1654990 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

エタ-ナル・アイズ


アルファポリスで公開予定



無料メールマガジン(隔週水曜日)『Yui's Room』
有料メールマガジン小説(毎週土曜日)
『Segakiyui's Ficiton』『Segakiyui's World』
『Segakiyui's BL』

御注意
こちらのサイトアップ小説は原則として公開期間限定です。
公開期間が過ぎるとコンテンツより消去されます。
以後はメルマガ・書庫に移行しますが、掲載予定は未定です。
著作権の侵害についてはそれなりに対処させて頂きますので、
よろしくご理解ご了承下さいませ。



えたあいバナーバナー2
御入用の方はお使い下さい。リンクフリーですが、御連絡下さい



<ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
2017.06.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
****************************

「ばか! ばかばか! ナストのばかぁっ!」
 ついにナストの肩に担がれたレスファートが手足をばたばたさせて喚く。
「どうしてっ! どうしてユーノ、放ってきちゃうんだよ!」
 身をもがき、ナストの肩からずり落ちそうになりながら、レスファートはなお一層暴れた。
「ユーノ一人じゃ無理だよ!」
 しゃくりあげたとたんに、大粒の涙が零れ落ちた。
「あんなばけものに、一人で…っ」
『レス、アシャを見つけるんだよ!』
 ユーノの声を思い出して、また涙が溢れる。
「ユーノ、一人で…っ」
 そうしなければ、ここから出られないかもしれない。
 耳の奥で響いた甘い声は緊迫していた。
 アシャを見つけなくては逃げられない、そうユーノは覚悟している。そんな相手をユーノに任せて無力に運ばれているしかない自分が、悲しくてたまらない。
「ユーノが死んじゃったら…っ」
 どうするんだよ!
 悲痛な声でレスファートは叫ぶ。
 力になれない、そんなことはわかっている、けれど力になれなくても一緒にいたい、そうずっと思い続けてきて、今まで側に付き添っていたのに。
「どうするんだよっ、ぼく…っ!!」
 剣を与えた、身を捧げると言った、『忠誠』の意味はわからなくても、その行為の意味と重さは知っている。
「ぼくはユーノを、ユーノを…っ」
 守るために。
「おかしな、話だが!」
 暴れるレスファートによろめきながら、ナストが声を上げた。
「あそこに、いない、方が、いいんだ、きっと!」
「なんでっ!」
「足手まとい、に、なる!」
「っ」
「だま、って!」
 角からカザド兵が駆け出してくるのに、ナストが慌ててレスファートを庇って身を潜める。
「あしで……まとい……?」
 レスファートは目の前をカザド兵が駆け抜けていくのに、小さく呟いた。
「……ぼくたち……あしで…まといなの…?」
「し…っ」
「ぼく…なにも……できない…の……?」
 しばらく周囲を伺っていたナストの服を握り締めると、相手が緊張した顔でそっと振り返った。
「……できるよ」
「え…?」
「君はアシャを見つけられるんだろ?」
「あ…」
「見つけるんだ、できるだけ早く」
 そうすれば、彼の元に早く戻れる。
「うん!」
 レスファートは大きく頷いた。そのまま、遠い所で鳴っている雷を追うように首を傾げ、アシャの気配を追う。
 白い泉、入り交じる光景。
 こんとん、って何だっけ…?
 アシャの心象はとても難しい。同じようなものを、昔父親はこんとん、そう言わなかったか。
 見失わないように必死に絞り込んで、建物の中を追いかける。
「…こっち!」
 やがて、レスファートは広い廊下を指差した。
「こっちへ向かって走ってきてる!」
「よし、…っ!」
 レスファートが示した方向へ走り出そうとしたナストは、飛び出してきた女にぎょっとした。剣で打ちかかられてかろうじて避け、レスファートを押しのけて女を背後から抱え込み、必死に応戦する。
「く、そ…っ」
 女は無表情に跳ね返してくる。ナストの拘束はじりじり抜かれていく。
「先に、行って!」
 焦った声でナストが唸った。
「で、でも!」
「っそう、押さえておけない、よ……すごい力だ……っ!」
 ナストの腕は今にも振りほどかれそうだ。
「う、うん……、あ!」
 泣きそうになりながら、背中を向けて走ろうとしたレスファートははっとした。
 近づいてくる強い力の印象、猛々しくて謎めいた、その気配は。
「アシャ!」
「レスかっ!」
 振り向いた先、廊下の向こうから二人の女性が近づいてくる。片方の女性がもう一人を引きずるように走り寄る、その姿は光を放つほど眩い美しい女性だが、
「ち、いっ!」
 相手は荒々しい舌打ちを花のような唇から一つ漏らした。もう一人の女性を振り回してこちらへ突き放し、立ち止まるや否や、すぐ背後まで迫ってきていた数人の男達に飛び込む。
「アシャ!」
 ほっとして叫んだレスファートの前で、薄青の衣が噴水のように吹き上がり翻る中で剣が跳ね回り、たちまち二人、カザド兵が血しぶきを上げて倒れた。無言の攻撃、しかも気合い一つ漏らさないまま、円を描く動きを女性が繰り返していくたびに、床に転がる死体がみるみる増える。
「す、ご…」
 ナストもナストが抱えた女性も動きを止めて茫然としている。アシャの凄さはレスファートもよく知っている、だがその圧倒的な力の差は、女性一人を庇いながら、まるで宮中での舞踏会を思わせる鮮やかさ、くるくると身を翻すアシャの腕に時に抱かれ時に導かれ、蒼白な顔さえなければマノーダもまた、自分が修羅場にいると思っていないかもしれない。

****************************


 今までの話はこちら






最終更新日  2017.06.28 22:26:05
コメント(0) | コメントを書く

PR

フリーページ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.