6120026 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

MAGI☆の日記

未定

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第50話を見ました。



#50 彼等の居場所










脱出計画を進める鉄華団であったが、ラスタルのために戦うジュリエッタイオクが立ちはだかる。
昭弘は最後の力を振り絞ってイオクを倒すも、三日月ジュリエッタに敗れてしまうのだった。
社会的信用を失いかけたギャラルホルンは構想を早期に解決したことで力を示し、民主的な組織と再編されたことで初代代表にラスタルが就任する。
火星も経済的に独立し、クーデリアラスタルがヒューマンデブリ廃止の調印を行うのであった。
私も革命の乙女に直接お会いできて大変有意義でした
乙女は止してください
ヒューマンデブリ問題には我々も心を痛めていました。これからはギャラルホルンの総力を挙げて新たな夢の実現に取り組むつもりです
夢、ですか…。実は私にはかつてヒューマンデブリだった家族がいました。彼、いや彼らはその境遇と真正面から戦い、そして散っていきました。私はただ彼らに恥じないように生きていたいだけなのです

アトラ三日月そっくりに育った子どもを・暁を育てており、クーデリアはメロメロになっていた。

次回、「」

昭弘や三日月にも幸せになってもらいたかったな…。
三日月が遺した子どもは可愛かったですね。


にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン










小林さんちのメイドラゴンの第13話を見ました。



第13話 終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)









穏やかな休日、いつものように緩やかな時間が流れていたのだが、買い物に出たトールはもし小林さんの寿命が来て、死んでしまったらと考えてしまい心は乱される。
そんなトールに追い打ちをかけるように目の前に現れたのは終焉帝・父だった。
トールは父に言われるがままに異世界へと戻り、トールに何もかも頼り切りだった小林さんは何もできないようになってしまう。
戻ってきたトールだったが、追ってきた父に小林さんトールは自分のものだと主張し、その主張が嬉しかったトールは父と戦う事を決意する。
そして、あくまでも人とドラゴンは一緒にいられないと主張する終焉帝に小林さんは娘を信じられないのかという言葉を突き付け、終焉帝を異世界へと帰らせるのだった。

次回、最終話 「」

一年の終わりも近づいてきた頃、商店街でトールが福引を引くと、当たったのはなんと温泉旅行ではなくコタツだった。
ついに小林さんの家に導入されたコタツにトール達はゴロゴロしてしまう。
餅つきはしたもののだらだらと年末年始を過ごす小林さんトール達と初詣に行くために着物を久々に着ていくのだった。
神社ではコミケに参加した滝谷は今回も見事完売していたが、呪いアンソロ第二弾で参加したファフニールは今回も売れないでいた。
夏売れなかったのに2出したんだ…

年が明けるも、アニメも放送はお休みでカンナは冬休みの宿題の書初めを始めるのだった。

次回 、「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」

コミケでファフニールはまた売れなかったんですね。
コタツで動かない話かと思ったら意外と餅ついたり初詣行ったりしてましたね!

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン










クズの本懐の第8話を見ました。



第8話 Sweet Refrain











夏休みに入り、花火は宿題が終わったらそれぞれ好きな人に告白しようと決心する。
互いを好きな人の「代わり」にできないことを自覚し始めた頃、ついに告白の日がやってくる。
互いの初恋に決着をつけた後、再び会う約束をしていた花火と麦。
しかし約束の場所に麦が現れることはなかった。

の気持ちは本気ではないと分かっていながらも、初めてデートをすることになった最可は長い間夢にまで見ていた2人きりのデートでもあるために最高に幸せな1日だったと自分に言い聞かせ、最可は最後まで明るく努めようとする。
花火からの着信を出ずに最可とのデートを続け、部屋で一緒に過ごすも最後の一線を越えることはできないのであった。
ごめん。穢せないのは自分のため、割り切れないのも自分のため。でも、それでも俺、最可が大切なんだ。それは本当なんだ
分かってるわ、そんなこと。麦の中で私は十分特別よ。特別で、不可侵な触れない飾り物よ



次回、「」

茜の手にかかれば、初心な鐘井はあっさり陥落しましたね。
茜も意外とこのまま鐘井を好きになっちゃうとかになるんじゃ…!?

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン






政宗くんのリベンジの第12話を見ました。














#12 死んでもマイクを手放すな

兼次がいない中で始まった白雪姫を演じる愛姫のもとに駆け付けた政宗は代わりに王子を演じての劇を成功させるのだった。
A組の舞台は成功したものの、キスした際に殴られた政宗は保健室に直行したためにB組は上演中止となって最下位になってしまう。
いや、それについては僕が代わりにB組の王子をやるって言ったら
小十郎きゅんの相手は誰もいいってわけじゃないもん

政宗達と愛姫の親衛隊達も参加して打ち上げを開催するもカラオケ勝負になるのだった。

次回、「」

兼次の正体バレとか全然ないまま終わりましたね…。
全然リベンジできてないので第2期あるのかな?

にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン









バッテリーの第1話を見ました。













第1話 




次回、「」


にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へblogram投票ボタン

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.