645610 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

海への誘い(うみへのいざない)

PR

Profile


海写心

Freepage List

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

海写心@ Re[1]:海藻の森…!?【水中写真】(06/05) kumaさんへ はい。米ノ海水浴場の所です。
kuma@ Re:海藻の森…!?【水中写真】(06/05) 越前の厨海岸かな?
海写心@ Re[1]:日本海❗【写真】(06/03) kumaさんへ まだ水温が低いですが気持ち良…
kuma@ Re:日本海❗【写真】(06/03) 気持ちよさそう! 竹野かな?
海写心@ Re[1]:渚泊シンポジウム!【写真】(02/27) kumaさんへ 良い機会をいただきました! …
『愛しき海へ』
人は何故、海を求めるのだろう。
サイパンの澄んだ海に潜りながら、そんなことをふと思った。
人はなぜ海を求めるのだろう…?

きれいな魚を見るため?珍しい生物を見るため?美しいサンゴ礁を見るため?

自分の中に問いかけてみたが、どれもしっくりこなかった。

ある時、それは突然おとずれた。
澄んだ海の中で無重力状態を保ちながら何もせず漂っていたとき。
遠い遠い遥かな昔。そう、太古の記憶が突然甦ってきたような気がした。
全ての生き物は進化の過程で海から生まれてきた。
海の中にいた記憶…。そして、産まれる前の遠い記憶。
お母さんのお腹の中で、羊水に護られていた時の記憶。

自分の中の遺伝子がそれを教えてくれた。人は何故、海を求めるのか。
郷愁の念。母体内回帰。
そう、人は海へ帰りたがっているのだ…。


サイパンの海から帰国し、今ではサイパンの澄んだ海とは全く対照的な
大阪湾の姿を撮り続けている。
変わりゆく大阪湾の水中世界をより多くの人に伝えたくて。

自分が生まれ育った三重県の南伊勢町。
ふるさとの懐かしい風景あれこれ、五ヶ所湾の水中風景を
ライフワークとして撮り続けていきたいと思っている。


2004年10月、ちょうど子供が生まれた頃に始めた日記。
海は全ての生命の源。
海は「産み」にも通じるとも言われている。
「産みへの誘い」でもあるだろうか。

環境教育・命の教育・食育を教育の三本柱にしている。
海の再生、環境再生、地域の再生に取り組んでいきたい。
日本に誇りを持ち、大きな根っこを生やして欲しい!

愛しき海へ
Jun 24, 2019
XML
カテゴリ:大阪湾

個体識別ができて素性は解っている。
しかし、何故ここまでやって来たのか。
何故ここに居るのか。
謎は多い。
そして、謎は解明していかなければならない。
まだまだ調査が必要である。






Last updated  Jun 24, 2019 09:09:59 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.