護 沖 縄
    47 1:18:18 大曲 秋 田



    第57回男子全国高校駅伝競争大会
    順位 記録 学校名 都道府県
    1 2:03:18 世羅 広 島
    2 2:04:25 仙台育英 宮 城
    3 2:04:49 豊川工 愛 知
    4 2:05:16 西脇工 兵 庫
    5 2:05:19 九州学院 熊 本
    6 2:05:48 佐久長聖 長 野
    7 2:06:02 一関学院 岩 手
    8 2:06:12 秋田工 秋 田
    9 2:06:28 那須拓陽 栃 木
    10 2:06:32 大牟田 福 岡
    11 2:06:32 白石 佐 賀
    12 2:06:35 埼玉栄 埼 玉
    13 2:06:40 小林 宮 崎
    14 2:06:41 青森山田 青 森
    15 2:07:02 倉敷 岡 山
    16 2:07:41 出雲工 島 根
    17 2:07:44 諫早 長 崎
    18 2:07:44 中京 岐 阜
    19 2:07:45 日本文理大附 大 分
    20 2:08:02 洛南 京 都
    21 2:08:13 西京 山 口
    22 2:08:15 中之条 群 馬
    23 2:08:25 藤沢翔陵 神奈川
    24 2:08:34 藤枝明誠 静 岡
    25 2:08:35 早稲田実 東 京
    26 2:08:47 鹿児島実 鹿児島
    27 2:09:01 草津東 滋 賀
    28 2:09:16 富里 千 葉
    29 2:09:27 鯖江 福 井
    30 2:09:32 土浦日大 茨 城
    31 2:10:08 清風 大 阪
    32 2:10:15 原町 福 島
    33 2:10:20 高知工 高 知
    34 2:10:29 東京学館新潟 新 潟
    35 2:10:32 宇和島東 愛 媛
    36 2:10:38 星稜 石 川
    37 2:10:43 智辯学園 奈 良
    38 2:11:01 和歌山北 和歌山
    39 2:11:22 米子松蔭 鳥 取
    40 2:11:29 上野工 三 重
    41 2:11:48 山梨学院大附 山 梨
    42 2:12:29 徳島東工 徳 島
    43 2:12:39 札幌山の手 北海道
    44 2:12:48 酒田南 山 形
    45 2:14:08 富山商 富 山
    46 2:14:38 北山 沖 縄
    47 2:14:53 尽誠学園 香 川



    毎日新聞 2006年12月17日の記事・転載

    全国高校駅伝:大会まで1週間 埼玉栄・熊谷女子、調整着々 /埼玉
     冬の都大路を駆け抜ける「男子第57回・女子第18回全国高校駅伝競走大会」(毎日新聞社など主催)が24日、京都市の西京極陸上競技場を発着点に、男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロのコースで開催される。男子の県代表は13年連続27回目の出場となる埼玉栄高、女子は初出場の熊谷女子高。間近に迫った大会に向けて、調整が進む両チームを紹介する。【町田結子】

     ◆男子

     ◇「王者の走り」に自信--埼玉栄

     13連覇を果たした県予選では、他校を寄せ付けない「王者の走り」を見せつけた埼玉栄。昨年の都大路では6位入賞という好成績を収めているが、「今年は選手の層が厚く、仕上がりは去年よりいい」と徳田博道監督は自信を見せる。

     鍵を握るのはエース・中西選手。8月の高校総体では1500メートル6位、5000メートル7位と日本人で唯一2種目入賞を果たした。「残り1キロで勝負に出られたら、日本人トップも狙えると思う」と話す。レースの流れを維持することが期待される主将の田村選手と大和選手も調整は順調。下級生も伸び盛りで、10月の国体で3000メートル10位の成績を収めた後藤田選手は特に快走が期待される。徳田監督は「目標タイムは2時間6分。チームワークで昨年を上回る5位以上を狙う」と意気込んでいる。

     【予想メンバー】

    1区 中西拓郎  3年
    2区 田村敬明  3年
    3区 大和雄大  3年
    4区 後藤田健介 1年
    5区 三芳宏夢  2年
    6区 市塚遊   2年
    7区 高柳祐也  1年
    補欠 根岸靖史  2年
    補欠 白井智大  1年
    補欠 豊岡亮平  2年

     ◆女子

     ◇集中力で上位狙う--熊谷女子

     県予選では区間賞を独占し、埼玉栄を抑えて悲願の初出場を決めた熊谷女子。日下部秀一監督は「埼玉栄を倒そうと極限まで高めた予選前の集中力を再現できれば、本番で10位以内も狙える」と話す。

     期待がかかるのはエースの矢島選手。中学3年だった昨年、全国都道府県対抗女子駅伝で区間賞を受賞した注目株。精神的にも安定感があり、チームを上位に導く原動力になる。主将の中村選手は高校総体で3000メートル競歩のチャンピオンになり、ランナーとしても「発展途上」で楽しみな存在だ。小野寺選手と野村選手も夏以降に力を付けた。関東高校新人大会の3000メートルで2位に入賞した成田選手の走りにも期待がかかる。目標タイムは1時間10分30秒。初の大舞台で本来の力を出し切れれば、上位進出も夢ではない。

     【予想メンバー】

    1区 矢島早紀  1年
    2区 中村実歩  3年
    3区 小野寺香織 3年
    4区 野村友香里 3年
    5区 成田浩視  2年
    補欠 山鹿友華  2年
    補欠 山鹿由莉  2年
    補欠 大沢恭子  3年

    毎日新聞 2006年12月17日




    埼玉新聞2006年12月23日(土)の記事
    都大路で風になれ、全国高校駅伝、24日号砲







    最終更新日  2006年12月24日 15時44分33秒
    コメント(0) | コメントを書く

    全42件 (42件中 1-10件目)

    1 2 3 4 5 >


    Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.