1089761 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「野球ソムリエ」 キャッチャーズ・アイ

PR

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

全6件 (6件中 1-6件目)

1

フィギュアスケート

2007.12.16
XML
惜しかったですねえ。2人とも銀メダル。
日本の両エース、浅田真央選手と高橋大輔選手。


浅田真央選手は、昨日のSP最下位からの見事な挽回でした。

トリプル・アクセルも跳び、その後のコンビネーションも
トリプル・フリップからのトリプル・トゥループ
トリプル・フリップからのトリプル・ループ
ダブル・アクセルからのダブル・トゥループ、ダブル・ループの
3連続コンビネーションも決めて、フリー演技ではトップのスコア。

しかし、キム・ヨナ選手も転倒こそあったものの、
その他は手堅く固めてSPでのリードを守り
2年連続のグランプリ・ファイナル優勝を決めました。

惜しむべくは、やはり昨日のSP演技でのミス。
その点数差がそのまま、最終結果に響きました。

この2人は今後もハイレベルな争いをしていくでしょうが、
キム・ヨナ選手が現時点では一歩リードしていると思いました。

その差は、滑りのスピードとスピンのキレだと感じました。

キム・ヨナ選手のほうが、滑りのスピードをそのまま
ジャンプの高さやスピンのキレにつなげていて
演技全体をのびやかなものにしています。

それに対して、浅田真央選手のほうは、最近滑りに伸びがないような
そんな印象を持ちます。

なので、技術点は高くとも、
演技構成点がいまひとつ抑えられているのではないでしょうか。

点数が抑えられてるといえば、中野友加里選手は
今回、SP、フリーともに演技内容に比べて
点数が低く抑えられていると思いました。何故なのか?
トリプル・アクセルも跳んでるのに。。。
コンビネーション・ジャンプの差なのか。。。
3回転ー3回転がないですからなんですかねえ。。。


高橋選手もよくがんばりましたよ。

でも昨日と逆の結果でしたね。
昨日は、4回転を跳んだランビエール選手を
他の要素でカバーして、4回転を跳ばずとも
点数を伸ばした高橋大輔選手でしたが、

今日は、高橋大輔選手が、4回転を跳んだものの、
後半にキレを欠いて、いまひとつ点数が伸びなかった。

対して、ランビエール選手は、転倒があっても
ステップと高速のスピンで質の高い演技をして
わずかの差で逆転をした。

ほんと微妙な点数。悔しいですね。

浅田選手も高橋選手もね。

しかし、シーズンはまだまだ続きます。
今月末には、日本選手権がありますし
それを勝ち抜けけば、年明け2008年の世界選手権が待ってます。

今回の悔しさを、世界選手権でリベンジしてください。
また、フィギュアファンを楽しませてください。








最近Zガンダムに夢中のアフィリエイターさんです。小雪さんのブログ
 【情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪】

神戸でで人気のおとりよせ名店『R.L』です。
エール・エル・NAVI








最終更新日  2007.12.16 21:32:10
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.15
浅田真央選手がまさかの最下位。。。。

やはり、懸念していたとうり、SPの演技冒頭の3回転ー3回転の
コンビネーション・ジャンプでの失敗で全てが狂った。
それも、今季一番悪い形で。

コンビネーション・ジャンプの後のステップでもつまづき
その後のトリプル・ルッツを飛べないという信じられない事態。

その後、ステップ、スパイラル、スピンでは
なんとか持ち直したが。。。。

救いはキム・ヨナ選手も同じSP演技の演技冒頭で
3回転ー3回転をミスしたことにより、
得点の開きが5点台後半に収まったことだ。

しかし、今季の浅田真央選手はジャンプに不安を残したままで
明日のフリーで挽回するには、3回転ー3回転を決めて
なおかつ、トリプル・アクセルの成功が求められるという
厳しい条件下に立たされた。

対して、キム・ヨナ選手はフリー演技では無難にまとめてくるだろう。
逆転での優勝は、かなり難しいと見る。


一方、中野友加里選手は、大きなミスなくSPを終えて
フリーでトリプル・アクセルを跳べば、表彰台を充分狙える。

浅田真央選手、中野友加里選手ともに、
トリプル・アクセルを決めて、表彰台に上って欲しい。

その期待をして、明日のフリーを見たい。



変わって、高橋大輔選手は素晴らしかった。
後半ちょっと息切れしたみたいだったけど、首位発進。

それも、自身は4回転を跳ばずに
4回転ー3回転を決めたステファン・ランビエール選手を
抑えての首位は、いかに他の要素でのレベルが高いかを
証明している。

今季の高橋大輔選手は、クラシックやオペラの曲が
大半のフィギュア界で、ヒップホップ調の曲という新機軸に挑戦。
それも『白鳥の湖』でだ。

上体を激しく動かす、ヒップホップは
スピン、ステップなどの、氷上の滑りとはマッチしにくいリズムだ。
しかし、それを技術の高さでまとめてしまっている。

高橋大輔選手ならではのステップ、演技力があってこそ
成り立つプログラムなのだ。

しかし、ランビエール選手との差は僅か。
やはり、明日のフリーでは4回転の成否が勝敗を分かつと見た。


日本男子フィギュア、初の金メダルに向かって
明日のフリーは大いに期待して見たい。







最近Zガンダムに夢中のアフィリエイターさんです。小雪さんのブログ
 【情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪】

神戸でで人気のおとりよせ名店『R.L』です。
エール・エル・NAVI








最終更新日  2007.12.15 22:10:46
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.14
女子シングルに出場する、氷上の妖精はこの6人だ。

キャロライン・ジャン(USA)
カロリーナ・コストナー(イタリア)
キミー・マイズナー(USA)
中野友加里(日本)
浅田真央(日本)
キム・ヨナ(韓国)

なんといっても、注目は日韓の17歳対決だ。

現世界ランキング1位と2位。
浅田真央選手とキム・ヨナ選手。
ともに190点台の後半のスコアを出したことのある
ジュニア時代からの永遠のライバル。

ジュニア時代を含む、過去5回の直接対決でどちらが上位になったかというと
3対2で浅田真央選手のほうが、ひとつ多いが、
これは今年3月の世界選手権で
キム・ヨナ選手が腰痛を抱えながら出場したのも含むので実質はイーブン。

さらにシニアに上がってからは、キム・ヨナ選手の方が
浅田真央選手よりも好成績を収めている。

実際、今年のシーズンが始まってからも勢いでは、キム・ヨナ選手が有利。

今年、フリーでの自己ベストを更新して、
フリー演技での世界最高得点をたたき出している。

なんといっても、トリプル(3回転)ルッツからトリプル・ループ
のコンビネーション・ジャンプに乱れが無いことと、
イナ・バウアーからの
ダブル(2回転)・アクセルさらに、トリプル・トゥループの
コンビネーション・ジャンプという難易度の高い組み合わせが強みだ。

他の要素でも全てにレベル4を取れるので、まさに磐石といったところ。

しかし、浅田真央選手もSPでの世界最高得点の記録保持者。
問題は、得意のトリプル・アクセルと
3回転ー3回転のコンビネーションが決められるかにかかる。

さらに、今回のグランプリ・ファイナル用に
フリーの演技要素を変更してきているらしい。

順当にいけば、表彰台トップを争うのはこの2人だろう。

これに続くのが、世界ランキング4位のキミー・マイズナー選手。
去年の世界選手権金メダリストだ。

さらに、5位の中野友加里選手。
今年は、好調でトリプル・アクセルを決めてきているので
同じ国際大会での2選手のトリプル・アクセル成功となれば
史上初のこととなる。

そして、開催国イタリア・トリノの大学に通う
カロリーナ・コストナー選手も今年のヨーロッパ選手権の優勝者。

今年から、シニアデビューのキャロライン・ジャン選手もいる。

まさに群雄割拠の大会だ。
男子以上に実力伯仲で行方は知れない。

女子シングル初の200点台のスコアは出るのか?

全てはSPでの3回転ー3回転のコンビネーション・ジャンプを
誰が綺麗に決めて、誰が首位に立つかで見えて来る。

いよいよ明日からだ。








最近Zガンダムに夢中のアフィリエイターさんです。小雪さんのブログ
 【情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪】

神戸でで人気のおとりよせ名店『R.L』です。
エール・エル・NAVI








最終更新日  2007.12.14 16:41:29
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.13
では、グランプリ・ファイナルに残った6人の精鋭を見ていこう。

高橋大輔(日本)
ステファン・ランビエール(スイス)
エバン・ライザチェック(USA)
ジョニー・ウイアー(USA)
ケビン・バンデルベレン(ベルギー)
パトリック・チャン(カナダ)

昨年のグランプリ・ファイナルの覇者、ブライアン・ジュベールがいない今年は、
一昨年の覇者である、ステファン・ランビエールと
一昨年は3位、去年は2位となっている、高橋大輔、
そしてジョニー・ウイアー、エバン・ライザチェックの4人が
中心で表彰台を争うだろう。

決め手は4回転ジャンプに尽きる。

おそらく、SPでは大方の選手が回避するなかで、
ランビエール選手は、もしかしたらSPで4回転を跳んでくるかも知れない。
まずここが見どころで、あとはミスの差だけだ。

フリーになれば、さらに実力拮抗の4人の演技は伯仲するはず。

ウイアー選手は、ちょっとジャンプに脆いところがあるものの、
ノーミスの演技となれば、実力者だけにハイスコアが叩きだせる。

ライザチェック選手、ランビエール選手は
4回転からのコンビネーション・ジャンプが決まるかどうか?
2連続か、それとも3連続で入れてくるかも見どころだ。


高橋大輔選手も4回転が決まるかどうかだ。
以前から、『今年はフリーで4回転を2回跳ぶ』と
公言しているが、まだ今年は公式戦で一度も4回転は成功させていない。
これが、大きな不安材料だ。

4回転を2回と無理をせずとも、1度でも4回転を綺麗に決めれば
ストレート・ステップ・シークエンスでは、
他を寄せ付けない力があるので表彰台トップの可能性は高い。


自己最高点では、遜色ない4人だけに
4回転ジャンプの成否とSPの時のミスが
おおきく表彰台の位置を左右するのは間違いない。

今年の開催地は、去年のオリンピックの地でもあるトリノ。
オリンピックの時の悔しさを高橋選手にはぶつけてもらい
表彰台トップで日の丸を掲げてもらいたい。






最近Zガンダムに夢中のアフィリエイターさんです。小雪さんのブログ
 【情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪】

神戸でで人気のおとりよせ名店『R.L』です。
エール・エル・NAVI








最終更新日  2007.12.13 16:19:36
コメント(1) | コメントを書く
2007.12.12
フィギュアスケートのシングル競技は、男子、女子ともに
ショートプログラム(SP)とフリースケーティング2種の演技、採点で順位が決まる。

一番の違いは、時間的制約だ。
SPの場合は男子、女子ともに2分50秒。
明らかな時間オーバーは減点対象となる。

細かい事は割愛するが、この時間内に、それぞれ決められた8つの技術要素を
必ず入れて、演技をしなければならない。
採点は、技術点(テクニカル・エレメンツ)と
演技構成点(プログラム・コンポーネンツ)とで争う。

SPの場合、この決められた『8つ』の技術要素というのがミソで
ひとつ、ひとつの技術要素を的確にこなさないと大幅な減点対象となってしまう。
たとえば、連続ジャンプ(コンビネーション・ジャンプ)の要素の時に
転倒や体制不十分で、連続にならなかった場合、最悪0点となり
おおきく採点に影響する。
転倒の場合は自動的に減点1となる。2回転倒すれば2点減点となる。

さらにここで、順位が低いとフリースケーティング時にも大きく響く。
SP時の順位でフリーのときの滑走順が決まるために、
最終滑走組6人に入らないと、自然とフリーの採点が伸びない事になる。

去年から、今年の浅田真央選手がいい例で、
SPの時にミスをする傾向が続いている。
なので、自然とフリーのときに『挽回しなければ』という重圧がかかり
無難にまとめる演技になったり、挑戦的な気持ちが出にくくなるのだ。


フリースケーティングは男子が4分30秒。女子が4分ジャスト。
で、最大10秒までなら短くても、長くても誤差が認められる。
このなかで男子は14の技術要素、女子は13の技術要素を時間内に演技する。

採点はSP同様に技術点と演技構成点との合計で争う。

が、SPに比べて、時間、技術要素が増える分、得点も伸びるので
一発逆転もありうる事になる。

また、演技時間後半の2分以降のジャンプに関しては
基礎点を1.1倍にするボーナスポイントもある。
後半にジャンプを多く飛ぶ選手はこのボーナスポイントを狙っているわけだ。

ただしフリーの場合も、転倒の場合は自動的に減点1となる。
3回転倒すれば3点減点となる。

各選手は、自分の得意、不得意のあるなかで、技術点の高い要素を取り入れたり
組み合わせたりしながら、高得点を狙っていくことになる。


さて、明日は男子シングルに出場する6選手について書いて行きたいと思う。





ネカマ疑惑(?)のアフィリエイターです。小雪さんのブログ
 【情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪】

全国で人気のおとりよせロールケーキ集めました。
ロールケーキ・NAVI








最終更新日  2007.12.12 08:32:49
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.11
今週は野球の方は大きな動きはないと思うので
フィギュアスケートについて書こうと思う。

今週末から、グランプリ・ファイナルもあるし。

私は、結構昔から、そう伊藤みどり、佐藤由香、八木沼純子が
現役のころから、フィギュアスケートを見ている。
今みたいに地上波でバリバリのゴールデン枠なんかでやる事のなどなかった頃から。

しかし、いまだにジャンプの種類の見分け方がわからない。
理屈は分かっているのだが、見極められないのだ。
演技中はもちろんの事、スローで再生してもいまいちピンと来ない。

まあ、単純に楽しんで見てればいいのかも知れないが、
どうせ見るなら、細かいところまで楽しみたい。自分で採点してる気になりたい
と思うのが、キャッチャー星人の悪いクセである。
でないと、採点の具合に納得が行かない時が多いのだ。特に微妙な差のときに。


以前と違い、現在のジャッジシステムは加点、減点制で
ジャンプやステップ、スピンなどにそれぞれ基礎点が決まっている。

ジャンプに関してはそれぞれの基礎点に対して、出来が良ければプラス3点まで、
逆に悪ければマイナス3点までと最大6点の差が生まれるし、

スピンやステップ、スパイラルなどは、
レベル1からレベル4まで4段階で採点されて個人の得点になるわけだ。

話が逸れた。そんなわけでジャンプは6種類あるのだが、
以前にウイキペディアで軽く調べてみた。

ここでは、採点上の点数が低い順に、イコール難易度が低い順に並べて見る。
ちなみに全てレギュラースタイル(反時計回り)の解説であって、
グーフィースタイル(時計回り)の場合は逆となる。

また、フィギュアのブレードはUの字になっていて内側をインエッジ
外側をアウトエッジと呼ぶ。


●トゥループ: 後ろ向きに滑りながら、トゥ(つま先)を突き、
軸足のアウトエッジで踏み切るもの。

●サルコウ: 後ろ向きに滑りながら、左足を引き、インサイドエッジで踏み切るもの。
飛ぶ時に足がハの字の形に見える。

●ループ: 後ろ向きに滑りながら、左足を引き、アウトサイドエッジで踏み切るもの。
飛ぶ時にトゥを突かずに、ハの字にも見えない形。

●フリップ: 後ろ向きに滑りながら、右足を後ろに引き、
トゥを突いて、インサイドエッジで踏み切るもの。

●ルッツ: 後ろ向きに滑りながら、右足を後ろに引き、
トゥを突いて、アウトサイドエッジで踏み切るもの。

●アクセル: 唯一前向きに踏み切るジャンプで着氷は後ろ向き。
当然のことながら、半回転多く廻ることになるので難易度が一番高い。

とこんな差があって、これに2回転(ダブル)、3回転(トリプル)
4回転(クワット)でまた基礎点が決められているわけだ。

それぞれの基礎点まで話を進めると本当にこんがらがってくるので
ここでは、割愛する。


いまだにワシは、フリップとルッツが見ていて分からない。

今年2007~2008シーズンは特にフリップ時とルッツ時の
エッジワークを細かく見ているとの事だが、なお更、分からない。

が、とにかくソロのジャンプにしろ、
2連続、3連続のコンビネーション・ジャンプにしろ、
上の難易度の順番を覚えてれば点数の高い、低いはおおまかにわかって来ると思う。

明日は、ショートプログラムとフリープログラムの違いを書こうと思う。







ネカマ疑惑(?)のアフィリエイターです。小雪さんのブログ
 【情報商材極上レビュー★団塊パパの娘@小雪】

全国で人気のおとりよせロールケーキ集めました。
ロールケーキ・NAVI








最終更新日  2007.12.11 20:12:53
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.