000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PR

Calendar

2006/09/15
XML
カテゴリ:おかめ友達
今日はmorikoのお友達のお話です。
彼女は可愛いオカメを何羽かとその飼ってたオカメ夫婦から生まれたばかりの雛を育てておりました。
親鳥から雛を預かりそれはそれはもう可愛らしいオカメちゃんになって来て
1羽はめでたく彼女の妹さんの家に養子に行きました。
さぁ2羽の里親さんを探そう!
そう思った時に悲劇は起きました。

2羽が急に死んでしまったのです。
前の日まで元気だったのに2羽一緒に。
彼女はパニックになりました。
保健所や病院に何件か電話して解剖をお願いできるところを探しました。
他に守るべき仔が居るので空気感染、経口感染するような病気であったら困るからです。
それ位突然の死だったのです。

予約した病院に2羽の遺体を預けた日。
スゴイ雷で残ったオカメ達がパニックにならないかを気にした彼女は
声をかけようとオカメの籠に近づきました。
そうしたらソコに急死した2羽の雛のオス親が横たわってました。
いったい何があったのか。

彼女の日記をコピーさせて貰います。
今、相手側と戦っている所なのであんまり詳しくは書けないのですが
これは実際にあった出来事です。
そして、近いうちに自分にも起こりうることかも知れません。
なので1人でも多くの方に知って欲しくって日記の転載の許可を取りました。
是非、読んでいただきたいです。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

危険なもの


長いですが、ぜひ読んで下さい。

危険な物、それは目に見えるものと、見えないものがあります。
その見えないもののお陰で、チビ達が死んでしまいました。
親ルチノー♂もです。合計3羽。。。
悲しいし、寂しいです。ですが、私は怒りを感じていました。

たった一日のうち数分、洗濯をした為に窓を開けてしまった。
最後の日記の日です。
その見えない物は南風に乗り、やってきたのです。
チビ達を含め鳥達は南側の窓付近にいました。

日記を書かなくなった次の日、
チビ達は朝元気に「出して~」とやっていたのを最後に、
昼過ぎに娘が見た時には変わり果てた姿。
なんで?どうして??
2羽同時に死んでしまう事、これは病気なのだろうか??
私は、恐くなり掛かり付けの病院に電話したのです。
ですが、断られてしまいました。
解剖となると凄いお金が掛かると言う理由で・・・

その後保健所へ電話。
他に見てくれる病院はないか、あちこち調べたのです。
結局辿り着いたのは、少し遠目の鳥専門病院。そこへ電話してお願いしたのです。

診察の結果は中毒の恐れがある事がわかりました。外傷もなし。
毎日体重も量っていたし、全てお話したの。
ただし、チビ達はまだ健康診断も受けていない状態だった為、
病気の可能性も含め外注で解剖する事にしたのです。
そう、まだ私の家には沢山の鳥がいるので、その子達を守らなければ!

病院から帰ってきたのは昼でした。
前日からあまり寝ていなかったので、旦那と娘は布団へ転がったのです。
嵐でそとは大雨、雷も鳴り響きオカメ達はパニック寸前。
「大丈夫だよ。」
と声を掛けたのです。
そのとき、異変に気がつきました。親の♂が死んでいたのです。

パニックになりながら直ぐに病院へ電話をしました。
夕方に予約が取れ、直ぐに動きました。
病院に早く着いてしまったので、時間つぶし。
診察の結果、外傷も無く問題は無い。
でも。もしかしたらこの子も病気を持っていたのかも・・・
と言う事で解剖へ回したのです。そうする事によって、
遺伝的に受け継がれる病気があるのかどうか調べる為に。

その時、先に渡していたチビ達のレントゲンを見せてもらいました。
ちゃんとソノウの中には餌が入っている事が分かる。
それと、先生が気になった事。肝臓が腫れてる可能性が高い。
レントゲンで比べました。
チビ達と、♀親と。確かに違うんです。
肝臓が腫れていないと、綺麗な砂時計の形が見えるのです。
素人でもわかる説明でした。


同居していた♀親の診察もお願いしました。
病院へ向かう車中、数回吐いたのです。
レントゲン・ソノウ検査・糞検査。異常なし。ホッとした瞬間です。
ですが、体重が落ちていた事が気がかりで。。。
小さいケージに入れて隔離して体重管理をして下さいと指示されました。
吐いたのは車酔いだろうという診断です。



3日ご病院から連絡が入る。
肺出血が確認され、循環器障害もありました。
まだ詳しく臓器を調べていないが、中毒である。と。


それから、約一ヶ月過ぎました。病理検査の結果が出たのです。
病院の先生から電話があり、

「ウイルス性の病気ではありません、中毒に間違いないでしょう。」と。

♂親はラックの中でしたが、一番敏感な子だったんだね。。。と。

ホッとして涙が出そうでした。
他の子を病気が蝕んでいない事がわかったから。

♀親は元気になりました。
体重も元に戻り、先生にも報告すると喜んでくれました。
書類がまだ揃っていないけど、結果だけでも・・・と先生のお気遣い。
有り難かったです。

当時、体重は79g。今は97gまで回復したのです。
寂しかったのでしょう、なかなかご飯も食べずにいました。
ケージの中に自分が映るように鏡をセット。これが功を奏したです。
寄り添っています、今でも。
ペアーの片割れが居ないとこういう事もあるのです。



ココからは私の戦いなのです。
原因は近所の新しい建築物です。これ以外に考えられないのです。

毎日、臭い。窓は一切開けられません、エアコンフル回転です。
これ来年の春まで続く工事なのです。
建築屋と電話で死んだ事は伝えてあるのです。
書類が揃ったら、それを叩きつける!そう決めてるの。
結果はどうあれ、建築物により、死んでしまう事があると言う事実。
これを突きつけるのです。
こんな事やっても、死んだ子は帰ってきません。
でも、泣き寝入りしたら申し訳ない気がしてるの。

もう、一切窓は開けません。それでも入ってくる空気。
危険はまだ続くのです。でも、それを最小限にしなくては。


みなさんにお願いです。本当に気をつけて。

シンナーとか、揮発性の物。外装工事も危ないのです。
マニュキュア・マジック等近くでやってませんか?
鳥は哺乳類とは違う肺の構造の為、微量でも死に至るのです。
たばこもそうですね。

カーテンレール。これは鉛中毒になる。
カバーをするか、なにか対策を考えてください。
カーテンに鉛が含まれていることもあります。
誤って口にするとたった数時間で中毒死です。
キーホルダーも危ないですね。
ニュースで子供が死んだと聞いた事がありませんか?

テフロンの鍋類も。空焚きした時の煙は人間にも危ないのです。

目に見えない危険な物。もっと多く存在しています。


私が体験した事。これをもっと他の人にも知ってもらいたい。
悲しむのは私だけで十分です。
皆さんのお宅の鳥さん達、元気に長生きできるようにお祈りします。

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとう。
今までチビ達のこと読んで頂いた方、応援ありがとうございました。
やっと泣ける自分が居ます。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


昔はガス探知機が無かったので、

トンネル工事・炭鉱などでは探知機の変わりに小鳥を連れて行っていた。

と言う話聞いた事があると思います。反応が出やすい小鳥「カナリア」を連れて入ったのです。
地中でガスが発生すると死んで人間に「危険」と知らせていたのです。
人間はそれを合図に避難していたのです。

彼女の旦那さんも今喘息の症状が出ているとの話も聞きました。
鳥が先に死ぬのは「弱いから」ではなく敏感なんだそうです。
鳥が死ぬほど空気が汚れていたら次に症状が出るのは人間です。

実は彼女の住んでいる場所に近くにmorikoの友人も住んでいました。
慌てて彼女にも連絡しました。
本当に極身近でこのようなことが起こってます。
塗装工事や新築の家に住んでいる方など気をつけてください。


最後にこの事を公表する許可を下さった匿名さん。
有り難うございます。
写真もお借りして良いとのことでしたのでお借りしてます。
凄く元気な動画とか見て涙が出ました。

3羽のご冥福をお祈りいたします。


※写真は元気な頃の雛2羽です。
とても楽しそうに綱引きして遊んでます。


綱引きして遊ぶ2羽

綱引きして遊ぶ2羽


友人にもこの日記を読んで頂くので彼女へのコメントもココに書き込んで下さって構いません。
質問や、色々な情報などありましたら是非お力添え頂きたいと思っております。
宜しくお願いいたします。

moriko。

≪追加≫↓

匿名さんより投稿があったのですが埋もれてしまっているので日記に追記します。
皆様への感謝の気持ちが一杯です。
有難うございます。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

morikoさんのブログへ紹介して頂いて本当にありがとう。
もっと沢山の人に知ってもらいたい。
そう言っていた私の呼びかけに応えてくれて感謝しています。

纏めてお返事になってしまってごめんなさい。
沢山の温かいコメントありがとうございます。
まだまだ戦っていく段階なので、あまり詳しく言えなくてごめんなさい。名前も匿名ですみません。
役所、保健所にも事故のあったことは届出しています。
今、町内会に呼びかけをしていて周辺にお知らせを出した段階です。反応は無いですね。

もし、よろしかったらですが。
皆さんのブログ等で紹介して頂けないでしょうか?少しでも多くの人に目に触れて、これ以上被害を増やさないように考えて欲しいと思っています。。よろしくお願いします。
(2006/09/16 05:47:44 PM)

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

匿名です。morikoさんから連絡を頂きました。
morikoさん、どうもありがとう。

転載してくださった皆様へ、ご協力感謝いたします。
本当にありがとうございます。

少しずつではありますが、同じような体験をした方のお話も頂いています。でも、本当の原因が分からずに泣き寝入りされている方が殆どでした。

裁判になったとしても鳥は「物」と扱いになるので、器物破損なのです。保障があったとしてもたったそれだけしかないのです。
私はこの先書類が届き次第工事関係者と直交渉する予定です。
相手にされないでしょうね、あちらはこんな事沢山経験しているでしょうから・・・それも覚悟の上です。

本来なら私のブログ公開したい所ですが、ネット上には面白がって悪意だけで攻撃してくる人もいるので、名乗れない事情を分かっていただいて感謝しています。我侭でごめんなさい。
悲しい気持ちはどこかに行っちゃったんです。怒りが勝っちゃったんですね。その怒りに任せて動く事にしましたが暗中模索状態です。

沢山の方に知ってもらいたい。これ以上こんな事で被害を受ける動物・人間を無くしたい。
私の願いはそれだけなのです。

愚痴を聞いてくださってありがとうございました。
(2006/09/21 02:20:38 PM)

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=


ブログへ転載くださった方々。
有難うございます。
morikoへ連絡下さった方の分は匿名様宛にアドレスをお知らせしてあります。
きっと匿名さんの励みになると思います。
また、今後も皆様のご協力をお願いいたします。







Last updated  2006/09/22 09:29:05 AM
コメント(19) | コメントを書く


Favorite Blog

LOVELY BIRD DIARY ひろりん^^さん
Puri Puri オカメ… wakame*さん
les ailes kana.kana.さん
もりのいえ 黒さとんさん
♪あやぼうの別荘♪ あやぼう1973さん

Comments

 景王ユーリ@ 良かったです ご無沙汰しています! morikoちゃんのご…
 あやぼう1973@ Re:地震。(03/12) ご家族がみんな無事でよかったです。 私…
 黒さとん@ Re:地震(08/11) オカメちゃんたち、怪我もなく良かったで…
 景王ユーリ@ Re:ご報告。(06/17) ご無沙汰しています。 クリさん、天国…
 黒さとん@ Re:ご報告。(06/17) クリさん、お亡くなりになったんですね。 …

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.