000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

初心者ファミキャン

初心者ファミキャン

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Category

Calendar

Archives

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

Freepage List

Rakuten Card

2018.07.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2年前、壱岐での海キャンプが楽しすぎて、夏が近づくにつれソワソワしていました。

おもいっきり壱岐に行くつもりだったのに、どうしても二連休がとれず、近場を探すことに・・・

そしてたどり着いたのは山口のうしろ浜海水浴場!!

ここ、結構前からチェックはしてたけど、なかなか情報が無くて。

Facebookもあるし、画像は出てくるけど、「キャンプ」の情報となると薄いんです。

まぁ、行ってみればわかるさと、7月15日16日で行ってきました^^

朝8時過ぎに出発。この日は長男と同じ年の甥っ子も同行。チビ達大喜び♪

難なく、約1時間半で現地到着。やっぱり山口近い!!

場所は解りやすいですが、線路を渡る際の道が狭くて焦ります。途中、コンビニ、スーパー、ナフコなど、買い物で寄れる場所もあって便利(歩いては無理かな)

この辺りの海はエメラルドグリーンでキレイです!!

rblog-20180808140129-00.jpg

見ているだけでテンションUP でも、海水浴場を見て長男が一言

「人がいっぱいおるやん」
(写真のは我が家の人々)

いやいや、これが普通よ。むしろ、少ないと思うけど。

普段泳ぎに行ってる地元の海も、二年前の壱岐の海も、ほぼ貸し切りだったけど、「海水浴場」とはこういうものです。

早く泳ぎたいと焦る子供たちをなだめながら、まずは設営!とにかくタープを張って日陰を作らないと暑いこと暑いこと

砂浜沿いの高い場所に設営して良いそうなんですが、石やら木の枝やらがゴロゴロ。とにかく、木の枝は夜の焚火に使うので子供に集めさせ、大きな石はどかしてレジャーシートを張り、タープを設営。

rblog-20180808140129-01.jpg

テントまで張ろうかと思ったけど、周りを見渡してもそのまま宿泊しそうな客はいそうになく、海水浴客が撤収してから設営することにしました。

やっぱりこの日、テント泊は我が家のみでした。だからキャンプの情報が薄いのかな?まぁ、ゆっくりできるから嬉しいけど^^

海は結構すぐに水深が深めになってますね。いつも泳ぐ海が遠浅すぎるのかな?

海の家でお願いしたら、バナナボートやジェットスキーも楽しめます。

大人1000円 なんと子供100円!!

怖がりな長男が意外にバナナボートに乗りたいと言うので、次男も連れて乗ってみました。

母、初バナナ

結構岸から離れた場所まで連れて行ってくれましたよ♪子供たちを乗せているので、ジェットを運転してくれたおじさんは終始私たちの安全を確認してくれていた様子。

rblog-20180808140129-02.jpg


若者ばかりだったら振り落としたり、波にのったり激しいアクションをするのかもしれないけど、安全運転でアトラクションもそうだけど、景色を楽しむ余裕もありました!

午前中から昼食も忘れ、ひたすら泳ぎ続ける子供たち。

元気なこと・・・それでも、タープの中に呼び戻し、レトルトカレーを食べさせ、強制的に休ませながら夕方5時くらいまでひたすら海を楽しみました。

ようやく日も暮れ初め、雲一つなかった青空は赤く染まり、そのうち夕やみに・・・

rblog-20180808140129-03.jpg

rblog-20180808140129-04.jpg


子供にはDVD鑑賞させながら、大人はお酒を楽しみながら夜空を観察

流れ星が一つ、人工衛星がたくさん見れました

テントは宿泊客が他にいなかったこともあり、フライを張らずにインナーのみ。おかげで涼しく眠れることができました。壱岐のキャンプとは大違い・・・正直、暑さで寝付けないことも覚悟していましたが、泳ぎ疲れもあったし、7月はまだまだ涼しかったのか、寝苦しさはなかったです。

rblog-20180808140129-05.jpg


翌朝も、朝食もそこそこにまたまた泳ぐ子供たち。私も泳ぎましたけど。

料金は朝から18時まで一日分の支払いで、宿泊なので二日分支払っているため、二日目のチェックアウトの時間は18時です。体力さえあれば、二日目もゆっくり海を楽しむのですが、もう海水浴はおなか一杯です。涼しいうちに撤収して帰りました。それでも10時くらいまではいたかな。


今回、情報があまり無いままで不安でしたが、海水浴場を管理されている方々も、バナナボートの人たちもとても親切にして頂き、安心して子連れキャンプを楽しむことができました。

日中はひっきりなしに海水浴客が来ますが、中にはマナーがよろしくない方もいるのでしょうか。設営時にゴミが目立ち、残念な気持ちになりました。来た時よりも美しくです。

トイレはボットンです。次男はこれが受け入れられなかったようでしたが、小学生の長男と甥っ子は特に文句は言いませんでしたね。これも今までのキャンプの経験が生かされたか?綺麗に慣れすぎるのもどうかと思います。

海が目の前なので、蚊はそこまで気になりませんでしたが、いることはいます。

今回は対策としてこちらを持参


金鳥 やぶ蚊がいなくなるスプレー 450ml

案外効果あったのかも。刺されやすい私が刺されていませんから。



シャワー室もありますが、炊事棟のところに大きなペットボトルに水を入れ、日光で温めている水が用意されていました。私たちは水着のまま、この水を頭から浴びて海水を洗い流しました。

あと、サイトの上の方に墓地があります。気にしだしたらきりがないし、夜は星がきれいすぎて「怖い」とか考えもしなかったですが、敏感な人は・・・自己責任で^^;

私的にはまた来たいと思えるキャンプ場でした!!





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2018.08.08 14:17:24
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.