339770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペット喜怒哀楽

物語大英博物館

物語大英博物館

書名 : 物語大英博物館
著者 : 出口保夫
出版社: 中公文庫 2005.6.25初版 262ページ \819

感想 :
一部、2006.1.15日記に記載

よく言われている、私もそう思っていた、展示資料は植民地から略奪してきたものが多いってのは、違うらしい...一応、個人的に収集してきたもので、買ったらしい...博物館は収集家から買ったってのは確か。(収集家がどれほどの安値で買いたたいたかどうかは、記述されていないから、まだ、私は疑っているけれど)。その収集家の中にクック船長もいるしなぁ。まぁ彼のことも、この本、そして、もう一冊別の(たぶん、この次の次に書く予定の増田義郎「太平洋」でも、それほど悪い人ではなかったように書かれてはいるけれど)

夏目漱石も博物館には行ったけれど、リーディングルームには入らなかった、らしい。彼には線をひく癖があるから...留学費用の1/3を書物費に充てた。(わかるわぁ)

聖画のPX=ギリシア語chi rho(救世主キリストを表す記号)

古代ローマ帝国で、キリスト教がひろまる前のミトラ教。(拝火教の主神がミトラ)ミトラの誕生日は12/25 宣教過程や弟子の数、復活など類似点多い。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.