1800388 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エタ-ナル・アイズ


アルファポリスで公開中



無料メールマガジン(隔週水曜日)『Yui's Room』
有料メールマガジン小説(毎週土曜日)
『Segakiyui's Ficiton』『Segakiyui's World』
『Segakiyui's BL』

御注意
こちらのサイトアップ小説は原則として公開期間限定です。
公開期間が過ぎるとコンテンツより消去されます。
以後はメルマガ・書庫に移行しますが、掲載予定は未定です。
著作権の侵害についてはそれなりに対処させて頂きますので、
よろしくご理解ご了承下さいませ。



えたあいバナーバナー2
御入用の方はお使い下さい。リンクフリーですが、御連絡下さい



にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(ラブコメ)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
2019.04.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

****************

 戻って来てくれた伊吹は、夕飯の買い物をしていてくれて嬉しくて。準備するところから、食事中も、終わってからも、ただ伊吹がそこに居ることを確かめたくて味わいたくて、京介は触れて囁いて唇を寄せて笑いかける。

 伊吹からも反射するように明るい甘い波が戻ってきて、望まれていると感じて、体がどんどん沸き立っていく。

 短いシャワーの後に潜り込んだベッドでも、とめどなく限りなく伊吹に近づく。

「ん…」

 キスしたいところにキスしたい数だけキスを続ける。
(以下略)

****************

 申し訳ない、本日はここまで。

 今までの話はこちら

 

 本日はあまりに少ないので、少し四方山話を。
 今『闇を闇から』を書いているのですが、これ書き始めはかなり昔になります。
 始めは、吹っ飛んでるけどイケメンな真崎課長と訳ありアルバイトの伊吹さんと言うだけの設定で、書いていくうちに、こう言うことばの裏にはこう言う気持ちがあるよねとか、この言動は全く別の意味に取れるよねとか、楽しんでいるうちに広がったり深まったりして。
 そうなってくると実生活のあれこれとリンクしてくるのはいつものことで、同じような悩みとか展開が繋がってくると、そちらを片付けたり何かの答えを出したりしなければ進めなくなって、ずいぶん止まってしまっていました。
 秋から冬の話なので、クリスマスとかに絡めてクライマックスできればいいなと思いつつ、何度クリスマスを横目で見ましたか(笑)。今は春〜初夏なら余裕と思われるでしょうが、第5章が『羽鳥』決着編で、その先は『ニット・キャンパス』になだれ込んでいくなら、ぎりぎりか、無理か(汗)。
 今回ようやく複数伏線の処理の仕方で一つ手に入れた手法がありまして、そのおかげで好き放題に乗せていけていますが、疲れるんだろうなあ、癒しとしてのラブ画面が増えてます(汗)。
 あともう一つ悩みが。
 今『小説家になろう!』にも少し上げているのですが、この『闇を闇から』をあげようかどうしようかと悩んでます。一旦上げると、出来る限り削除しない方向で(サーバー負荷のため)とありまして、そこがネック。
 今の状態で楽しく書き続けられているんだから、広げなくてもいいかなあ。
 でも、楽天とアルファポリスと小説家になろう!は、読者層が違っていて、作品に対する評価もかなり違うし、ヒットも違う動きをするし、その辺りは面白いんですよね。
 それも見てみたいなあとうずうず。

 もう少し考えます。








Last updated  2019.04.23 09:16:43
コメント(0) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.