1879706 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エタ-ナル・アイズ

『Segakiyui's World』

有料『メールマガジン』について

下記内容で有料メールマガジンを発行しております。

毎週土曜日配信中(年末年始のぞく)、300円/月
但し、一ヶ月目は無料ですんでお試しいただければと思います。
TOPバナ-より「登録」「バックナンバー購入」「解除」ができます。
下記に見本がございます。

なお、このメールマガジンは、
配信システムとして「まぐまぐプレミアム」を利用しています。
購読申し込みには「まぐまぐプレミアム」会員登録(無料)が必要です。


『Segakiyui's World』(アシュレイ家の花嫁)         
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           『Segakiyui's World』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このたびはご購読ありがとうございます。
 『アシュレイ家の花嫁』第1回です。
 どうぞお楽しみ下さいませ。

*********************************
『ありえないもの、廃虚に立つ青き虹』  

《プロローグ》
「おっはよ!」
 背後から明るい声が弾んで響いて、紫陽芽理は笑顔になって振り返った。
「おはよ」
「聞いた? 『お客さん』だよ」
「ふうん。つまり、我が紫陽学園への寄付がまた増えるってわけだ」
 紫陽学園園長の一人娘としてはついつい皮肉っぽく応じてしまう。父の
豪三の経営能力のなさはここ数年ますますはっきり証明されてきていて、
園は慢性的赤字状態、その予算のほとんどを、金に飽かせて整えた設備に
魅かれて集まってくる子ども達の父母からの莫大な寄付金で賄っているの
を知っているからだ。
 だが、芽理のうんざりした顔にたじろいだふうもなく、声をかけてきた
小坂鏡子が、にやっと意味ありげに笑った。
「何よ」
「美形、なんだって」
「いくつ?」
「二十一。も一つおまけに、外国人よお」
「へええ…」
 芽理は思わず声を上げた。
「五歳上か。わざわざ外国から寄付に来るなんて、そんなにウチは有名だっ
け」
 肩をすくめてあきれて見せる。
「うっふっふ」
 鏡子はおかしな笑い方をした。
「ただの寄付志望じゃないらしいよ」
「え?」
「名前はマース・アシュレイ。ヨーロッパの小国の貴族なんだって。でね」
 鏡子はなお嬉しそうに目を細めた。
「なんと、ここに来た目的というのが、花嫁探し、なんだって」
「花嫁ぇ?」
(何てロマンチックな…というより、時代錯誤ってやつ?)
 呑気でいいなあ、と思わず溜息が出る。
「そ。いいなあ、貴族のおぼっちゃまの花嫁さがし、かあ」
 鏡子の方はどこかうっとりとした目になっている。
「日本ではここだけ?」
「ううん、いろんな所を見て回っているらしいけど、どうにも気に入った人
がみつからなかったんだって。日本でも何カ所か回ったけどボツ、で、こっ
ちへ来たらしいよ」
 鏡子は答えて照れ臭そうに笑った。
「選ばれたら、シンデレラのガラスの靴、だよねえ」
「シンデレラ、ねえ」
 芽理もくすぐったくなって笑い返した。
 十六にもなっていれば、おまけにこんなに駆け引きとご都合主義の世の中
で生きていれば、そんなおとぎ話はないとわかっている。
 けれど、夢を笑い飛ばせるほど大人、でもないのだ。
「おっはよお!」
「ね、聞いたあ?」
 二人の後ろからけたたましい声が追いかけてきた。振り返ると、興奮した
赤い顔で口々に叫びながら走り寄ってくるクラスメートがいる。
「今日来る『お客さん』ってねえ!」
「とびっきりの美形でねえ!」
「寄付が…」
「ヨーロッパの…」
「あああ、わかってるって!」
 なだれ込むような仲間を、鏡子が押し止どめた。
「とっくに知ってるわよ」
「じゃ、芽理、あのねえ!」
「芽理も知ってるよ」
「やな性格!」
 ぷうっと一人がむくれた。
「彼氏がいないのはこれだから嫌なんだ」
「男のことになると耳が早いよね」
 校庭の砂がいっせいにわめきだしたような騒がしさに、芽理は眉をしか
めて苦笑したが、ふと、校門の前で止まった黒のロールスロイスに目を魅
きつけられた。
 黒背広の運転手があわてた様子で降り、後部座席のドアをそろそろとう
やうやしい動作で開ける。
 後部座席からまず降りたのはでっぷりと太った芽理の父親だ。脂ぎった
顔を光らせて、振り返って誰かに話しかけている。
 その後から、まるで流れるような滑らかな動作で、長身の青年が続いた。
降りるときに乱れたのか、軽く首を振って目元にかかった髪を払い、あた
りを見回すこともなく豪三をきれいに無視して歩きだす。
 うろたえたように豪三が後を追った。
「あ、ちょっと…」
「ちょっと!」
「しっ!」
 芽理の視線に、騒いでいたクラスメートが気がついた。互いにつつきあっ
て黙らせながら、好奇の目で一行を見る。グラウンドのあちらこちらで似
たようなことが起こっているのだろう、たちまち、あれほど騒がしかった
のが静まり返ってしまった。
 だが、青年はそれを気にした様子もなかった。いきなり静かになった周
囲から隔離された空間にいるような無関心さ、自分一人しかこの世界に生
きていないとでもいいたげに、顔色一つ変えずに歩き続けている。
(ふう…ん)
 端麗、と言っていいのだと思う。
 白い額、まっすぐに伸びた鼻筋はやや神経質そうだが、カラーリングが
はやってる今では日本人でもこれほど見事な黒髪はいないだろう。すべら
かな頬に日を光らせて、唇は花びらを合わせたようなきれいなラインの薄
紅。濃いまつげが柔らかな影を落としている。
(だけど、何て冷たい顔……人の温かみなんか絶対知らない顔)
 整ってはいる、けれど、生気がない。どんな慰めもどんな優しいことば
も発したことがないようにまっすぐ結ばれた、かたい口元。動かない顔、
半眼近く伏せられたままの目。どこか雛人形を思わせる。
(この人はきっと誰も愛さない)
 芽理がそう付け加えた瞬間、まるでそれが聞こえたように、青年は目を
上げた。
「!」
 芽理は一瞬体が動かなくなった。
 おそらくは、居合わせたものすべてが、息を呑んだはずだ。
 黒々としたまつげに囲まれて、青年の瞳は白く見えた。いや、白、では
ない。しばらくじっと見ていて、ようやくその虹彩が青みがかっていると
気づく程度の、ひどく薄く寒々とした水の色。
(何て…瞳)
 芽理はぞくりとした。
 青年の瞳は白々としているだけではない。冷ややかに人の視線を拒むよ
うでいて、その奥に開いたぽつんと黒い瞳孔には逆にこちらの気持ちを果
てしなく吸い込んでしまいそうな、底知れない虚ろさがある。
 その暗闇に光る凍りついた湖のような目が何に気づいたのかするすると
動いて、ぴたりと芽理に止まった。湖の氷がふいに割れたように弾ける光
が瞳を過る。
(怖い)
 芽理は、氷が砕けるその音があたりに響き渡った気がして、無意識に体
を震わせた。
 それは何かの合図だったのだろうか。
 青年はぴくりと体を震わせた。芽理を凝視している自分にふいに気づい
たように不愉快そうに目を細め、けれどまたすぐに凍てついた無表情になっ
て芽理から視線を逸らせ、再びゆっくりと歩きだす。
 置き去られそうになった豪三が、急いで先に立った。
 ほう、と周囲の人間から吐息がこぼれて、緊張が解けた。
「凄い…美形」
 鏡子のため息まじりの声に芽理も我に返った。
「あの目、見たぁ? きれいな青……宝石みたいな目ってほんとにあるん
だ……」
(きれいな青?)
 改めて騒ぎ始める仲間に、芽理は強ばった顔のまま考えた。
(冗談でしょ)
 確かに見事な宝石のような青、けれど、きっとあの青は、人を幸せにし
てくれる青ではない。もし冥界というものがあるとしたら、その世界に住
むものはきっとあんな目をしているはずだ、人と人と見ない、物のように
見下す目を。
(人を凍らせて、引き裂いて、喜んでいるような)
「ん! 予鈴が鳴る!」
「行こっ、芽理!」
「うん…」
 教室へ走りだしながら、芽理は心の底に沈み込んで、ひやひやとした傷
みを広げてくる青の瞳に強い不安を感じた。
                  
                            つづく                                                                         
*********************************
御愛読ありがとうございました。
また次回御会いできることを楽しみにしております。

『Segakiyui's World』は毎週土曜日発行です。
配信中止は「まぐまぐプレミアム」(http://premium.mag2.com/)から
お願いいたします。
これまでのバックナンバーをご覧になりたい方は、
こちらからご購入いただけます。
https://reader.premium.mag2.com/servlet/RequestBacknoListView?mid=P0003530

 segakiyuiはただいま
 『エターナル・アイズ』で小説・ブログ展開中です。
 『エターナル・アイズ』http://plaza.rakuten.co.jp/segakiyui/

 なお有料メールマガジンでは小説展開中です。
 『Segakiyui's Fiction』(月下魔術師)
 http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/35/P0003529.html

 『Segakiyui's BL』(DRAGON NET)
 http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/73/P0007318.html

 よろしければお立ち寄り下さいませ。

E-mail****yui***@yahoo.co.jp
URL*****http://plaza.rakuten.co.jp/segakiyui/
配信*****segakiyui


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.