1686096 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

エタ-ナル・アイズ

ラズーン3
アルファポリスで公開予定



無料メールマガジン(隔週水曜日)『Yui's Room』
有料メールマガジン小説(毎週土曜日)
『Segakiyui's Ficiton』『Segakiyui's World』
『Segakiyui's BL』

御注意
こちらのサイトアップ小説は原則として公開期間限定です。
公開期間が過ぎるとコンテンツより消去されます。
以後はメルマガ・書庫に移行しますが、掲載予定は未定です。
著作権の侵害についてはそれなりに対処させて頂きますので、
よろしくご理解ご了承下さいませ。



えたあいバナーバナー2
御入用の方はお使い下さい。リンクフリーですが、御連絡下さい



<ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
2017.11.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
****************************

 今でもシートスは、その時のことをありありと思い出すことができる。不敵というには、あまりにも艶やかに微笑んだアシャの顔も、揺らめく灯火も。
「さすがの俺も、すぐには返事ができなかった。『黒の流れ(デーヤ)』流域の住民から、扇動者を引きずり出そうというのが彼の計画、『黒の流れ(デーヤ)』を馬で下っていくというとんでもない作戦も、それが聞き始めだった。結局、俺はあの方と一緒に殴り込みをかけ、見事に成功した。もちろん、反乱鎮圧が成功したのは言うまでもない」
 シートスは自慢げに、周囲の男達のぽかんとした顔を見回した。
「『黒の流れ(デーヤ)』を馬で下る、だと…」
「そんな……鬼神ではないのか、アシャというのは……」
「あのアシャが…」
「何を言ってる!」
 新参らしい男達ー物見(ユカル)も入っているーが、呆れ声を上げるのに、古参が言い返した。
「『太皇』(スーグ)』以外で、『泉の狩人(オーミノ)』を御せるとすれば、アシャか、ミネルバだと言われておるのだぞ」
「げ」
「『泉の狩人(オーミノ)』をねえ…」
 まだ半信半疑の新参兵に、やれやれと古参が肩を竦めるのに、シートスは静かに、だが力強く笑った。
「まあ、ラズーンでアシャに会えば、すぐにわかる。今度の『運命(リマイン)』との戦いは、これまでにない大規模なものになるとのことだからな」
 シートスはユーノを振り向いた。
「……アシャがラズーンを出たのは、それから、半年ほどがたった日のことだ」
「どうして?」
「さあ……詳しいことは誰も知らんだろう、アシャ本人以外にはな。だが、冗談まじりには聞いたことがある。『探し出すべき人を探し出しに、出会うべき人と出会うために』と言うことだった」
 ユーノの問いかけに、シートスはやや白けた笑いを浮かべた。
(『探し出すべき人を探し出しに、出会うべき人と出会うために』)
 ユーノは心で、そのことばを繰り返した。
(そして、アシャはレアナ姉さまと会った……)
 ギアナの裏切りにようよう逃げ込んだセレドの往来、あの美しさも埃に塗れては人を魅きつけることもなく、ただ路上に倒れていたアシャを、レアナは優しく救い上げた。その白い腕がどれほど眩かったのか、薄紅の唇がどれほど甘く微笑んだように見えたのか、ユーノには容易に想像がつく。
 同じように、今までどれほど多くの国の王子が、レアナの笑みのために遠い山を駆け抜け、流れを渡り、馳せ参じことか。
(懐かしい…)
 アシャと出会ったのが、ずっと昔のことのようだ。
 ユーノはそっと唇を綻ばせた。
(こうして、何もかも思い出になっていくんだろうな)
 これほど切ない想いも、いつかは若い頃の思い出の一つとして、心の宝石箱に転がしておける時が来るのだろう。
 ユーノはそれまで待てばいい。それまで、この想いを、一言一動作にも示さなければいい。
「あれほどの才を持ちながら、さても夢見がちな男だわい。……もっとも、あの美貌には似合っているがな」
 シートスのことばに、ユーノはくすりと笑った。
 イルファのことを思い出したのだ。妻にしようとまで思い詰めていたと聞いたことがあるから、アシャが男だと知った時はさぞかし衝撃だっただろう。
(無理もない)
 溜め息まじりに温かい赤と黄色の炎を見つめながら考える。
(あの顔立ちだもの……それに、あの髪。娘に見えない長さじゃないし、何よりも紫の瞳のきれいなこと……あ……れ……)
 じわっと滲んできたものに、ユーノは慌てて目元に指を当てた。少し濡れている。
(涙?)
 違うことを考えよう、と思った。違うことを……あ、あの向かいの男、レスファートと同じような銀の髪をしている。
(でも、レスの方がもっときれいだな、さらさらで艶があって。おかっぱが伸びて肩に触れていた。また切ってくれとだだをこねている頃じゃないのかな)
「!」
 不意にばさりとマントが頭からかけられ、ユーノはぎょっとした。跳ね上げようとした頭を、軽くマントの上から押さえ、シートスが低い声で呟いた。
「ちょっと体が冷えてきたようだな、客人。これを被っているがいい」
「…」
 心遣いが優しく、ユーノは頷いてマントをかき寄せ、身を竦めた。炎の燃える音、人々の話し声、身近に寄せる温かな気配が、逆にユーノに孤独を押し付けてくる。
「よほどの理由があったのだろう、客人?」
「……」
「世の幸福を約束された『銀の王族』がギヌアと剣を交えるとはな………痛ましいものだ」
「シートス…」
「何だ?」
「ボクがここにいること、アシャには知らせないでくれる?」
「…」
「ボクがアシャといると……かえって危ないんだ」
「どういうことだ?」
「……ボクはカザドにも狙われている」
「!」
 シートスはぎくっとしたように手を強張らせた。そして、徐々に力を抜き、重い溜め息をついた。
「それで……こんな無茶をしたのか」
「……」
「辛い旅をしてきたな」
 柔らかな労りの口調に思わずしゃくりあげそうになって、ユーノは息を詰めた。
「……よかろう。それでは、お前を我らの野戦部隊(シーガリオン)の一員として迎え入れ、ラズーンへ帰還しよう。ただし、神々のお引き合わせによってアシャと巡り合ったなら、その時はお前のことを知らせるぞ」
「うん……ありがとう、シー……」
 ことばをとぎらせたユーノの頭を軽く叩き、シートスは誰に言うでもなく呟いた。
「動乱の期は、誰にとっても辛いのだよ」
「、……」
 ユーノは頷いて、零れた涙を見せるまいと俯き、唇を噛んで体を竦めた。

****************************


 今までの話はこちら






Last updated  2017.11.22 15:17:27
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.