569152 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

一日一感動

一日一感動

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2019.08.27
XML
カテゴリ:遊行期游泳575

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 遊行期游泳575 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 




★ 遊行期游泳575hqq2702

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

 真葛原踏入りしとど濡れにけり

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――


 遊呼さん、今日も交心ありがとうございます。


 > 真葛原行くてさえぎり鐘の音   遊呼

 行く手を遮る真葛原。
 悩ましいですね。
 真葛原の向こうには何が待っているのでしょう・・・


 鐘の音。


 真葛原の向こうから聞こえてくるのでしょうか。
 それとも、後ろから聞こえてくるのでしょうか。


 真葛原踏入りしとど濡れにけり   仁







 ★ 遊行期游泳575zhv1804

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 ​待つ君に届け吾また葛の花​​

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――


★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。


 > 万葉集10-1985 ま葛延ふ夏野の繁くかく恋ひばまこと我が命常ならめやも

 葛の葉がこうも夏野に繁茂するように
 わたしのあなたを恋い慕う心も
 息苦しくなるほどに茂るばかりです。
 このままあなたがおいでくださらなければ
 わたしの命は悶え苦しんで息絶えることでしょう。


 > 万葉集10-2295 我が宿の葛葉日に異に色づきぬ来まさぬ君は何心ぞも


 わたしの庭の葛の葉も日に日に濃く色づいていきます。
 その葛の葉のようにわたしの恋しさも色づくばかりなのです。
 それでもあなたはまだ来てはくれません。
 いったいどういうお心でいらっしゃるのでしょうか・・・
  わたしを愛おしくお思いくださるなら一日も早くおいでくださいませ。


 待つ君に届け吾また葛の花   仁


 女の待つ情感と男の待つ論理の間には、深くて、大きな、淵がある。
 万葉の古からその葛藤と煩悶はつづいているのでしょうね・・・


 遊行優游遊泳時空はその煩悶の超克の地平を開示するものなのですけれど、異次元飛翔という幻想航路を船出して遊ばないとその地平へはいけないのです。
 その地平は日常の今とここに重なってあるのですけれどね・・・

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


★★★  ​遊行期游泳575zqv0909『 哀しみに流されまいぞ花なずな 』 へどうぞ!!! ​★★★


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★








お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2019.08.27 22:26:01
コメント(0) | コメントを書く


PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

青柳仁

青柳仁

Favorite Blog

花 筵 fu New! fu~coさん

Comments

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.