081012 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんくる日記





2010年03月22日
XML
カテゴリ:日々徒然日記
今日は、娘の学校
きのくにの、卒業を祝う会 涙あり笑いあり最後は笑顔で送ろう会 でした。

卒業式と、まず言わない。
そして、保育所、小学校、中学校、高校の卒業生を、み~~~んなで祝うのです。あったかいあったかい会です。

こどもたちのライブもあり、証書はひとりひとり渡してから、うしろにはその子の幼いころの写真が投影されていて・・一人ずつが一言、そしてそれぞれがリクエストしたプレゼントをもらう。

涙よりも、笑顔が似合います。
でも、やっぱり、勝手にあふれる涙もあります。

ひとりひとりが大切にされているって感じます。
過保護、っていう意味の大切ではもちろんありません。



こんな素敵な学校は、この国にただひとつだと思う。
(フリースクールではなく、教育課程を満たしているのです。)
校長の堀さんが言います。

「きのくにの特徴は、体験学習です。ふつう、体験学習と聞くと、
体を使うと考えますね。みなさん、それだけでしょうか?」

「はい。」

「○○くん。」

「頭を使います。」

「そうです。かしこいね。」

そう、なにより体験するために、まず、自分で考えるのがきのくにです。
体験キットや、用意されたワークショップやプログラムを消化するのではなく、まったくのゼロから、1年生から、中3までの9学年で、話し合って、決めて、実践していくのです。
こんなすごい学校、やっぱり、ないと思います。

そしてその子どもたちがさらに進むのが高校。
我が家の娘は、高校から入ったので、
はじめの9年間の経験がないのが残念でなりませんが、
それでも、卒業証書を貰った時に、みんなの前で娘がいった。
今は自分がすきです。って。
うれしかった。

あとは、思うように生きていってほしい。

今日も、娘は自分で言ってた。
「これからは、自分のペースでいく。」

うん!!
不安やけど、まかせた!
自分を好きになれたことで、十分です。
自給自足の夢に向け、みっちりやっていく、その言葉で十分です。

すすめ、すすめ、じぶんの足で。自分のはやさで。

応援してるよ。



ほんまにほんまに、卒業おめでとう!!




人生はほんとに、旅、ですね。
ひとりひとり、自分の旅を歩いているのであるけれど、
み~~んなひとりひとりが、宇宙船地球号の旅の仲間でもあるんですよね。
うれしいなぁ。
さみしくないなぁ。
今、地球号は、難破しようとしているかもしれない。

でも、懸命に、「おもかじいっぱい!」と叫んでいる人たちがいる。
いっぱい、いる。
わたしも、そのなかのひとりであると思いたい。
娘もその仲間のひとりになろうとしている。
地球号は、みごとな旅をつづけられるはず!ですよね!


学びとは・・・
とっさに判断する自分の選択は、これまでの経験のなかから、瞬時に割り出した自分コンピューターの判断ですもんね。
まだまだいろんな経験を入力して、
たくましい自分コンピューターにカスタマイズしてほしいです。


子とともに親として、人として、たくさん学ばせてもらった。

きのくに、ありがとう!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年03月22日 17時53分15秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.