000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

poco a poco~くららんびより

1月29日の日記

こんなことを書くべきじゃない、と思ってお昼の日記では書かなかったけど、やはりなんだか私の胸に棘が刺さったようになってるので、その棘を引っこ抜くために書きます。
まあさらっと読み流して見なかったことにしてくださいね。

今日は美容院に行った後、電車に乗って街に出た、ということを先ほどの日記には書いたのですが。
雨のなか、もうどうしようか?と思うくらい、すれ違う人、ガラス越しの喫茶店のお客さん、何人も何人も、数年前に亡くなった私の知人に見えたのですね。皆同じ顔。彼の顔。
そのたびにぎくっとして足が止まってしまい、
「どうしたんだ私?」
と思ってしまいました。
(勿論、彼の顔に見えた一瞬後には、別の本来の顔に戻っていました)

動揺しながら帰宅して、つらつら考えるに…
そう。先週が彼の命日でした。
正直、彼の命日なんて完全に忘れてました。

彼は私の、20年前の彼氏だったのですが、やはりお互い子供だったので、すごく傷つけあって別れたのですね。
その後、何かで出会っても、とても気まずい思いをしていました。
そのままお互い社会人になって、もう偶然にも会わなくなり。
結婚し。
次に聞いた彼の消息は、彼の死だったのですね。

なんていうか…
すごくショックだったし、最期のお別れもつらかったのですが…

なんとなくいつか、もっともっと年取って、彼に再会したときには
「あのときはこうだったよね。」
「若かったよね。」
なんて笑顔で話が出来るのではないかと思っていたのですね。
そうやって、いつかきちんとあの頃のことを話しあうことで、やっと私たちの(私の、というべきですかね)青春が完結するのかなあと。
ところが思いがけず、こんなに早く死んでしまった。
なんかねえ、何か、うまく言えないけど、バチーンと道がぶった切られたような、そんな気持ちでいるのです。

別にずっと思い出し続けてるわけではないんですけどね。
ぶっちゃけ、忘れてました。今日までは。彼の命日さえ。

でもひきずってたみたいです。私。

会いに来てくれたんでしょうか、彼は。

命日の頃は彼の奥さんや子供やお父さんお母さんのところにいて、それから親しい友人のところをまわって。
だとすると、日付的にはかなり後回しにされた感はありますが(笑)
彼もまた、それなりに私と気まずいままになってることを、気にしてくれてたんでしょうかね…

つくづく自分に都合の良い考えかたですけど(笑)

さようならKさん。
もういいよ。
元気でね。


© Rakuten Group, Inc.