1686477 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

エタ-ナル・アイズ

ラズーン3
アルファポリスで公開予定



無料メールマガジン(隔週水曜日)『Yui's Room』
有料メールマガジン小説(毎週土曜日)
『Segakiyui's Ficiton』『Segakiyui's World』
『Segakiyui's BL』

御注意
こちらのサイトアップ小説は原則として公開期間限定です。
公開期間が過ぎるとコンテンツより消去されます。
以後はメルマガ・書庫に移行しますが、掲載予定は未定です。
著作権の侵害についてはそれなりに対処させて頂きますので、
よろしくご理解ご了承下さいませ。



えたあいバナーバナー2
御入用の方はお使い下さい。リンクフリーですが、御連絡下さい



<ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
2017.11.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
****************************

(サマルはユーノに追いつけただろうか)
 アシャは天幕(カサン)の外を吹き過ぎる風に、悶々と眠れぬ夜を過ごしていた。
 宙道(シノイ)を抜けるとすぐにサマルカンドに追わせたが、ユーノがひたすらヒストを駆り続けていたとしたら、国一面、茶褐色の草原に覆われているスォーガのこと、探し出すのは難しいだろう。
(それに…)
 アシャはごろりと寝返りを打って俯せになり、腕を引き寄せて顎を埋めた。
 考えたくないもう一つの可能性をも、視察官(オペ)としてのアシャは考えずにはいられない。
 ヒストを駆り、宙道(シノイ)の闇を走り抜けていったユーノ、その後に追いすがるギヌアの真っ白な輝きの髪が、アシャの目に焼き付いている。
(ギヌアがユーノを追っていった)
 それはどういうことを指すのか。
 視察官(オペ)の選ばれ方は二通りある。
 生まれた時より資質を認められ、視察官(オペ)として訓練を受けたものと、少年の頃より視察官(オペ)を志願し、そのオーラの力で地位を認められたもの。
 ギヌアは前者に当たっている。
 生まれ持った視察官(オペ)の素質、あれほど自分の技量に傲慢にならなければ、ひょっとするとラズーンの第一正統後継者となっていたかもしれない資質。
 それだけの能力を持った男が、ユーノを狙っている。
(もう、三日、だ)
 思わず溜め息が出る。
 未だにユーノのいない夜に慣れず、ともすれば天幕(カサン)の隅に丸くなっているはずのユーノを振り返っては、ぽっかりと開いた空間にレスファートが小さく身を竦めて眠っているのを見つけ、口元まできたユーノという呼びかけを呑み込んでいる。
(この国さえ抜ければ、ラズーンだったのに)
 溜め息を重ねる。
 腕を伸ばし、天幕(カサン)の垂れ布を開ける。冷えた風が吹き込んでくる。
 その風に、慣れた匂いを嗅ぎ取って、目を細めて赤茶色の草原の向こうの山を見つめる。
 そこに、彼の故郷、ラズーンがある。
 世界の果て、いろいろな意味で、人の行き着ける果ての果て、性を持たぬ神々が住み、視察官(オペ)と『泉の狩人(オーミノ)』に守られた、『太皇(スーグ)』おさめるラズーン、この世界の頂点である統合府、ラズーンが。
(なのに…)
 それなのに。
 遥かなるセレドから、両の掌で守り続けて来た宝石は、アシャの手から零れ落ちていってしまった。長く暗い宙道(シノイ)の闇の中へ転がり落ちて、その所在さえわからない。
(生きて…いるのか)
 アシャの想いはやっとそこへ辿り着いた。それと同時に、締め上げるような苦しさが心臓を襲い、両腕に顎を埋めた姿勢のまま、きつく唇を噛んだ。
 ギヌアがユーノを追っている。宙道(シノイ)から出る前に追いつかれたかも知れない。ギヌアの馬に引きずられ、今頃は冷たい骸と化して、どこかの闇に打ち捨てられているか、『運命(リマイン)』のおぞましい狂宴の晒しものになっているかも知れない。
 寝苦しい想いのせいか、二夜続けてユーノの夢を見ている。
 夢の中のユーノは、いつもの意地っ張りを緩め、はにかんだ笑みを向けてくれていた。嬉しくて、その笑みを全て抱き締めようと手を伸ばす度、ユーノの背後から黒い魔手が彼女の腕と喉を掴み、あっという間に鮮血を撒き散らしながら、彼女を深みに引きずり込んでいく。
 絶叫して脂汗に塗れて飛び起き、それが夢だと気づいても、胸は激しく轟いたまま震えている自分に気づく。
 ラズーンのアシャともあろうものが。
(もし、そんなことになっていてみろ)
 心の中心が闇へ落ち込む気配に必死に耐える。
(この世の『運命(リマイン)』という『運命(リマイン)』をすべて根絶やしにしてやる……たとえ、『泉の狩人(オーミノ)を解き放ってしまおうとも)
「ユーノ…」
 低い呻きがアシャを唇をつき、風吹きすさぶ荒涼とした景色の中へ消えていった。

****************************


 今までの話はこちら






Last updated  2017.11.23 18:40:21
コメント(1) | コメントを書く

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.