152821 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

座乱読無駄話日記2

2020.03.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「室町の覇者足利義満ー朝廷と幕府はいかに統一されたか」(桃崎有一朗・ちくま新書)
         

 気になっていたこれ、ついに読みました。
 いや、これ、すべての始まりは足利直義だって言ってるんですよね。そして、やっぱり、彼自身が「源頼朝」を意識していた・・? 
 勿論、この本は義満のことを書いてある本です。私もそのつもりで読み始めた。
 義満は、勿論、室町幕府の完成者で、南北朝を終わらせた人物ですよ。そして、義満の目指す「形」が何であったか? そのあと、義持が、それをどう変えたか、そして、義教が完成させようとした「将軍権力」とはなんだったか・・。
 これがこの大筋なんですが、そもそも、最初に、直義が作った政権、いわゆる「足利幕府」が、どのようなものだったか・・そして、それを足利尊氏ではなく、直義が作ったということ、そのために、尊氏、義詮、義満の三代が、どれほど大変だったか・・いや・・これって、すべての責任が足利直義にあるって言ってるんですよね。
 そして、なんと、足利基氏からの関東公方は、直義が仕掛けた、本家への「時限爆弾」で、その存在が、東国の戦国時代を招いた・・・!
 そして、その「直義の負の遺産」のゆえに、室町幕府の将軍の「ひ弱さ」が、極論すれば応仁の乱・・そして戦国時代を招いた・・・?・・これ、すごいこと言ってない?
 足利直義って、家康が現れて、日本をまとめるまで300年近くも歴史に影響を与えたことになるではないですか。
 その「足利直義」の幕府とはいったいなんであったか?
 そもそも、その成立が、鎌倉府に後醍醐天皇から皇子を一人頂いて、鎌倉に出向したときに、源頼朝を意識して行動を起こし、足利直義の「幕府」はスタートした。つまり、まだ将軍ではなかったけど、「親王将軍」を頂いて、鎌倉に幕府を開き、直義は「執権」となったというのですね。
 ところが中先代の乱がおこって、尊氏が援軍にやってきたことから、これはもう、尊氏は自覚を持ったのだと判断し、将軍として担ぐのは源氏の棟梁としての尊氏でよいだろうと、直義は考えて、幼い宮様は返品した。そして、自分自身は「執権」的な立場にとどまり、あえて、すべてを支配した。
 これはつまりは、直義の幕府であったのですが、彼が北条家の「執権」と違うところは、本人がどう思っていたかはともかく、尊氏の弟(しかも同母)であったところが大問題だったというんですね。
 本来「執権」は、将軍を頂いて、実務をやるところにその権威があった・・・つまり、足利家執事の高師直みたいな人物ですね。だけど、執事の役目を、将軍の実弟がやっていた。
 しかも、将軍の弟で血筋の良い人物には、足利一門が集まった・・というか、直義には、一族を大切にする傾向があったように、これは何となくそう思う。
 カリスマ性を持つ当主がいて、それに一族郎党が盛り立てて事を起こす・・こういうスタンスで、北条氏を滅亡させた足利氏が、源氏として将軍になるのは、当たり前で、幕府は当然、足利将軍を頂く。
 そして、その家政機関を統括する執事は、当然「執権」なのに、執事ではなく弟が仕切っている。そして、その判断に従えない不満な連中は、将軍の執事たる高師直を支持する。
 尊氏が将軍で、その執事である高師直が執権的な立場であることによって、はたから見たら、尊氏と同格に見えた。
 直義が足利一門を大事にするなら、足利一門でない武士たちは、将軍に直接つながりたい。そこに、高師直が仲介して、利益が相反する場合もしばしばおこる・・というのですね。
 つまり、幕府のなかに二派閥ができた・・。これは、天皇家、公家が二つに分かれているのと本質一緒だったかも。
 先に師直の抹殺を中途半端にした直義のミス(師直の執事解任をしたけれど、ほかの高一族を入れたりして高氏に配慮している。これ、直義の、性格かも。あるいは、最後まで師直を抹殺するところまで考えていなかったかも)で、御所巻くらって失脚する。
 そして脱出して南朝に寝返るわけですが、直義本人としては、先に北朝が自分を謀反人扱いしたので、それの対抗処置で、いずれ南北を合一させようとずっと画策していたようなので、吉野の朝廷をあまり敵対組織と考えなかったかもしれない。
 こうして、日本を二つに割る内乱にはいるわけですが、和解の後、尊氏を罰するわけでもなく、尊氏の嫡男義詮を後継者と認めて、協同統治しようとしたあたり、直義は、義詮を単に尊氏の息子の一人だと思っていたようです。
 あくまで、兄の尊氏は将軍であり、当主で、自分は足利幕府を統括する立場で、義詮は、自分の指示に従って、ミニ尊氏のような立場でいるべきだと思っていたかもしれない。義詮はそんなこと全く思っていなかったんですけど。叔父さん大嫌いだし・・・。
 そういった幕府内部の足利一門と、それ以外の対立は、すでにあったもので、結局、擾乱のはて、直義が死んでも、その立場は直冬に受け継がれて揉め事は続き、その連中は、簡単に南朝を担ぐ。
 足利家当主尊氏を盛り立てていこう・・という気配などないのが彼らの戦乱で、尊氏の死後、義詮は苦労し、南朝との和解も模索しつつ、斯波高経が執事に就任要請されしぶるのも、彼自身は足利家の一員なので、家来の高師直のあとを継ぐ執事になりたくないので、息子を執事にし、管領という呼び名に変えて、背後から指示する・・つまり師直ではなくて、直義だぞ・・と宣言したとか。
 こうして、「執事」は、昇格して「管領」となったのだそうですが、高経自身は、先代からの宿命のライバル道誉との確執に破れますが・・・。
 まあ、それはそうとして、この「問題の」将軍の弟の仕掛けた、観応の擾乱は、長く足利家のトラウマとなり、義満の代になってやっと後遺症は収まり、義持、義教で決着がついたと思いきや、義教の暗殺で、またしても将軍家の力は弱まり、足利家の「弟」の反乱は続くという呪われた兄弟対決が残っていく・・のだそうです。
 これって・・「諸悪の根源」が直義だっていうけれど、直義が仕切っているのがいやなら、尊氏が態度をはっきりさせなければならなかったんじゃないのかなあ‥とも思うけどね。
 頭に看板将軍を頂いて、「執権」が実務をやる・・これを直義が理想としていたのなら、自分が、将軍になる・・という発想すらしなかったかもですが、彼に、実子が生まれ、また、直冬を義詮と同じ立場にし、西国を支配させようとした・・というようなことが、尊氏-義詮路線を正当と信じた師直が、直義を「危険視」しはじめてもおかしくないなあ・・なんて。

          

 結局、なんだか足利直義の話になってしまったなあ・・・。
 直義の「亡霊」は足利家に長く影を落としたことは、「​足利直義をめぐる怪異​」にも書いていますが、最後の直義の供養が足利義教によってなされた、というのは、なんだか妙に納得しました。

室町の覇者足利義満 朝廷と幕府はいかに統一されたか/桃崎有一郎【合計3000円以上で送料無料】



 座乱読後乱駄夢人名事典​   絵置き場。イラスト人名辞典
 ​
座乱読ー別荘ー​     マンガ置き場。 現在「足利家の執事」連載中      






最終更新日  2020.03.22 22:58:24
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


乱読F

コメント新着

乱読F@ Re:面白そうですね(01/21) roterosegartenさんへコメント有難うござ…
roterosegarten@ 面白そうですね 鎌倉幕府も、執権の時代って地味ですよね…
roterosegarten@ そういえば 同じ今昔に「海松(みるめ)」のついたハ…
乱読F@ Re[1]:おにぎりの文化史(07/16) roterosegartenさんへ 以前「足利家の執事…
乱読F@ Re[1]:引越し完了しました。(07/15) roterosegartenさんへ ありがとうございま…
roterosegarten@ Re:引越し完了しました。(07/15) お疲れ様でした。 大変な作業でしたね。 …
roterosegarten@ Re:おにぎりの文化史(07/16) うふふ、そのお二人、仲良く旅立たれたの…
乱読F@ Re[1]:御伽草子かくれ里(06/11) roterosegartenさんへ 有り難うございます…
roterosegarten@ Re:御伽草子かくれ里(06/11) 面白かった! だんだん話が大きくなって…
乱読F@ Re[1]:カッサンドラと平重盛(06/10) roterosegartenさま。 こちらへも有り難う…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.