433610 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

我ただ足るを知る!

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

感謝道まさかげ@ Re[1]:拳銃で撃たれました(01/01) りょう333さん >良い夢で良かったですね…
りょう333@ Re:拳銃で撃たれました(01/01) 良い夢で良かったですね。
感謝道まさかげ@ Re[1]:楽天カードから知らない請求が来ました。(10/02) ラブリーモッチさんこちらではお久しぶり…
感謝道まさかげ@ Re[1]:楽天カードから知らない請求が来ました。(10/02) りえぽんりえたんさんお久しぶりです! そ…
ラブリーモッチ@ Re:楽天カードから知らない請求が来ました。(10/02) あまり明細を詳しく確認しませんが、そん…

Favorite Blog

生涯現役が究極の自… New! 抗加齢実践家てるさん

新曲 New! rieco55さん

アーモンド 川端ひとみさん

★彡☆うさぎマルのお… waです。さん
I Love You  Tha… はなこ39さん
薔薇 de ゆるるん★心… リリ:さん
シアトル・バツイチ… 元気で強運なハッピーライフ・コーディネーター☆220ボルトシスターズ★■菊池みどりさん

Freepage List

fortune

Category

Calendar



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山県昌景(やまがた まさかげ)

戦国最強を誇った「赤備え」の騎馬軍団を率いて、
常に武田信玄の先陣を任された山県昌景。

若年より晴信(のちの信玄)の近習として仕え、
20歳の時には晴信直属の旗本隊創設に加わり、
いきなり足軽150人の隊長に大抜擢された。

その後も武勲を重ね
「源四郎(昌景)の赴くところ敵なし」
とまで謳われる。

武田信玄の子・武田義信の謀反未遂に、
父のような存在だった兄・虎昌が連座し切腹させられると、
昌景は涙ながらに兄が率いた「赤備え」の部隊を引き継ぐこととなる。

その後の昌景は、
「風林火山」
の旗印とともに武田の先鋒隊長として戦場を疾駆。

"赤い大津波"の如き騎馬軍団の破壊力は、
三方ヶ原の戦いで徳川軍を呑み込み、

「さても恐ろしきは山県」

と徳川家康を畏怖させた。


信玄が死に際し山県昌景を呼び
『瀬田(京)に旗を立てよ』と遺言したが、
主君の意志を果たせないまま、
長篠・設楽原合戦では己の誇りをかけて挑み、壮烈な最期を遂げた。



~~彼の最後の闘いであった長篠の合戦のエピソード~~

天正三年(1575)
武田信玄の息子である武田勝頼率いる武田軍1万5千と
織田徳川連合軍4万5千が長篠で対峙していた。

圧倒的な敵と鉄砲に戦況不利とみた山県昌景が一時撤退を進言したところ、
臆病者呼ばわれをされてしまった。
死を覚悟して敵に突撃をかけた昌景軍。

昌景公は途中両腕が使えなくなりながらも、
軍配を口にくわえながら軍を指揮をつづけ勇敢に立ち向かった
何度も突撃を繰り返し連合軍に立ち向かったが、
最終的には全身に銃弾をあびて最後を遂げた。




昌景公名言

「二度三度と功名を立てたものは必ず自慢の心が出るもの。
工夫などを思い巡らすことが無くなり過ちを起こしやすくなる。
私は常に初陣を思って戦うようにしている。
故に一度も後れることがなかった。
何事も油断すると錆が付いてしまうものであり、
寝ても覚めても油断しないことが肝要である。」
(名将言行録)







トップページ







ふみっちさんがレイキ伝授のときに感じたという、
素敵なメッセージを頂きました。
『初心・純粋さ・素直さ』
このメッセージを潜在意識に常に呼びかけようと思います!
ふみっちさんありがとうございました。
>






西洋式臼井レイキアチューメント,直傳靈氣ヒーリング
詳細は「こちら」




Shopping List

2017.09.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
龍神様とご縁がありそうな方は、読んでみてくださいませ!
かなり面白い内容です♪​http://books.rakuten.co.jp/rb/14782888/






Last updated  2017.09.18 23:20:16
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.