1039948 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショーン007aの日記

PR

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


sean007A

カテゴリ

お気に入りブログ

新型コロナウィルス… New! Condor3333さん

笑劇的日常 ウォーターカラーさん
ムッちゃんぼけぼけ”… musaseriさん
ヒトリゴト綴り natsu710さん
星の雫 蒼の雫さん

コメント新着

sean007A@ Re[1]:イチジクの収穫は中断の模様(06/30) イチジクマンさんへ コメントに気付かず、…
イチジクマン@ Re:イチジクの収穫は中断の模様(06/30) 幼少の頃からイチジクマニアです! 庭のイ…
sean007A@ Re:春の気配を捜しに畑へ(02/23) この鳥は「イソヒヨドリ」らしい。

全318件 (318件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 32 >

時事

2011年08月04日
XML
カテゴリ:時事
7月31日開催の「関西Futureコミュニティ 第一回 放射能について語る会」で話した内容を以下に示します。
なお、そのとき、言い忘れたことも、補足して示しています。

1.核暴走が起こりやすい?

 軽水炉、高速増殖炉のいずれの炉においても、次の性質のお蔭で制御できます。
 PuやUが分裂する際に放出される中性子は、即発中性子と遅発中性子の2通りがあります。

 PuやUは核分裂すると同時に、2~3個の中性子が放出されます。[これが即発中性子]
 また、核分裂(通常2個、たまに3個に分裂)で生じた核種は、中性子過剰の不安定状態のため、
 β崩壊するだけではなく、中性子を放出することによっても安定化しようとします。[これが遅発中性子]

 高速増殖炉の方が遅発中性子発生割合=遅発中性子数/(即発中性子数+遅発中性子数)が
 小さかったかと思います。 そのため、軽水炉よりも高度な制御技術が要求されます。
 しかし、高速増殖炉において、核暴走事故が起こったことは無いはずです。


2.冷却材にナトリウムを使っているので危険?

 水に触れたら爆発的に反応し、空気中にも水分が含まれているので、空気に触れないようにする必要があります。
 そのため、ナトリウムは不活性ガス(Ar)雰囲気に保たれています。
 しかし、ナトリウム漏洩事故は、実際に「もんじゅ」で起こってしまい、海外でも多発した歴史があります。

3.照射脆化と耐震性が問題?

 構造材の強さとは、大きな荷重が加わっても変形しないこと、および変形しても壊れないことだと言えます。
 中性子照射された構造材は脆化し、弾力性が失われ、少しの変形にも耐えられず、壊れやすくなります。

 しかし、もんじゅの場合、今の所、40%出力運転を2~3ヶ月ほど経験しただけなので、
 照射脆化は生じていないと言って良いでしょう。

 活断層の上に建物があるので、耐震性が問題だというのは、その通りだと思います。






最終更新日  2011年08月05日 00時08分03秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:時事

7月31日(日)に開催された関西Futureコミュニティ「第一回 放射能について語る会」の議事内容(概要)がアップされた。 

放射能について語る会(1)

放射能について語る会(2)

放射能について語る会(3)

放射能について語る会(4)

 

 

 

 







最終更新日  2011年08月04日 23時06分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月14日
カテゴリ:時事

東電原発事故のため、東京から大阪に非難してきた、
(大阪のおばちゃんを目指して目下修行中の)Victoryさんが
企画の「放射能について語りあう会」が7月31日に開催されます。

詳細は、http://ameblo.jp/ace090303/







最終更新日  2011年07月14日 14時17分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月04日
カテゴリ:時事






最終更新日  2011年07月04日 17時46分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月03日
カテゴリ:時事

松本復興大臣、宮城県知事と会談

を視聴し、むかついた。

こんな大臣、更迭すべし







最終更新日  2011年07月04日 02時21分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月29日
カテゴリ:時事

311同時多発テロ アメノウズメ塾 放射能 地震 東日本大震災

を視聴した。

311東日本大地震が核爆発によるテロとの説があることは知っていた。
しかし、とんでも話の可能性が高いと思っていた。
しかし、しかし、上記動画を視聴した結果、考えが変わってしまった。







最終更新日  2011年06月29日 22時04分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年06月20日
カテゴリ:時事

【意見映像】福島の小学生が急性放射線障害で死亡した?

を視聴した。

タイトルでは、小学生についてになっているが、 11分20秒に例の双葉病院の老人が急性放射線障害で死亡したのではないかという見解が述べられている。







最終更新日  2011年06月20日 02時10分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月19日
カテゴリ:時事

福島県内で、鼻血・下痢の症状を訴える子供達が増えているらしい。

凡庸な医者は、医学テキストの記述を鵜呑みにして、
「鼻血・下痢は急性の被爆症状であり、この程度の線量レベルにおいて、急性症状が現れるはずがなく、東電福島原発事故の影響ではない」
と診断しているらしい。

しかし、本当のところは、放射性物質を長期間にわたって体内に取り込んでいるための症状に間違いないそうだ。
すなわち、取り込んだ放射性物質による内部被爆、あるいは取り込んだPuなどの重金属の化学的毒性の結果と考えられる。

鼻血・下痢の症状が現れたら、直ちに疎開するべきである。







最終更新日  2011年06月19日 03時22分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月18日
カテゴリ:時事

国際環境NGO FoE Japanからのメールの転載
 

FoE Japanの満田です。矢継ぎ早のご連絡で失礼します。

新署名のご案内です。
放射能汚染から子供たちを守るため、避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルト
の順守を呼びかける署名を開始しました。署名はオンラインでも紙でも受
けつけています。たびたび恐縮ですが、こちらの署名にも、ぜひご協力ください。

紙版は下記からのダウンロードできます。
http://dl.dropbox.com/u/23151586/kami_kodomosyomei.pdf

オンライン署名は下記でお願いいたします。
http://goo.gl/Hbq3Z

携帯からの署名は下記から。
http://goo.gl/I1sHa

===========================
【拡散希望】
福島の子どもたちを守るための緊急署名
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を
http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html
===========================
【要請項目】
1.特に放射線量が高い地域において、避難・疎開・夏休みの前倒しを促進する
こと。とりわけ、子ども、乳幼児、妊婦の避難・疎開を実施すること。
2.子どもを含む県民の内部被ばく検査(ホールボディカウンターによる検査)
を実施すること。
3.低線量被ばくのリスクを軽視する山下俊一・長崎大学教授を、現在の福島県
の放射線リスク・アドバイザーおよび県民健康管理調査検討委員会から解任する
こと。
4.現在の法定の年1ミリシーベルトを順守すること。内部被ばくも含めた事故
直後からのトータルな線量を含めること。年20ミリシーベルト(毎時3.8マイク
ロシーベルト)基準を撤回すること。食品の暫定規制値に関しては、年1ミリシー
ベルトが可能な値とすること。
-------------------------------------------------------
【下記本文です】
―(以下、省略)―

転載は、以上です。

なお、署名の際、日本政府へのメッセージを書いて欲しいそうです。

私の書いたメッセージは次の通りです。

この国は、明治維新以降、人情のない西洋的国家になったのではと、最近、思っています。 一般人もその傾向があると思いますが、政治家、官僚、財界などの国家支配者の非人情性は際立っているのではないでしょうか。
少子化対策が必要だと主張しながら、その一方で、被爆している子供達を見捨てるような国の対応は滅茶苦茶ではありませんか。 このままでは、若い人々が年寄りよりも先に死んでいくという悲しい未来が待ち受けています。 子供達の未来を考えた賢明で人情味のある対応を即刻是非お願い致します。 







最終更新日  2011年06月19日 00時36分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年06月12日
カテゴリ:時事
学校教育やマスコミ報道によると、ジェンナーは種痘を考案し、
多くの人々を天然痘から救った偉人である。
しかし、これも嘘だったようだ。

1870~71年にドイツでは天然痘が猛威を振るっており、100万人以上の人が罹患し、12万人が死亡した。
ところが、これらの人の96%は、種痘をしていたのである。よって、種痘の効果はなかったのである。

天然痘が衰退したのは、患者の隔離などの衛生学の進歩のお蔭であった。
しかし、種痘のお蔭であるという嘘が広められて、ワクチンビジネスが開花したようである。

なお、1918~19年にかけて世界中で大流行したスペイン風邪と言われるているものは、
インフルエンザではなく、米軍内で接種された腸チフスワクチンを原因とする感染症らしい。


参考サイト:ジェンナー氏の仕掛けた罠が天然痘撲滅の嘘を産み、ワクチン信仰を確立させた!?
       予防接種の驚くべき歴史
       知られざるワクチンの罪 








最終更新日  2011年06月12日 14時46分25秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全318件 (318件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 32 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.