6088003 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MAGI☆の日記

第10話 藤岡家の日常

桜蘭高校ホスト部
第10話 藤岡家の日常

高級洋菓子を手にしているとホスト部メンバーはかなり驚いています。
藤岡と表札のかかった家がぼろぼろで傾いているのです。
ありえん…
立て付けの悪いドアを開けて、ハルヒがいらしゃいとお出迎えです。
顔色も好ましくなく、頬も痩せこけています。
家の中に案内されるホスト部メンバー。
家の中もぼろいです。
何にもないところだが、ゆっくりしていくようにとハルヒはお茶を入れると言います。
呆然と固まるホスト部メンバー。
カップが足りないので欠けたお茶碗や軽量カップなどにもお茶が入れられます。
殿、何これ?この家…
何かのセット?いくら何でも…
お、お、落ち着け。きっとここは物置なんだ。たぶんあの押入れの向こうには無限に広がるコスモが…
じゃあ押入れあけてみると尋ねる双子に、止めておけと指示する
せっかくお昼ごろに来るんだからと父が何かお出ししろと言ったので、お口に合うように3日前から断食して食費を貯めて、へそくりを叩いたとハルヒは豪華特上寿司と言いながらパック寿司を取り出します。
しかも割引のを選んでいます。
980円が780円に。
ハニー先輩は遊びに来てごめんねと涙を流しています。
ハルヒの3日間を粗末にするなとは割り箸を手にしています。
もしかして大トロじゃないですかと赤身を手に喜んでいるハルヒ
大トロ美味しいと喜んでいるハルヒにそれはただの赤身であって、断じて大トロではありませんと言う
この声が屋敷中に響き渡っています。
夢かと一安心するです。

制服に着替えて急いで階段を下りている
おはようございますと須王家第2邸 使用人総括&環教育係の前園シマが立っています。
至急出かけるので車を回すように指示する
運転手ははい、坊ちゃまと頭を下げています。
シマは朝食をどうするのか尋ねています。
あー、いまはそれどころではないのだ!!
恐ろしい予感でいっぱいだと考える
プライバシーを考慮し、部員の私生活に踏み込まないようにしていたみたいですが、さっきの夢のような貧困生活をハルヒがしていたらと考えると、一刻も早くハルヒに会って真相を究明しなければと早く学校に行こうとします。
シマはにお召し物が半分お寝巻きのままだと言います。
急いで着替えてきたは行ってきますと言いますが、シマは今日は日曜日なので学校は休みだと言います。
それを1番最初に言ってくれないだろうかと言う
シマはご自分の間違いに気づける立派な殿方になられるように願っているので、ご予定がないのなら作法の練習をと引っ張り連れて行こうとします。
ご予定ならあると訴えるは誰か電話をここへとと指示し、早速、鏡夜に電話します。
電話はダイヤル式のようです。

一般庶民の住宅街。
広告の品ゲットと喜んでいるハルヒ
日曜日はスーパーの朝市だなと思いつつ、帰ったら掃除と洗濯をしなければならないと考えています。
人ごみ(野次馬)が自分のアパートの前にたくさんいるので、何だろうと思うハルヒ
高級車が停まっています。
運転手が高級車のドアを開けると、ホスト部メンバーが降りてきました。
ハルヒは電柱に頭をぶつけているというか、もたれています。
ここがハルヒん家か…
結構でかいじゃん
は落ち着かないようで、あっち行ったりこっち行ったり、うろうろしています。
お部屋いっぱいだと言うハニー先輩に、これは庶民の集合住宅でハルヒのはどれか1室だと言う鏡夜
この大人数は何だと鏡夜に尋ねる
てっきり1人で来る勇気がないから多人数の方がいいのかと思っただけなので、双子に帰ろうかと言う鏡夜
1人にしちゃ嫌だと言う
庶民は映画の撮影かと高級車に興味津々です。

これはたまたま通りがかったという訪問であり、断じて藤岡家の生活水準リサーチではないと言うは狭い、しょぼい、ぼろいなどは一切禁止だと指示しています。
間違ってもハルヒやお父上に帰って欲しいと思われるような言動は…とが言っていると、っていうか今すぐ帰れと言うハルヒ
ハルヒは怒っています。
素朴さがまた良しとワンピが可愛いと思っている、双子、ハニー先輩
黙れ、消えうせろと言うハルヒに怯えるは物凄く汚い言葉を使ったのはお前らのせいだと双子に怒ります。
ハルヒは大丈夫かと大家に話しかけられます。
外車に乗っているのでヤクザとかかと尋ねています。
はじめまして、マダム。ハルヒさんの友人で須王と申します
大家さんはメロメロです。
大家に呆れるハルヒ
いきなり訪問してお騒がせしてしまい申し訳ありませんと言う
大家はハルヒに後でお菓子を持ってってあげると言い、去っていきました。

203号室
藤岡家に着いた面々。
見たらさっと帰るように言うハルヒですが、おみやげを見て、まぁお茶くらいならとドアを開けます。
中に入ると夢よりは綺麗なのでほっとしているですが、しょぼと言う双子に怒っています。
木造2階建て2K、庶民親子2人暮らしならこんなもんだろう
そうね、ハルヒサイズならこの低い天井にもぶつからないだろうし…
すっごく可愛いお部屋だよね♪
無理して褒めなくてもいいと言うハルヒ
靴を脱ぐのか尋ねるハニー先輩
是非と言う答えに、道場みたいなお部屋だと言うハニー先輩と頷くモリ先輩
部屋履き貸してと言うですが、すぐそこに座敷が見えると言うの言葉にやっぱいらないと言います。
中に入るホスト部メンバー。
もうおしまいと部屋の狭さに驚く双子。
思わぬところに照明があるとの声も。
庶民の住居を甘く見ていたようだなとは狭いから体育座りをするように言います。
庶民の編み出したスペース削減法だと。
ハルヒは隣の部屋で怒りマークを出し、この人達に何も期待してはいけないと感じつつ、お茶を出しますねと言います。
父のアフリカ帰りの土産の紅茶だと言って渡す
ミルクティが合うのでミルクがあるか尋ねる
牛乳ならあると答えるハルヒ
は双子に何てことをしてくれたんだと怒ります。
困り果てた顔というか後姿を見て、ティーポットがないんだと感じる3人は涙を流します。
紅茶は入れなくても水でいいと言うですが、急須で入れた後でした。
そんならいいやと言う3人。
庶民の知恵で救われたと感じる3人。
は双子に、ここでは我々の常識は全く通用せず、何気ない一言がハルヒの心に多大なダメージを与えるとも限らないので、この勝負は恥をかかせたほうが負けだと言います。
臨戦態勢に入る3人。

お茶をテーブルに並べるハルヒ
は欠けた茶碗や軽量カップがないのでホッとしています。
ケーキはハルちゃんから選んでもいいと言うハニー先輩
はいつも食べなれているから…と言いかけますが、に阻止されます。
ハルヒは苺のを選びます。
その選んだ表情が可愛いと感じる3人。
3人は何が傷つけることになるのか分からないので動けなくなっています。
好きなのか?苺
ハルヒに苺をあげるモリ先輩
ハルヒは笑顔でありがとうございますと言います。
3人は動いても良かったのかと涙を流しています。
俺もあげたかったのにと言う

ケーキを食べ終わると、小腹がすいてきたと言うハニー先輩
お昼まだ?と尋ねると双子に、とめどなく自由に生きるのはやめてくれませんかねと言うハルヒ
急に訪ねたのはこちらだと鏡夜は元手は出そうと言います。
寿司でもとったらどうかと。
ハルヒ鏡夜に奢ってもらったら後が恐いからと断ります。
しかし、心配するなと鏡夜はオークションでのお前の生写真の売り上げだと言います。
元手は自分では?と感じるハルヒは分かったと近くのいいお寿司屋さんに電話すると言います。
は急いでメモを書いて、ハルヒに渡します。
『パックのお寿司は「特上」と書いてあっても高級とは言わないよ。要注意』
それを読んだハルヒはメモを丸めてゴミ箱へ入れます。
知ってますよと怒りを露にするハルヒ
はさりげなさを装ってお前に恥を欠かせないようにしようとしたみたいなことを訴えます。
ハニー先輩ハルヒの手料理が食べたいと言うので、と双子は固まります。
ハルヒはいいですけど、今からじゃ時間がかかりますよと言います。
待ってると言うハニー先輩と、言って良かったのかと涙を流す3人は手料理が食べられると嬉しそう。
ハルヒはまたスーパーにいかないとと言うと、双子もハニー先輩も庶民スーパーに行きたいと言います。
鏡夜もいい経験になるかもしれんと考えているようです。
結局全員で行くらしいです。
わーい庶民スーパーと喜んででて行く双子とハニー先輩
ハルヒは休日返上で仕方ないと感じています。
は仏壇に向かっていました。
お母様にご挨拶だと言っています。
ハルヒにお母さん似なんだなと言う
父もそう言うと言うハルヒ
綺麗な人だね。頭も良さそうだ
綺麗かどうか分からないけど、弁護士だったんです
さぞかし有能だったんだろうなと言うは俺の目に狂いはないとか言ってます。
先輩の目は知りませんけど、でも………そう思いますと言いながら、母を思い出しているハルヒ
皆を待たせているのでそろそろ行くかとは立ち上がろうとしますが、バナナの皮に滑ってバランスを崩してしまい、ハルヒに覆いかぶさるかたちになってしまいます。
そこにただいまと帰ってくる(女装した)父親。
お父さんだと聞いて驚く

モリ先輩ハニー先輩によるナレーション。
突然帰宅した父(蘭花 本名藤岡涼二)。
オカマバー勤務。
押し倒されたかのように見える娘、押し倒しているかのように見える見知らぬ男。

は一瞬にして状況を理解した。
偶然の事故なので落ち着くように自分自身に言っている
蘭花は笑顔で入ってきて、ごめんねとを放り投げ、ハルヒに昨夜1人で留守番させちゃって寂しかったでしょと言います。
何か凄い音がしたと驚くハルヒ
蘭花は「左手が今世紀最大の獣でも殴り倒したかのように痛いわ」と肩をならし、熱いお茶が飲みたいと言います。
やかんを手にしていますが、薪でお湯を沸かすのかとかドタバタする
蘭花はでっかい害虫見つけちゃったとを踏みつけます。
「大体、何さっきから人の娘を呼び捨てにしてんだ、ごら」
怯える

様子を窺いに来た双子。
は天の助けと笑顔になりますが、双子もを踏みつけ、蘭花に挨拶します。
「「あっ、どうも。僕らハルヒさんの親友の常陸院ブラザーズでーす」」
パパさん、オカマさんですか?
本物のオカマさん初めて見ました
「「殿、ついにハルヒに手でも出した?」」
すみませんね、この人生粋の女好きで
弄んだ女の数は毛細血管よりも多い、フェロモンマシーンなもんで
弄んだという言葉に反応する蘭花は怒っています。
違う!!誰が遊びか。俺は…俺は真剣に…
告白かと驚く双子。
真剣に娘さんのことを実の娘のように思っています!!
土下座しながら言う
ハルヒ父のの第一印象はアホ決定です。

ホスト部メンバーと会話している蘭花。
いい男揃いと喜んでいます。
名前を知っている欄花に何故名前を知っているのか尋ねるハニー先輩
ホスト部全員の名前を言い当てる蘭花はいつも話を聞いていると言います。
ハルヒが僕らの話をしているのか尋ねる
いつも鏡夜からお電話で聞いているのだそうです。
大切な娘さんをお預かりするんだ。定期的な報告は当然のことだろう。本来ならお前の仕事のはずだが…
グサッと感じる
本当よく出来た部長さんよねと嫌味を言う蘭花。
ハルヒはお父さんと鏡夜が繋がっていたなんて聞いていないと怒っています。
学校の話をしてくれないんだもんと言う蘭花。
のも人ん家の押入れできのこ栽培するのは止めてくださいと怒っています。
蘭花は怒った顔も可愛いと娘に抱きついています。
激しく誰かを髣髴とさせる人だなと感じる双子は
の扱いが上手いわけにも気づきます。
スーパーに行くために家を出て行くハルヒは1人で買出しに行くので大人しく待っているように言います。
双子は庶民スーパーに行きたかったようですが蘭花に止められます。
蘭花は桜蘭に通うのも1人で決めたと語りだします。
入学手続きも全部決めちゃって、自立精神も尊重したいけど甘えて欲しいと感じているようです。

幼い頃のハルヒが父に参観日があったことを隠していたようです。
来ちゃ駄目と言う娘の言葉にショックを感じる父。
父は職場(酒屋)で娘が反抗期だと話しているようです。
職場の人はオカマ父親が恥ずかしくていえなかっただけだろうと言われます。
父はバイであり、お店でのウケがいいようにしているだけだと言います。
夜、酔っ払った父はおんぶされて帰宅します。
参観日に行けなかったことがショックらしいから、今度は呼んであげてと言う酒屋のおっちゃん。
駄目。参観日に来てくれるより、お家で休んで欲しいんだもん。疲れてるんだから。お休みの日はお家でずっと寝てていいし、身体の方を大事にしてもらいたいもん
抱き合う親子。

蘭花はホスト部メンバーに感謝していると言います。
今は学校でも元気で楽しくやっているようなので。
蘭花はハルヒの話に出てくるお馬鹿な部長というのはあなただとすぐに分かったとに言います。
ホスト部のことはちゃんと話しているのかと感じる鏡夜
に、最後までハルヒが男だと思っていたんですってねと言う蘭花の言葉に押入れに更に閉じこもる
蘭花はいいことして遊ばない?とホスト部メンバーを誘います。

買出しに向かっているハルヒはため息をついています。
あとをつけるホスト部メンバーと蘭花。
これがいいことですか?と尋ねる鏡夜
尾行プレイだと言う蘭花。
街の住人達は綺麗な男の子達ねと話しています。
蘭花はいい男をたくさん引き連れて歩いてみたかったそうです。
やはりこの人とあの人は同種だと感じる双子。

まるとみスーパー
ハルヒの買い物の様子を窺うホスト部メンバーと蘭花。
ハニー先輩がわ~いと飛び出していきそうになるのを止めるモリ先輩
どうしてわざわざ様子を窺う必要があるのか蘭花に尋ねる
蘭花は母親を早くに亡くして、家事は勿論買い物なんかも全て引き受けてくれたから、ついつい後とかつけてしまうクセがついてしまったそうです。
私しか守ってあげられないという父の愛だそうです。

6年前のハルヒは父の尾行に気づいたそうです。
買い物籠を持つのが大好きだと誤魔化す父。
変なのと笑顔なハルヒ

甘え知らずっていうか、欲がないっていうか、こっちが気遣う隙を与えないのに、そのくせ無意識に人を救ってくれちゃったりすると少し寂しそうな蘭花を見て、それは分かりますと言う
分かるわけないとの頬を引っ張る蘭花はまだあの子を手放す気はないと言っています。
昨日今日の付き合いのクセに生意気なと、あんたは敵とみなすと蘭花に言われてショックな
蘭花の蹴りで倒れるに気づくハルヒ
急にハルヒの買い物籠が持ちたいなってと6年前の蘭花と同じ誤魔化しをする
変なのと6年前と同じ反応のハルヒ
ハニー先輩モリ先輩が押すカートに乗ってご機嫌です。
鏡夜はタイムサービスとは時間制限があるのかとメモしています。
双子は庶民コーヒーが山積みになっているとコーヒーコーナーに向かいます。
ハルヒに何が食べたいか尋ねます。
えっと…お鍋。お肉がいっぱいで春菊が入ってないの
人数が多い時は鍋物がいいですね、熱い(暑い?)けどと言うハルヒ
それでもいつか欲のないあの子がただ1人の人の側にいることを心から望む日が来るのなら…やっぱ考えただけでむかつくわと蘭花は家でお鍋を食べている時にへ意地悪をします。
春菊ばかりを器に盛るという意地悪です。
は肉…と呟いています。

第10話完

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.