1402006 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

全859件 (859件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 86 >

ひとり言

2019年06月09日
XML
カテゴリ:ひとり言

毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」
今週阿辻先生が取り上げた漢字は「名刺」でした。

普段よく見かけるビジネスシーン。

「初めまして。〇〇商事の△△です」

「あっ、どうも。この度はお世話になります。◇◇産業の□□です」

今やわが国に限らず世界中のビジネスマンにとって名刺は欠かせぬツールとなりました。

その優れたビジネスツール「名刺」は、日本の猛烈ビジネスマンが考え出したものと思っておりましたが、そのルーツは中国漢の時代にまで遡ることが出来るとは、知りませんでした。

「名刺」がどのようなものかよく承知している我われは、「名」という字が使われているのはごく自然に受け入れることが出来ます。しかし、その後に「刺」という字が使われていることに違和感を覚えるという方、いらっしゃいますでしょう。

阿辻先生がおっしゃるには、漢の時代、「名刺」は単に「刺」または「謁(えつ)」といい、まだ紙が発明される前のことであったから、木の札に自分の姓名や相手への用件などを書き付けたものが始まりであったと。それを相手に差し出して面会を求めることを「刺を通ず」といったのだと。

実は「刺を通ず」には驚くべき意味があって、現代の我々の「名刺」の使い方とは全く違う使い方を当時の中国ではしたらしい。

では木の札に何と書いて面会を求めたか?

「私と会ってくれたら千銭を差し上げます」というように書いたのだというのです。

漢の高祖劉邦がまだ田舎の下級役人であったとき、その地方の有力豪族であった呂氏に会うために、まったくの無一文であったにもかかわらず、「銭万をもて賀す」と名刺に書いて差し出したという故事を阿辻先生は紹介しておられます。

呂氏は大胆な劉邦を見込みある男とみなし、後ろ盾となったばかりか自分の娘まで劉邦に嫁がせたと。これがのちに悪名高い漢の呂后と呼ばれる女性というのですから、名刺の功罪は計り知れないものがあると言えましょう。

漢の高祖劉邦は、名刺によって大漢帝国を作り、名刺が引き寄せた妻によって国を傾けた。

・・・う~む、私も名刺の使い方にはくれぐれも気をつけようっと。(笑!



もっとも小心者ですから、劉邦のような大胆なことはとても書けはしません。せいぜい「お留守でしたのでまたお伺いします」程度です。(苦笑!

まあ、そのおかげでしょうか。一国を興すなどというような壮挙は端からかなわないとしても、とても優しい理解ある伴侶を得ることが出来たのは、ただただ幸いとしか言いようがありません。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月10日 17時52分37秒
2019年06月06日
カテゴリ:ひとり言

今日6月6日は、芒種(ぼうしゅ)。

芒種を調べてみると、「二十四節気のひとつ。太陽の黄経が75度の時。6月6日ごろ。芒(のぎ)をもつ穀物の種をまく時期」とありました。

「太陽の黄経」とか「芒をもつ穀物」とか、なんだか難しいことばが並んでいますな。

「二十四節気」なら1年を24分割して、季節の移ろいを肌で感じとろうとした昔の人の生活の知恵くらいのことは、知っていますがね。

古来よりわが国は稲作が産業の基盤でしたから、巡りくる「二十四節気」を農作業の指針とした。

芒をもつ穀物とは、わが国でいえば稲。大事な稲もみをまく目安としたのが芒種のころということなのでしょう。

しかし、現代では苗代に稲もみをまくのは4月中旬から下旬のこと。5月初めには田植えも終わっていて、芒種の今日水田に目をやるとすでに青々と成長した早苗が風を受け、さわやかなたたずまいを見せています。




してみれば、昔の人と比べれば現代人はせっかちということなのでしょうか?

まあ、田起こしにしても代掻きにしても、現代では農作業のすべてをトラクターがやってくれますから、田植えにしたところで半日で済ましてしまう。

「八十八」と書いて「米」。我々日本人は、「八十八の農作業の末にようやくお米ができるのだよ」と、教えられて来ましたね。

すべて手作業で、何日もかけて一つ一つ農作業をこなしていかなければならなかった昔のお百姓さんの苦労を、芒種の今日偲んでみても叱られはしますまい。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月06日 13時10分05秒
2019年06月05日
カテゴリ:ひとり言

時は今雨がしたしる五月かな

愛宕山で催された連歌の会で明智光秀が意味深長な発句を詠んだのは、430年以上も前の旧暦5月下旬のこと。

一説では「雨がしたなる」と詠んだのだという歴史学者もいるようですが、歴史好きにとっては断固「雨がしたしる」であって欲しいところです。

それから400年以上も年月が流れたわけですが、「雨がしたしる」梅雨の訪れは毎年絶えることなく繰り返されてきたようです。今日本列島は本格的な梅雨を迎えようとしています。


毎週土曜日の日経に別冊でついて来る"NIKKEIプラス1"の何でもランキングより、これからの梅雨の時期にぴったりのお奨めグッズを紹介します。

ウエブトピックスより、水回りお掃除グッズ プロが選ぶ「優れもの」ベスト10

こうやって改めて眺めてみると、各メーカーそれぞれネーミングに工夫を凝らしていることがよく分かりますね。

「激落ちくん」「あっちこっちふきん」「髪の毛くるくるポイ」「アカパックン オフロ用」・・・名前を読むだけでそれがどのようなグッズなのか見当がつくようにという配慮は当然のこととして、親しみやすい思わず手に取ってしまうような名前がつけられています。


堂々の1位「激落ちくん」は、商品の機能・効用もさることながら、ネーミングとパッケージのデザインに寄るところが大ではないかと想像しますが、皆さんはどのように思われますか?

3位「バイオお風呂のカビきれい」、カビがきれいなわけがなかろうがとツッコミたくなりますが、浴室のカビを防ぐグッズだということがすぐ分かる優れたネーミングです。しかも今流行りの「バイオ」ですからね、手に取った人8割方購入しそうな気がします。

4位「あっちこっちふきん」も説明文を読めば、なんだただの雑巾かということになりますが、"あっちこっち"という言葉が生きていますね。どこでも拭けて便利だっていうイメージが湧いて来て、つい購入してしまいそう。

5位「髪の毛くるくるポイ」にいたっては、ズバリそのもの。名前だけでどこに使うものか分からぬ人はいないでしょう。
ところで髪の毛って、サザエさんの波平よろしく頭についているときは最後の1本までこれほど大切にされるものはないのに、いったん抜けてしまうと不潔極まりないと、これほど嫌われるものはありませんよね。"ポイ"の二文字がいかにも嫌われものの処理に働く深層心理を巧みに突いているといえます。

10位「アカパックン オフロ用」は、思わず笑ってしまうほどナイスなネーミング。説明なしでどういうグッズなのかストレートに伝わります。

実はこの「アカパックン オフロ用」、すでにわが家の浴槽に浮かんでおります。(笑!

グッズに描かれた人を食ったようなカッパの顔が実に剽軽で、二度三度お湯に沈めては浮かんでくるカッパと幼児のように遊んでいます。


・・・まったく光秀とは関係のない入浴グッズの話題でした。(笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月05日 11時50分08秒
2019年06月02日
カテゴリ:ひとり言

毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」
今週阿辻先生が取り上げた漢字は「米」でした。

先週は絵に画いた餅の「画餅」でしたから、なるほ「餅」の次は「米」というわけですか。(笑!

さて「米」なら、日本人であれば知らぬ人はおりますまい。しかし、この字はもともとイネの実だけを意味したのではなく、穀物の実を脱穀した穀粒の総称を指しているということをご存知の方は、少ないのではないか。まあ、知ってる人がいるとすれば、阿辻先生くらいのものでしょう。(笑!


ところで世界の三大穀物といえば、「米」「麦」「トウモロコシ」ということになりましょうが、では生産地はどうかといえば、何れも中国が主生産国で、「米」「麦」は1位、「とうもろこし」はアメリカに次いで2位になります。消費量となれば、何れも断トツで中国が1位となります。

古代中国に文明が開化してよりこの方、中国では「米」も「麦」も栽培されてきたのはご承知のとおり。当然のことながら漢字にも「米」と「麦」があるのは、自然なことと言えましょう。

では「トウモロコシ」はどうかというと、日本では「玉蜀黍」などとひねくれた字を当てたりするようですが、それは後に日本人が考えたこと。本家本元の中国ではそのような漢字などありません。なぜでしょうか?

「トウモロコシ」はもともとアメリカ大陸が原産の作物で、中国には明の時代にポルトガル人によって持ち込まれた作物だということを知れば、なるほどと相づちも打てますね。

ではどう表すかというと、これが「玉米」と書くというのです。

まあ、同じ漢字を国字として習って来た日本人には、何となくイメージできそうな名前ですね。(笑!

漢字があみ出されたときより2000年以上も経って「トウモロコシ」を初めて目にした中国人は、コンピューターには「计算机」を、ラジオに「收音机」を当てたごとく、該当する文字をひねり出すしかなかったというわけです。


まあ、それにしても「玉米」とは、長い米作の歴史と、優れた表意文字漢字を発明した中国ならではの発想と言えましょう。「玉蜀黍」なんかよりよほどわかり易いし、読みやすい。(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年06月02日 17時12分17秒
2019年05月28日
カテゴリ:ひとり言

肥満は、糖尿病や高血圧など生活習慣病をまねく原因となり、人の健康に悪い影響を及ぼすことは誰もが知るところですが、限られた地球の食料資源にとっても重大な脅威となるとイギリスの大学の研究チームが論文を発表したという話題。

どちらかといえば縦より横方向に成長したと思われる体形を持つ身としては、なんだか申し訳ない思いを抱いてしまう論文のような気がしないでもありません。(笑!

ウエブトピックスより
「肥満は地球の脅威」=人口爆発に匹敵―英論文

なるほど考えてみれば、食糧不足はなにも人口増加だけに起因するものでなく、食べる量にも影響を受けるというのは、至極もっともなことです。

しかしこの論文の盲点は、「全ての国が米国並みの肥満者の割合になれば」と仮定していること。

世界中が肥満者で満ち溢れれば、世界中が生活習慣病がもとで命を縮めますから、人口増加に抑制がかかるということにもなりはしませんか?

肥満は地球の脅威である反面、救いでもあると俄か科学者( ← 私のことです・・・笑!)は思うのですが、「肥満は地球を救う」、そんな主旨の論文を出そうかしら・・・。ダメか!?(爆笑!





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月28日 11時50分05秒
2019年05月27日
カテゴリ:ひとり言

毎週日曜日のお楽しみ、漢字学者阿辻哲次氏の日経連載「遊遊漢字学」
今週阿辻先生が取り上げた漢字は「画餅」でした。

今日では、「画餅」を「ガベイ」と耳で聞くと、その意がすぐに頭に浮かぶ人は少ないのではないか?

「えっ、ガビョウ(画鋲)? 」などと、二度・三度聞き直すことになるかもしれませんね。(笑!

しかし、「絵に画いた餅」といえば、大概の人ならすぐにわかろうというもの。比較的よく使われることばといえましょう。

我われが普段日常でよく使う「絵に画いた餅」の由来が、古の中国の三国時代、魏の文帝の発したことばにまで遡るとは、まったく知識の外でした。



「選挙莫取有名 名如画地作餅 不可啖也」

「(人材を)選び挙ぐるに名有るを取る莫(なか)れ。 名は地に画きて餅を作すがごとし。啖(くら)うべからず」

文帝は優秀な人材を集めるにあたって、このように言ったと。


・・・なるほど。私もこういうことばを発してみたいものですな。(笑!


ところで「餅」といえば、我々は日本人ですから正月に雑煮にして食べる「もち」のことだと、誰もが承知していますが、古代の中国では「餅は小麦粉をこねて蒸した、今でいうところの蒸しパンのようなもの」であったと阿辻先生はおっしゃっておられます。

漢字の読み書きこそ小学校の時の書き取りテストよりこの方苦手としている私でありますが、パンか餅かというようなことになれば、これは粉食と粒食の文化の違いということになりますから、常日ごろ小麦粉やそば粉を扱う者としては、黙って見過ごすわけにはまいりません。

古の中国三国時代に魏が支配したのは、黄河より北の中国北方の華北と呼ばれる地域。この地域は今でもそうですが乾燥した地域で、米作りには適しません。米作りに適した地域は、温暖で雨量の多い長江より南の地域になりますが、この辺りは当時蜀が支配していた。

したがって、魏では主食が小麦であったと想像されます。ご存じのように麦は粉に挽いて、パンや麺にして食べますね。一方わが国がそうであるように米は普通粉に挽くというようなことはしません。粒のまま煮たり炊いたりして食べます。

もし「画餅」を口にしたのが魏の文帝でなく、蜀の劉備玄徳であったとしたなら、「餅」は蒸しパンやビスケットではなく、文字通り「もち」であったろうと思うのです。

阿辻先生、いかがでしょう。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月27日 14時08分13秒
2019年05月25日
カテゴリ:ひとり言

いまや愛煙家ほど肩身の狭い思いをしている人はいないでしょう。

家でも職場でも喫煙の場所は取られるは、税金はしっかり取られるはで、踏んだり蹴ったり。お気の毒なことです。

物思いにふけるかのように紫煙をくゆらしながら、おもむろにグラスを傾ける。酒とタバコは男の象徴そのものであったと言えたのも、もはや遠い昔のこととなろうとしています。

その男の象徴の担い役であった酒。過度の飲酒による酒毒がもたらす健康被害については、どうでしょう?

アルコールの販売や広告の規制を求める指針案が、世界保健機関(WHO)において採択されてから、すでに10年以上経とうとしているのに、比較的世間一般ではタバコほどその実害が大きく騒がれていないようにも思われます。


まあ、世間一般ではそうかもしれないが、家では女房からやかましく言われているという方もいらっしゃるかもしれませんが。(笑!


習慣的な過度のアルコール摂取は、がんによる死亡率を高めるということは、すでに研究によって明らかになっていますが、酒の場合タバコと違って受動喫煙というようなことがありませんから、酒飲みは酒飲みの責任においてリスクを被るだけというのが、大きな要因といえるかも知れません。

「俺が酒を飲んだからといって、お前ががんになるわけじゃない」というわけです。


しかしよくよく考えてみると、何しろ神代の昔から、人間と酒とは深い関わりを持ってきたのですから、いったいどれだけの人間が酒のために命を縮めていったことだろうとも思うのです。


私の好きな歴史小説作家の一人、現役の医者でもある篠田達明は、その著書「病気が変えた日本の歴史」の中で、がんについて専門家の医者ならではの風変わりな見解を述べています。




戦国武将前田利家の死因を消化器系のがんであろうと推測して、そのがんについて、次のように書いています。

「がんはそれとわかってから半年ぐらいは命があるのが普通だし、臨終近くまで意識がはっきりしているので、遺言はじめ死後の処理を考える時間が十分ある。利家も余裕をもってさまざまな指図をすることができた」

「覚悟さえできれば、がんで死ぬのも悪くないな、とわたしは思う。だいいいち、がんは長い間ニコチンやアルコールを与えてわが身に育てた可愛い分身ではないか」

・・・う~ん、分身とな。


さて、酒をこよなく愛する輩(ともがら)よ、WHOの指針もどこ吹く風、篠田達明のようにありたいものだと思いませんか?






◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月25日 11時50分05秒
2019年05月24日
カテゴリ:ひとり言

突然ですが、貴方は歩くのが早い方、遅い方?

ウエブトピックスより
速く歩く人ほど長生き…米医師が65歳以上調査

米ピッツバーグ大学の医師らの研究チームが、65歳以上の男女計3万4485人の歩行速度を記録した過去のデータを解析しところ、歩くのが速い高齢者ほど長生きする傾向があるという結果がえられたと発表したというもの。

ならばと、いつもより速足で歩いてみてふと思ったのですが、・・・これって、速く歩くから長生きできるのではなく、長生きできる人は元気だから速く歩けるだけのことじゃないか?

「速く歩くには強い心肺機能や筋力が必要で、歩行速度が健康度の目安になったと考えられる」と研究チーム自らコメントしているように、3万人もの人を調査しなくても隣の家の元気な爺さんの歩く姿を見れば分かりそうなものでしょ。(笑!


私が中学生のころですから、ずいぶん昔のことになりますが、亡くなった私の祖父(明治31年生まれだったと思う)が、やはり明治生まれの茶のみ友達と、「明治の人間は、みな長生きしておる・・・」と話をしていたのに横槍を入れたことを思い出しました。

「それって、当たり前じゃん。大正や昭和生まれが、明治生まれより長生きなわけがない」とあげ足を取ってしまってから、子供心にも年寄りの会話の腰を折ってしまって申し訳ないことをしたなと気づき、気まずい思いを味わったのでした。

・・・(綾小路きみまろ風に)あれから50年。御代はこの5月で2回も変わり、明治生まれの人が御存命であれば、これは誰から見ても長生きに違いありません。(笑!

私を大変かわいがってくれたその祖父も、昭和の御代に83歳で亡くなったのでしたが、亡くなる直前まで足腰もしっかりしていて、歩くのも結構速かったと記憶しています。


もうしばらくすれば、その内私も「昭和生まれは、皆長生きしておる」などと言い出すのでしょうか?


まぁ、長生きできるできないは持って生まれた星の下の定め、歳を重ねたとしてもせいぜい速く歩き続けたいものだと思ったことです。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月24日 11時50分05秒
2019年05月22日
カテゴリ:ひとり言

過日アユの香りは加齢臭のにおいと同じ成分であるという話題を取り上げました。

アユを塩焼きにしてアツアツのところをタデ酢にちょいとつけて頭からガブリ。ふくよかな香りが口中に広がって、こたえられませんね。香魚ともよばれる所以です。





加齢臭のにおいというのは、あくまで生の鮎の青臭いスイカの皮のにおいをいうもので、焼き上がったアユが加齢臭がするというのは、それは己のにおいだろうって、私なんぞは言われそう。(笑!


そのアユを漢字で書けば「鮎」。だれも異存はありませんね。しかし、漢字の本家中国で「鮎」と書くと、これがナマズのことを指すってご存知でした?

小池  光 著作「うたの動物記」に書いてありました。




本来ナマズであるはずの「鮎」が、日本でどうしてアユを指すようになったか?

『伝説の神功皇后が、新羅の国に軍を送ろうとして、ことの成就を占うべく釣り糸を垂れた。そうしたらアユが釣れた・・・占う魚だから「鮎」になった』と。

では「鯰」はどうかというと、「鮎」(中国ではナマズ)の漢音読み「デン、ネン」の音を念にうつしかえた字とありますから、やはり本家本元の中国にはない漢字。

「鮎」(アユの意)も「鯰」も、日本で作られた漢字。国字というわけ。


「中国のレストランで鮎の塩焼きを注文するとナマズの塩焼きが出てくるおそれがある」って、小池先生に座布団1枚進呈いたしましょう。(笑!







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月23日 06時43分47秒
2019年05月20日
カテゴリ:ひとり言

間もなく鮎の美味しい季節がやって来ます。鮎は香魚とも書くくらいですから独特の香りが持ち味ですね。その新鮮な鮎の香りと加齢臭が同じ成分であることご存知でしたか?

タレントで東京海洋大学の客員准教授でもあるおさかなクンが言っています。

「新鮮なアユはスイカのような爽やかな香りがしますが、お父さんの加齢臭と同じ成分です」


私も加齢臭とはまったく無関係だった若かりしころ、アユの毛ばり釣りにはまったことがありました。日曜日の早朝に川へ行くとシーズンのうち何回かは、川原一帯にスイカの匂い(赤い果肉の部分ではなく皮の青臭い匂い)が充満しているときがありました。そのようなときは決まって入れ食い状態。スイカの匂いでその日の釣果が予想できたというわけです。

そもそも人は自分がどんな臭いを発しているか分からないものですよね。加齢臭って汗とか皮脂など人間の分泌物が関係しているはずですよね。その中に青臭い成分が含まれているということでしょうか?

文字どおり青臭い青年のころにはそれほどでもなかったものが、歳を経るにしたがって青臭くなるというのは、皮肉なものものですな・・・。(苦笑!


今年は思い切って青臭い青年のころに戻って、鮎釣りをやってみようかなどと思っています。







◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**

にほんブログ村






最終更新日  2019年05月20日 11時50分06秒
このブログでよく読まれている記事

全859件 (859件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 86 >

PR

サイド自由欄



◆酒そば本舗◆

酒そば本舗トップページへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村



FC2ブログランキング



人気ブログランキング


PINGOO!カテゴリノンジャンル




ブログ村ブログコンテストで優勝しました


[国際紛争トーナメント]
●中国の要人はどこの国製のケータイを使うべきなのか・・・?

[老人を敬う又は若者に敬われるトーナメント]
●「敬老の日」と「老人の日」

[あっと驚く?トーナメント]
●その手は桑名の焼き蛤よ

[みんなで盛り上げるトーナメント]
●坊さんがランウエイを歩く時代

[みんなが 参加できるトーナメント]
●「消防署カレー」

[無差別級トーナメント]
●ピアスの功罪

[なんでんかんでん12トーナメント]
●お隣の大国の弔い事情

[読書を広げようトーナメント]
●年末年の瀬の事件簿

[歴史にまつわる話題トーナメント]
●「偉人たちのカルテ」

[外交に関することトーナメント]
●「桜の起源」

[ちょっと真面目に9トーナメント]
●「挨拶の本来の意義」

[最近のエントリー3トーナメント]
●「 『わびル』の意味 」

[読書で手を繋ごう8トーナメント]
●「 お奨めの一冊『江戸川柳で現代を読む』 」

[忍び寄る秋の気配トーナメント]
●「夜明け前」

[日常9トーナメント]
●「遊遊漢字学」が楽しみ♪

[そんなまさか! 5トーナメント]
●「ラーメンが好きといっても」

[政治記事 93トーナメント]
●「57憶円ポンと出しますとおっしゃる人」

[バんな そカな4 トーナメント]
●「賢者の夢とやら 」

[心温まる生活99 トーナメント]
●「ヒトはなぜ酒を飲むのか? 」


酒そば本舗奮闘記

人気記事ランキング☆ベスト5


このブログが読まれています!


☆ベスト1 (2007年01月20日)
もりそば1枚の量は?

☆ベスト2 (2013年01月12日)
鉛筆の芯の先が尖った状態を何んと表現しますか?

☆ベスト3 (2009年08月26日)
鳴くはずもない動物の鳴き声

☆ベスト4 (2015年05月26日)
セキセイインコに率いられたスズメの群れを見たことがあります

☆ベスト5(2015年08月07日)
モノを売らずに喜びを売れ・・・!





◆酒そばよもやま話◆

● 粒と粉
● そばと蒸篭(せいろ)
● 月明蕎麦花如雪
● そばの食べ方
● 酒中の仙人
● そばは忌み言葉だった!?



カレンダー

カテゴリ

フリーページ

プロフィール


酒そば本舗店長


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.